第63回NHK杯 上田初美 vs 西川和宏  (三間飛車)

 女流棋士の将棋を見たことがありません。将棋ってスポーツみたいに体格差が出るわけでもないのに、今の時代でもなんで男と女を分けるのか疑問だったんですが、別に女性が男性の方に入ってもいいみたいですね。ただ、今まで4段になってプロ棋士になれた女性がいないというだけで。そんなに差があるんだろうか?というわけで、今日の対局は楽しみにしていました。でもこれ、女流は負けてもともとだけど、男の棋士の方はプレッシャーでしょうね。

 寝坊してしまって最初の方は見逃してしまったんですが、途中から見ると先手の上田女流が居飛車穴熊、後手の西川4段が三間飛車からの穴熊になっていました。ネット将棋で似たような形になったことが何度かあるので、これは凄く興味のある展開でした。

13080401.gif  盤面図は△74歩と突かれたところですが、これもやられた事があったような。居飛車穴熊に組んで、駒が57に銀と77に角がいる時に、この歩を突かれて桂を跳ねられるのって、とっても苦手です。あと、49にいる金も、どう動かしていいか分かりません。がっちり穴熊に固めようと左に寄ってしまうと、向かい飛車にされて2筋突破されしまいそうで。。そういう時って、▲46銀から間に合うか、とか指すのかなあ。いずれにしても、プロの指し手を見てみたいと思っていた局面です。以下…

▲58金△71金▲36歩△61金左▲37桂△44歩▲65歩△72金左▲67金

 居飛車側の金は玉側に寄りました。ということは、向かい飛車にされても受かるのか、速いのか、いずれにしても何とかなるんでしょうね。ちょっと、これは調べておこう。で、互いに固めあってから、後手から仕掛けました。

△64歩▲86角△35歩▲同歩△42角

 この辺りはたぶん定跡化されているんでしょうが、知らないものでものすごく勉強になります。居飛車側の▲85角は、いつかのNHK杯で誰かがやっていたので、穴熊の常套手段なんでしょうね。私にはこれしか見えていなかったので、これは理解。でも、振り飛車の△42角は、ちょっと意外でした。攻める事しか考えられないアホな私は、△15角しか見えない(^^;)。引いちゃうと、6筋から攻められて、角が動いた瞬間に居飛車側に2筋を突破されないんでしょうか。…しかし速指しのNHK杯、私が考えている暇もなくサクサクと将棋は進んでしまいます。。

 で、この後に居飛車は6筋から仕掛けと2筋の歩の突き捨て。振り飛車は7筋の歩を突き捨てと3筋の桂頭に歩の打ち込みと、互いに色々な下準備(この辺り、結構細かかったです。振り飛車側の7筋の歩の突き捨てが、後に△78歩で居飛車穴熊の陣形を大きく崩す手となる、重要な手筋だそうで。これは勉強になりました)。

13080402.gif で、仕掛けたのは上田女流で、相手の銀を角で取り、角銀交換ながら振り飛車側の角を動かすことに成功。案の定、2筋が破れた!男性棋士、女流に敗北か?!と思ったら…

△12角

 うわあああ、なんだこれ(゚д゚ノ)ノ 。こんなんで受かってるのか?攻防手といえば攻防手ですが、普通に▲23銀なんてされたら、単に突破されるよりももっと悪くなっちゃうんじゃないの??でも、解説によると、▲23銀には△22飛で良いそうな。そ、そうなんですか?そしたら、▲68銀△37桂成▲22銀成とか、▲68銀△23角▲55歩とか…あれ?結構難しいのか。。プロで一番弱い4段ですら、こんな物凄い手が指せるのか。。いやあ、プロってすごいです。良くなったと思った一手の次が一番危ないなんて言いますが、上田さんも、▲24飛と走った時は自分が有利になったと思ったんじゃないでしょうか。

 それから、終盤の穴熊の寄せも、私にはすごく参考になりました。穴熊の寄せが一番苦手なんですが、今日の寄せは、簡単に言うと、あんまり焦らない感じ。僕なんかだと、手を空けたらヘタクソな気がして、どんどん金銀を打ち込みまくって千日手みたいになっちゃうんですが、歩を垂らしたり、桂を遠くから売って拠点を作ったりして、1手2手空くぐらいはいいんですね。もちろん、それが詰めろになってたり、相手に寄せられないという計算があったりした上でのことだと思うんですが。プロでも一気に寄せられるわけではないと知って、何となく安心しました。。解説の戸辺さんが「穴熊は、玉を引っ張り出して、金を狙うのがいい」なんて言っていたのも、ちょっと覚えておこうと思います。

 結果は、112手で後手の西川4段の勝ち。う~ん、大駒をすべて渡してから寄せるって、なんか読み切っているみたいでカッコいいです。でも、あの穴熊の攻略ですが、羽生さんや佐藤康光さんや竜王や森内さんだったらどう寄せるのか、これも見てみたい気がしました。あの人たちだったら、手を渡さずに寄せちゃたんじゃないかという気がするのは…考えすぎですかね。。あと、逆に、相手が羽生さんとかだったとしても、寄せの最中に1手空けられただろうかと。羽生さんとか竜王だったら、逆襲の攻防手とか打ち込む筋があったんじゃないかという気もして…久々にボナンザを引っ張り出して、考えてみてもらおうかな。。いや、そう思うぐらいに、僕にとっては面白かった将棋で、同時にすごく勉強にもなった将棋でした。。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド