第26期竜王戦決勝トーナメント 佐藤康光 vs 郷田真隆 (ダイレクト向かい飛車)

 竜王戦挑戦者決定トーナメントも、佳境になってきました。残る棋士は、佐藤康光さん、郷田さん、森内さんの3人。佐藤さんは1組ランキング戦で、三浦さん、橋本さん、羽生さん、森内さんを破っての決勝トーナメント進出。これだけの強豪を全部倒したのか…強い。。一方の郷田さんは、竜王戦に挑戦した事が無いとのこと。ここは佐藤さんを破って、何としても森内さんとの決勝3番勝負に持ち込みたいところです。

 佐藤さんが後手番になりました。ん?佐藤さん後手番?嫌な予感が…きた、ダイレクト向かい飛車!佐藤さん、応援してるんだから、こんな如何にも危険な戦法はもうやめてくれえ。。しかし、郷田さんの指し手が凄く参考になりました。角を打ち込めば簡単にリードできそうなのに、急戦にしないのか。…そうか、駒の連携は明らかに自分の方がいいんだから、佐藤さんが研究しまくってるだろう手順を選ばずに正確に指していけば、自ずと自分が良くなるって考えなのかな。さすが郷田さん、やんちゃな山崎さんの将棋に付き合うことなく淡々と勝っただけの事はあります。

 将棋は、先手郷田さんが銀冠、後手佐藤さんが振り穴に囲いました。そうか、穴熊を崩しやすくするために、上に伸びる囲いを選択したのか。郷田さんの指し手は、本当に勉強になります。一方の佐藤さん、無理な陣形が祟ったか、中盤で早くも銀取りをかけられます。しかし、ここからの指し回しが凄かった。この前のvs羽生の順位戦を髣髴とさせる指し回し。銀を取らせないどころか、攻撃の態勢まで整えてしまいます。しかし…

 佐藤さんがうまく駒をさばききったところで、郷田さんが佐藤穴熊にいきなり切り込みます。銀冠を選択するという作戦が見事に功を奏した格好ですね。ここからの穴熊崩しが凄かった!

13081002_1.gif これは、穴熊崩しに着手してから何手か後の局面。先手玉も結構ヤバいので、そんなにゆっくりしてもいられなそう。で、どう攻めるのかと見ていると…

▲82歩

なるほど~、そうか、△同金なら銀で割り打ちできるし、△同玉なら▲35角が攻防手。更に▲62角成といけば、△同金▲71銀で、これは決まりそうです。こういう歩の使い方を、手裏剣っていうんですね。初めて知った。しかしさすがは佐藤さん、そう簡単には土俵を割りません。

△同金▲71銀△61飛

飛車で防ぐのか?!う~ん、これはすごい。。佐藤さん、郷田さんの波状攻撃を何とか凌ぎ、自分の手番を無理やり作り出し、反撃に出ますが…どうしても寄りません。最後は、郷田さんに派手な桂捨てをされ、無念の投了。郷田さん、狙ってたな。。投了図、異常に格好いい!!

 これで、竜王に挑戦するのは郷田さんか森内さんという事になりました。郷田さんより竜王の方が強い気がしますが、郷田さんには竜王になってほしいです!また、森内さんと竜王の2日制の対決…これは見てみたい!でも、森内さんには竜王に負けて欲しいなあ…タイトルホルダーのバランスの問題で。

 それ以前に、郷田vs森内の挑戦者決定戦ですね。、あれ?このカード、見たことが無いかも?!竜王戦も、目が離せなくなってきました!!



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド