第54期王位戦 第3局 羽生善治vs行方尚史 (矢倉)

 今年の頭から、居飛車で矢倉を指せるようになる事を目標に始めた将棋の勉強ですが、対四間飛車や対中飛車などの対策に迫られて紆余曲折。ようやく7ヶ月目になって、念願の矢倉の勉強に入りました。しかし、矢倉って分岐がやたら多い。更に、急戦対策はまた別に勉強しないといけない感じみたいです。矢倉って、こんなに難しいものだったのか(;Д;)。しかも、矢倉の勉強を始めたというのに、プロの棋戦は角交換相腰掛け銀、横歩取り、ダイレクト向かい飛車などなど、ぜんぜん矢倉戦になりません。。

 …と思っていたこの王位戦第3局。来ました、矢倉戦です!先週の第2局が急戦矢倉、そして今回は脇システムです!!これを、プロがどう指し回すのかを見たかったのでした。きっとこの王位戦は、僕の矢倉勉強の基礎になっちゃうと思うので、あんまり難解すぎる手は指さないでほしい┌(_ _)┐オネガイシマス。

13073001.gif 駒組みはこんな感じ。ほとんど先後同形ですが、違いは端歩を突くか、銀があがるか。素人考えでは、端よりも銀あがりを優先した方がいいと思うんですが、実際のところはどうなんでしょうか。端歩をいつ突くかというのは、本当に迷います。で、次に羽生さんが仕掛けて、いよいよ戦闘開始。

▲64角△同歩▲63角

 う~ん、この▲63角打みたいな手が、いつも分かりません。成れるかも知れませんが、それ以上に角を取られてしまうリスクの方が大きそうで。。ここからの両者の手の進め方が実に面白かったです。

△73銀▲46銀△65歩▲同歩△75歩▲66銀△76歩▲35歩△同歩

 羽生vs行方は、3局とも攻め合いですね(^^)。羽生vs森内とは対照的な内容だと思いました。しかしこうなると羽生さんの方が1枚上というか、前2局では行方さんが一気に寄せられていたんですが、大丈夫でしょうか?で、次の手が素人には分かり易い、勉強になる手でした。

13073002.gif ▲72歩

 なるほど~、これはいやらしい。。こういう所に歩を打ち込む筋って、どうにも遅い感じがして、見落としてしまうのです。これは覚えておこう。で、行方さんの応手も見事でした。

△74角

ほら、角が死んじゃったじゃないか。でも相討ちだからまだいいのか。だからこういう角の打ち込みって、恐くて。で、羽生さんの応手は

▲64歩

歩で支えました。なるほど、自分から角を取りに行くと、後手の銀が手順で前に出れてしまうから、相手に取らせるのか。…スミマセン、級位者っぽい書き込みばかりで。。で、この次も凄く面白かった。

△86歩▲同歩△85歩▲71歩成

う~ん、行方さんの方も角を取らずに放置、攻めに行きました。でもそうすると、と金作られて桂馬とられて、飛車も逃げなきゃいけなくなるのでは?それよりも厳しいという事でしょうか。確かに、桂損であっても、玉の頭に歩が待ち構えているのはすごく嫌です。この辺りの読みは、すごく深いんでしょうね。

13073003.gif この後、後手は飛車を6筋に回して63の地点の攻防戦を収めにかかり、先手はと金で香車を補充した後に24からつっかけ。盤面図69手目▲26香と放った場面では、先手優勢かと思いました。しかし、この後も面白かった。

△39角

飛車取りにしながら66を破りに行く。羽生さんは

▲68飛

う~ん、受けに行くんですね。確かに、受けなければ破られちゃうよなあ。…でも、飛車を振ってしまったら、2筋は破れなくなってしまうのでは??先手は、手抜きしても2筋から破っていっぺんに寄せられると思ったんですが…それを避けたという事は、行方さんの方が速いと見たか、66の地点を受け切ってしまえば勝ちと見たか、そういうあたりなんでしょうね。やっぱり、速度計算が出来ないと、終盤はとてもじゃないけど指せないなあ。。自分が中級から抜け出せない理由がまたひとつ分かった気がします。

 しかしこの後の行方さんが見事でした。駒の捌いてうまく攻め駒を補充、解説の人々も先手勝勢といっていた状況から…行方さん、寄せにいきます。で、これが見事に決まり、形勢逆転!!詰めろになり、手を空けられなくなった羽生さん、色々な罠を仕込んだ王手を何度となくかけますが(解説をきいていると、受けを間違えると一気に頓死したり、羽生玉が詰まなくなったりする手の連続!プロ恐るべし。私は全部間違えていて、4回ぐらい詰まされてました^^;)、行方さんはこれを正確にかわしていきます。そして、108手までで、後手行方さんの勝ち!こうなると、角を取らずに玉頭を抑えに行った、50手目あたりからの行方さんの判断が正しかったという事ですね。お見事でした!

 2連敗で迎えた第3局で、しかも後手番。行方さんは苦しい状況でしたが、これを見事に跳ね返して一矢報いました!でも、見ていて思ったんですが、矢倉って、相手の飛車角の筋に玉を配置していくわけで、これって結構危険な陣形だと思っていしまいました。…スミマセン、最後まで素人っぽい意見で。。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド