第63回NHK杯 森雞二 vs 屋敷伸之 (三間飛車 vs 居飛車穴熊)

 今回から2回戦、いよいよシードだったA級棋士の登場です!本格居飛車党の屋敷さん、すごく日焼けしてるなあ。何かスポーツでもやってるんでしょうか。一方の森さんですが、かつての強豪もさすがに全盛を過ぎたかと思いきや、1回戦で畠山さんを封殺しての勝ち上がり。居飛車党と振り飛車党の対決という事で、居飛車党の僕としては、振り飛車相手にどう指すかという視点で見ていました。

 将棋は先手の森さんが三間飛車にしてのスタート。三間飛車と向かい飛車の受けの勉強をしていないので、これは勉強になりそう。解説によると、最近の将棋は、三間飛車に対して、居飛車はほぼ間違いなく穴熊に潜るそうです。そうなのか。よし、今度から三間飛車にされたら穴熊に潜る事にしよう。

2013081101.gif きっと、あまりに素人っぽい話で恐縮なのですが… 序盤、振り飛車が左銀を穴熊めがけて繰り出していった局面です。四間飛車でいう玉頭銀みたいな感じですが、穴熊でも玉頭銀というんでしょうか。角頭銀かな?この銀上りが意外と速くて、先手銀が7段目にいる時にすぐに対応しないと間に合わなくなってしまい、何度もこれにやられたことがあります。振り飛車が▲56歩と突いた盤面図以降の進行は、

△54歩▲28玉△22玉▲57銀△53銀▲46銀△44銀

 なんか格好いい手でもあるのかなと思って見ていたのですが、やっぱりプロでも、▲56歩には△54歩、▲57銀には△53銀、▲46銀には△44銀という感じできっちり受けてました。同じような理由だと思うんですが、▲68飛には△62飛と徹底的に受けていました。穴熊が完成するまでは、攻めの体勢を整えるよりも、とにかくしっかり受けて辛抱という感じでしょうか。いつも穴熊が完成する前に攻め込まれてしまうので、勉強になります。

 一方の振り飛車側ですが、振り飛車穴熊に組むのではなく、相手の穴熊を上から潰すように、1筋2筋の歩を伸ばしていきます。そういえば、数日前の佐藤vs郷田戦でも、郷田さんは相手の穴熊を攻めるべく、銀冠気味に高い囲いにして、相手穴熊陣営を上から圧迫して潰してました。ただ、今回の場合、佐藤vs郷田さんとは違い、穴熊が居飛車側ですので、同じようにはいかないかも。

2013081103.gif これは、中盤から終盤にかけての局面。手番は先手で、桂香を持っていて、角も思いっきり通っていて、端も突いてある。これは先手の振り飛車側に、いい指し手がありそうな感じがするんですが…

▲85香

飛車を取りに行きました。う~ん、飛車は取れそうですが、穴熊に手をつける事は出来なかったんでしょうか。単純に▲14歩では?…全然足りないなあ。じゃ、▲18香と2段ロケットは?…それよりも、△87龍が速いのか。あら、△87龍が速いとすると、大概ダメ?いつも注目している穴熊崩しですが、今回は屋敷さんの玉がビッグ4になっただけでなく、香車もくっついちゃってカッチカチ。これはさすがに崩せません。。あまりに堅さの差がありすぎ。。穴熊の勉強は手つかずなんですが、居飛車で強くなろうと思ったら、穴熊に囲う勉強をした方が近道かもしれない。。

 というわけで、囲われてはまずいと自陣がバラバラの段階から桂馬を跳ねて攻撃に出た森さんですが、この時点ではすでに勝負ありといった感じでした。遡れば、かなり崩れた格好の美濃とビッグ4の穴熊という時点で、勝負ありだったのかもしれません。結果は屋敷さんの完勝!

 しかし、NHK将棋は、僕にとっては、タイトル戦のハイレベルな指し回しよりも分かり易く、勉強になります。今日も中盤の攻防の駒のさばき方とか、すごく勉強になりました!
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド