第27回世界コンピューター将棋選手権 elmo vs Ponanza Chainer (力戦)

 コンピューターどうしの対局、久々に観ました。ここ数年コンピューター将棋のトップに君臨しているポナンザというソフトが、ハードも強烈、予算も強烈、プロジェクトもガッチリ、ディープラーニングなんてやっちゃって今までも凄かったのに今回のバージョンは今までとは比較にならないほどスゴイ・・・との事で、今ってどういう棋譜を残すんだろうと思って見てみたら、elmo というソフトに先手番でも後手番でも叩きのめされてました(^^;)。。特に、本戦のelmoとポナンザの一局は、まったく異次元の棋譜。とくに中盤は、すごいとかなんとか以前に、ボクの棋力では指し手の意味すら分かりませんでした(^^;)。角の打ち場所、歩の突き捨て場所、飛車の引き場所・・・もう、これは僕が知っている将棋とは別もんです。。

20170505 世界コンピュータ27 elmo vs Ponanza81手20170505 世界コンピュータ27 elmo vs Ponanza119手
 理解できる範囲で面白かったのは終盤。終盤は、面白いと思った事がふたつありました。ひとつは、コンピューターが寄せに出ても詰まないという事があるという事。プロも他のソフトも寄せ付けないというPonanza が踏み込んだ以上は寄ってるんだろうな・・・と思ったら、なんとelmo が受け切ってしまいました。いや~、コンピューターの寄せを受け切る事が出来るんだというなんともアホな感想をもったボクですが、あれって寄ると思って踏み込んで寄らなかったのか、寄せに出たわけではなくて最善手が踏み込む事だったという判断だったのかは知りたいです。後手が先手陣に襲い掛かりにいく直前が81手目盤面図で、後手は桂得ですが角が助からない状況、しかし飛桂が絶妙な位置にいて端も詰めている局面です。この81手目盤面図を人間だったらどう形勢判断するでしょうか。アマなら「角を犠牲に駒の利きを主張できるように出来れば後手有望、そうできないなら先手十分」ぐらいな感じ?そして後手は△97歩と仕掛けて角に最後のひと働きをしてもらいに行きましたが、その結果が119手目盤面図。金香と飛角の交換の形ですが、そんな事より後手の攻めが切れ、先手は襲い掛かる状況万全という駒の働きを見ると、アマチュアの感覚だとこれは先手良しと思えてしまいます(いや、実際には分からないですよ^^;)。仕掛けから一段落までは38手あるんですが、プロどころかアマでも直線30手ぐらいは普通に読むので、コンピューターなんてあたりまえのようにこの辺までは読んでいるんでしょうが、だとしたらよると思って寄せられなかったというより、角を最後に働かせに行ったという事なんでしょうかね。だとしたら、実は81手目の段階でコンピューター的には先手後手とも先手がちょっと良いと思っていたのかも・・・という事は、その前までの形勢判断力に差があったという事?・・・いや~シロウトはなはだしいボクには分からないことだらけです(^^;)。

 終盤でもうひとつ面白いと思ったのは、序中盤と違って、終盤だけはコンピューターの指し手でもなんとか理解できるという事。プロになったらまた別だと思いますが、僕ぐらいの弱小レベルだと、もしコンピューター将棋を参考にするなら、終盤がいちばん参考にしやすいのかもと思ってしまいました。逆に言うと、将棋でてっとり早く棋力を上げたいなら、終盤は即効性があるんだろうな・・・と思いました。だって、あの中盤を理解できるようになるのは並大抵じゃないでしょうし、中盤はコンピューター将棋は異次元過ぎて参考にしづらい。。それにしても、コンピューターの受けが凄かった・・・僕ならあきらめている局面でも受かっているものなんだなあ、今後は負けそうな終盤もがんばって粘ろう。。

 人間同士にせよプログラム同士にせよ、同条件で戦うゲームには構造的な面白さがありますね。僕はファミコン世代人間なので、これまでゴマンとゲームをやってきましたが、インベーダーでもウィザードリィでもスーパーマリオでもワンダと巨像でも、「等条件で争うゲーム」以外は、けっきょくいつか終わってしまうんですよね。でも、将棋や野球やサッカーはそういう事がありません。将棋が究極的には引き分けになるゲームなのか勝敗の確実につくゲームなのかは分かりませんが、まだ引き分けになるかどうかはわからない今の段階では、最強同士の機械が対戦しても、仮にそれがまったく同条件のプログラムであっても、どちらかが負けるというのが、構造的に面白いです。しかも、同条件のソフト同士で対局させたら先手勝後手のどちらかが大きく勝ち越しそうなもんですが、先手後手でそれほど差がないらしいですよね。いや~、オセロでも囲碁でもチェスでも先手後手の優劣がはっきりしているというのに、将棋というのは恐ろしく良く出来たゲームだと思います(^^)。


第75期名人戦 第3局 佐藤天彦 vs 稲葉陽 (力戦)

 今回の名人戦、面白いです。序盤早々でいきなり変化、力戦になる将棋が続いてます。3局とも手数自体は決して長くないのですが、定跡の使えない&手の広い局面がずっと続くので、深く読むだけでなく広く読む必要があって、見ていて引き込まれてしまいました(^^)。それにしても、稲葉さんから何度も鋭い手が飛び出しましたが、これは強い。。

20170501名人75-3_佐藤天vs稲葉_角換わり力戦9手 名人戦第3局は角換わりに進むかと思いきや、先手の天彦名人が9手目で変化!これで力戦、角換わりというより相掛かりのような将棋になりました。さらに、角が向かい合った形の駒組み段階で天彦さんが▲56歩と突き(いや~、信じられない…)、稲葉さんがそれを見て角交換。以降、名人は空いた56への打ち込みのケアと、角打ちをケアして飛車と右金の動きが制限され、とにかく指しにくい将棋に。以降は、名人がひねり出した一見良さそうな手を、稲葉さんが強い手で切り返してしまうという連続。早指しだったらまた違うんでしょうが、名人戦みたいな長時間の将棋の場合、なかなか勝負手というのを通させてくれないですね(^^;)。終盤も名人が盛り返したかと思ったところで、稲葉さんの見事な切り返し!結果116手にて後手稲葉さんの勝ち、2勝1敗とリードしました!

 名人が、序盤から次から次に自分だけ指し手が難しくなりそうな手を連発してでも角換わりを避けに行った理由が分からないんですが、それだけ今は角換わりの先手は指したくないという事情があったのかなあ。たしかに、今は角換わりも矢倉も横歩も急戦調のオソロシイ形が結構ありますし、プロの研究勝負の戦いのなかで、ボクみたいなヘタクソではとうてい推し量れない駆け引きがあるのかも知れません。それにしても、「角交換に5筋は突くな」を教えられたような一局でした(^^)。


第30期竜王戦 6組ランキング戦 金井恒太 vs 藤井聡太 (矢倉左美濃急戦)

 藤井聡太さん、また勝ってしまいました。。金井さんクラスでも止められず、いまだ公式戦無敗。もう、レート1800代クラスの棋士じゃないと止められないんじゃないでしょうか。今日は矢倉左美濃急戦でしたが、新しい戦型はなんでも指す…というより、好んで指す感じでしょうか。中盤もまったく競り負けないどころか、いつも中盤で優勢を築いている気もします。終盤の驚異の破壊力に目がいってしまいますが、実は序盤も最新戦型を完全に押さえ、中盤の指し回しも見事みたい。しかし人間でしかも若いので、いくらなんでもすべての戦型がアタマに入っているとは思えないし、今あまり指されなくなった戦型で対抗するとか、最新形は研究で上回らないと厳しいような気が。。羽生さんが藤井さんに勝ったのは藤井システムでしたしね。次の竜王戦6組決勝の近藤誠也さんとの一戦が、ついに迎えた公式戦最初の難関かも。

20170501竜王_金井vs藤井聡_矢倉左美濃急戦38手 それにしても矢倉左美濃急戦は、右四間飛車のようにいやらしいです。最初の駒組みも似てますし、角換わりの桂ポンといい、最近の相居飛車の急戦系は右桂の使い方が見事。僕は右四間飛車対策に追われた事があって、それこそ中川さんの本も、羽生さんの急戦矢倉研究の本も、金井さんの本も、渡辺さんのお師匠さんの本も読みまくったんですが、共通して言えるのは右銀の繰り出しが遅れない事でした。今回の将棋でいうと38手目がまさにそういう状況ですが、矢倉に対して角筋と銀と桂の波状攻撃を浴びせるという意味では、左美濃急戦は右四間飛車と似た作りの将棋に見えます。ここで金井さんは▲37桂と指しましたが、まさにここが「右銀が出遅れない」の境になる局面で、僕ならあまり深く考えずに代えて▲46銀と指していたと思います。でもそうして7筋と3筋の歩の突きあいの速度合戦になってしまうと、なんか後手の方が矢倉崩しの筋に入っていて良さそう。だから▲37桂だったんでしょうが、つまりこの時点ですでに後手の方が良かったのかなあ。だとしたら、右四間対策と似た考えで行くなら先手の角引きが間に合わなかったという事なんでしょうかね?もしかして▲79玉という構想自体が拙かったりして…いやいや、最近よく言われてる矢倉で▲66歩を突かずに5手目▲77銀を先にというのが本当に正しい気もしてきたり…もう、このぐらい序盤の段階で終盤直結の構想が問われているのが、ソフトが強くなって以降のプロ将棋の特徴に感じます。相手の陣形を乱しつつ手番を握りにいくという序盤の構想というか、後手だからとかでなく、先後関係なしに駒損上等で積極的に序盤から敵陣を乱しつつ手番を渡さない状況を狙いに行く、みたいな。序盤感覚自体が変わってきてるような感じですが、強い人に「かかってこい」とされるんじゃなく、こんな襲い掛かってくるような将棋を指されたら、たまらないっす(^^;)。。


第88期棋聖戦 挑戦者決定戦 糸谷哲郎 vs 斎藤慎太郎 (横歩 佐々木流)

 棋聖戦の挑戦者決定戦は、若手同士の対局になりました。斎藤慎太郎さんは若手強豪と言われつつ、僕的にはNHK杯の対康光戦で、勝勢から攻めあぐねてひっくり返された将棋の印象が強くて、終盤はプロの中では若干弱いのかな、という印象。もちろんそれはプロの中の話であって、僕が3分ぐらいウンウンうなってようやく解いた詰め将棋を、20秒ぐらいで半笑いでいとも簡単に解いてました(^^;)。う~ん、プロって凄いな。。

20170425棋聖88挑決_糸谷vs齊藤慎_横歩勇気流89手 この挑戦者決定戦は糸谷さん先手で、横歩の佐々木流を採用。いや~、これもまた難解なんですよね。今日こそ佐々木流を勉強しようと思いつつ、またしても早々と定跡から離れて良く分からない展開に。これは定跡書の出るのを待つしかないかも…。というわけで、糸谷さんが序盤でうまく指し、プロ棋士の解説では先手がかなり良い、みたいなところから将棋がもつれました。もつれた理由のひとつは、悪くなってからの斎藤さんの粘り腰。89手目盤面図は、斎藤さんが先手陣にうまく食らいつきつつも、追う手を間違えたか守りに行ってしまったかで先手玉を逃がしてしまったように見えたところ(いや、実際はどうだったんでしょうか。確かに、棋譜解説にあった退路封鎖の△77歩を一手指入れていたら逃がさないで済んだかもしれませんが、そこに一手使えるかどうかというぐらいに後手陣はヤバかったですし・・・)。この局面、もう後手が何を指していいのやら、僕にはまったく分からず。△同角じゃ▲86玉で逃がしますよね、しかし今から先手右辺を制圧したと金やら金を寄っているようでは、先手の▲23歩成とか▲33飛車成みたいな手が間に合ってきてしまいそう。もう寄せ方が分からによ、というところで斎藤さん…

△54金
 ん?なんだこの手は…ああああ~なるほど、33の銀に紐をつけつつ、次に△65金を狙って先手の馬をどけに行くのか!この時、斎藤さんは時間をほぼ使い果たしていて、2分だけ残しての早指しになっていて、一方の糸谷さんは相かわらず1時間以上残しているにも関わらず早指しの時間攻め(^^;)。いやあ、よくも1分の間にこんな構想をひねり出せるもんです。

20170425棋聖88挑決_糸谷vs齊藤慎_横歩勇気流119手 これで少しは差を詰めたかもしれませんが、しかし相変わらず後手は寄るや寄らずの際どい状況、先手陣に詰めろをかけるのも難しく、先手からの怒涛の攻撃。横から竜の攻めに、合駒のコビンから吊り上げるための金銀を打ち込まれるので取れずに駒を貼って受け続けるしかなく、この受け一辺倒の中で67に貼った角が攻防の一手で、一気にわからなくなりました。というか、一間龍を受け凌ぐって、すごい…。そういえば昔、『光速の寄せ』という本で、こういうのばっかり勉強してたなあ。。そして、王手が入る状況まできた119手目盤面図、後手がどうやって先手玉を逃がさないか、という所で飛び出した手が…

▲98銀
 おおお~退路封鎖の捨て駒、これはカッコいい!!
これは寄せの絵がもう見えてるのかな?△85金をはじめ、次の85への打ち込みが飛んでくると先手はオシマイなので、これは何かうまい手を考えないと…

△95角
 ええええええ~糸谷さん、受けずに王手?!いや、これは△73歩と受けられたあとに△85歩と指されたらどうするんだ?いや~これこそ敵の打ちたい所に打ての▲85香しかないと思ったんだけど、それだと△84歩以下、けっきょくマズいのかな…

 というわけで、ここからは攻守が完全に入れ替わって、斎藤さんが寄せられるかどうかどうか。ここでの糸谷さんの受けがさすがプロで、もう詰んだと思ったところから凄い手をひねりだしましたが、しかしこの期に及んで妖しい手を指しても斎藤さんは間違えてくれず、136手にて後手斎藤さんの勝ち、羽生棋聖に挑戦です!!

 いや~、プロの解説を聞いていると中盤ではけっこうな差だったみたいで、それを鵜呑みにして仕事しながらノホホンと見ていた僕は、「これって70手行かずに終わっちゃうんじゃないの?」みたいに思ってました。しかし、厳しい中でも気持ちを切らさずに手をひねり出し続けるというのが大事なんですね。今日なんか、そこがタイトル戦挑戦が適うかどうかの差だったのかも。逆にいうと、糸谷さんの将棋は、いつもながらもったいない気がします。時間攻めも立派な作戦でしょうが、しかし自分が優勢で、しかも1時間以上も残してるなら、時間攻めで勝とうとなんてしないで、読み切って勝てばいいのに。劣勢の終盤で、相手に間違えさせる為にノータイム指しするなら分かるし、勝ってる将棋でも読みきりでノータイムで寄せきっちゃうならそれも分かるけど、1時間以上残してパパッと指して、反撃喰らって逆転負けって(^^;)。。渡辺竜王に「将棋が雑」と言われるのは、きっとこういうところなんでしょうね。。


藤井聡太炎の七番勝負 第7局 藤井聡太 vs 羽生善治 (角換わり▲45桂速攻)

 藤井聡太さんの炎の7番勝負、ラストは最強棋士・羽生さんとの戦いです!振り駒の結果は藤井さん先手、7局中6局で先手か、持ってるな(^^)。

20170423藤井7番勝負-7_藤井vs羽生_角換31手 将棋は角換わり▲45桂ポン、波紋を呼んだ去年のA級順位戦▲三浦-△渡辺戦で飛び出して以降、流行している手です。31手目盤面図はその将棋とまったく同一局面、この前やっていた棋聖戦の決勝トーナメントの▲糸谷-△佐藤康戦も同じだった気がします(あれ?1筋の歩を突きあっていなかったかも…忘れちゃった^^;)。。▲三浦-△渡辺戦では、渡辺さんがここで△45歩と突いたところで▲71角の返し技。以下、△72飛▲53桂歩成の王手△51玉▲61桂成△同玉▲44角成と進んで、先手桂損ながら馬を作る展開。どうもこれが後手にとってまずい展開みたいで、後手がこうさせない指し回しをする事が多くて、本局は…

△42角
 これが最近の受けの流行みたいで、ここからは…

▲34飛△23銀▲35飛△44歩▲71角
 やっぱり71への角打ちがこのポン桂の狙いなんですね、これが意外と嫌ですね…

△72飛▲53桂成△同金▲同角成△同角
 これで金と角桂の二枚替え、後手の駒得。

20170423藤井7番勝負-7_藤井vs羽生_角換45手▲85飛△82歩▲25飛(45手目盤面図)
 1筋の歩の突きあいを除けば、ここまではこの前の▲糸谷-△佐藤康戦と同一の展開。というわけで、ここまでは最近の定跡といったところじゃないかと思うんですが、この前の康光さんはここで▲42飛と振ったんですが、結果は糸谷さんの勝ち。というわけで、後手が変わるなら手番を握ったこの局面じゃないかと思うんですが…

△43角
 いや~、角を受けに使いました。歩切れという事もあるし、これは体勢が整うまでしばらくガッチリ受けようという構想でしょうか。解説の天彦さんが「△43角はない」といった直後の一手なので、コーヒーふいちゃいました(^^;)。。

▲29飛△33金▲48金
 お、藤井さんはいったん▲いったん48金29飛の流行の構えを目指しにいったのかな?

△74歩▲47銀△32玉▲35金△75歩▲同歩△同飛
 一方、後手は歩切れを解消すべく7筋の歩の交換に行きました。それにしても、▲35金はいい手ですね~、駒損と引きかえに敵陣を乱して攻めを繋ぐ構想を練ったので、歩で攻めを繋ぐ事を考えたら、この一手なのかも(^^)。う~ん、勉強になるなあ。

20170423藤井7番勝負-7_藤井vs羽生_角換63手 しばらく進んだ63手目盤面図。先手からは次に▲45歩とか駒をぶつけて仕掛ける手が満載、後手は一歩を入手したもののまだまだむずかしい展開。ここでどう指すのがいいのか、僕なら普通に△34歩みたいに謝っちゃいそうなんですが、阿久津さんの解説によると、「▲25金と躱されてから▲35歩とぶつけられたら、場合によってはむしろ△34歩と打たない方が固かったという場合もある」との事。う~ん、僕には指し手が分かりません(>_<)。ここで羽生さんが指した手は…

△83飛
 いやあ、よくこんな手が思いつくな…こういう一見不格好に見える手をこういうところで選ぶ柔軟さ、プロってすごいよ。。なるほど、これは実に複雑な局面を作り出した感じがします。次に△95桂が入ると8筋突破ですし、54の銀がどけば不格好に打たされたように見えた43の角がこれまた87を直撃。いきなり飛角の2枚が攻防に働いてきます。これは羽生マジック的というか、眩惑的ではありますが、後手の反撃筋を作ったかわりに先手の攻め筋は手抜いた形になるので、先手に速度計算を含めた読み力を要求した感じ。ここで最善手を続けられれば先手がいい気がするだけに、藤井さんがプロでどのぐらいの位置にいる人なのかが問われる局面かも。。

 しかし、ここで藤井さんは堂々と▲45歩を突いてから8筋をガッチリ受け。以降は藤井さんは綺麗に攻めきり、111手にて先手藤井さんの勝ち!!しかし、完敗かと思ったところから、詰めろ逃れの詰めろを連続で作ってしまう羽生さんもすごかった…。。

 角換わりのポン桂、後手は駒得はしつつも陣形を乱され、歩切れを突かれ、手番を握られ、みたいな感じで、後手に苦労が多い将棋になる展開が多い気がします。将棋ソフトがとんでもない強さになって以降、ソフトの将棋の指し回しがプロ将棋に影響してる気がします。中盤、まだ駒組みをつづけても良さそうなはやい段階からいきなり切り込んで、駒損のかわりに手番を握ったり駒の働きで差をつけたりして主導権を握り、細そうな攻めを繋げてしまう、みたいな。
 それにしても、中学生が深浦さん、康光さん、羽生さんのA級3人を3タテ、すごいです。いや~、本当に中学生のうちにタイトルを取ってしまうかもしれませんよ。。

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド