FC2ブログ

がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第76期名人戦 第3局 羽生善治 vs 佐藤天彦 (角換わり)

 やってきました名人戦第3局!2年前に天彦さんが羽生さんから名人位を奪った時は、この第3局がターニングポイントだった記憶があります。1局2局と大激戦で1勝1敗、そして第3局で猛威を振るっていた天彦さんの後手横歩の前に羽生さんが敗れ、そのままシリーズはズルズルと…という流れでした。というわけで、2年前と同じ1勝1敗で迎えた第3局、先後も同じ羽生先手天彦後手です。

 さて、戦型は…角換わりでした!今の角換わりは。後手が居玉のまま戦って手数を稼いで先制を狙ったり、相腰掛け銀ばかりではなくなってきたりと、2年前とはかなり違う感じ。昨日の▲屋敷-△藤井聡戦もすごかったですが、今日も開始早々後手が△64歩より△74歩を優先させるなど、含みのある駒組み過程。さて、前半山場の第3局、どうなりますでしょうか(^^)。

* * * * *
 2日目は、仕事の合間にちょくちょく眺めてたんですが、見ていて目が離せない展開、しびれました。天彦名人も羽生竜王も凄い、もうどっちかが良くなってそうなのに、プロでも意見が分かれる難解な局面の連続でした。結果…111手にて羽生竜王の勝ち、羽生竜王の2勝1敗になりました!!

 凄かった。。この将棋、どこをとっても先手も後手も凄まじかったですが、僕的に特にしびれたところは2か所で、まずは序盤で角換わりから双方が▲48金29飛型から腰掛け銀もようになった後。後手の△64角を見るや、先手が▲45歩~▲56歩~▲57角と設置したこの構想。いやあ、こんな構想どうやったら出来るんだ…。少しでも駒組みを失敗したらあっという間に負ける角換わり、僕なんぞは定跡に頼りっぱなしですが、研究にせよアドリブにせよこんな構造をしてしまうのやっぱり凄いです。

20180508名人76-3_羽生vs佐藤天_角換86手 そして中終盤ですごかったのは、やっぱり86手目盤面図での先手羽生さんの指し手。明快な寄せがあるなら▲34桂と銀を外しつつ一気に後手玉に迫ってもいいですが、そこからどうすると言われるとめっちゃ難解。一方、玉頭に飛車に支えられた歩が迫っていて、次に△77歩成や△77銀みたいな手が飛んでくると、先手は詰みまでありそうな局面。当然いったん▲74歩と飛車筋をいったん遮断するかと思いきや…

▲34桂
 羽生さん、いきなり勝負をつけにいったあああ!!!!鳥肌が立ったよ。。
でもこれ本当に大丈夫なのか?!攻めはともかく、先手の自陣は受かってるのか、△77銀▲69玉に△81飛とされて金を抜かれたらヤバくないかい?それを逃げたらそれはそれで龍を作られてしまうし…

△77銀▲69玉△81飛
 うああ、まさにその進行だよ、なんかこれは天彦名人が詰ましたようにも見える…

▲54歩
 うおお、金取りを受けず?!信じられない、そのまま攻めに行ったああ!!
さらに攻めとはいってもこの▲54歩はおっかなすぎ、角道を開けて銀取り&挟撃体制は分かるけど、同時に相手の角道も開けてしまった諸刃の剣ぞ…

△85飛▲64角△41玉▲59玉
 85飛は金を取ったので次の頭金を見た詰めろ。しかしそこで玉を逃げる前に▲64角の銀取り&王手と△41玉の交換を挟んでから…えええ~58じゃなくて59に逃げるのか、当然飛車の横利きを通しておくのかと思った。上に逃げると△36金があるからか、この一路が大きいのかな…う~んなるほど、▲58玉だと△87飛成が詰めろだけど▲59玉だと△87飛成が詰めろにならないのか、いやあこれは鳥肌が立ったよ、すげえ。
 ということは、羽生さん読みきりだったのか?マジですごいわ。。

△63金打▲53銀
 おおお~ここで天彦名人は飛車を成りこまずに受け!という事は、やっぱり先手玉に詰めろをかける事が出来ないんですねは。しかしこの粘りに角を引かずに羽生さんが詰ましに行きました。ああ、これはきっと寄ってるんだろうな。△64金と角を抜く手には…ああ分かった、△64金▲52銀成△同玉に銀じゃなくって▲53金でいいのか。それで△61玉には▲73銀と縛って勝負あり、最後に▲94歩が生きてくるのか、なんと9筋の位取りが最後の寄せに生きるとは。

 というわけで、この後の寄せはまさにこの通り、111手にて羽生さんの勝ちでした。この寄せ直前の踏み込みがヤバかった。あんなきわどい踏み込みをするってことは、桂を跳ねたところでもう読み切っていたという事ですよね、う~ん信じられない終盤力、恐ろしいわ。。

 これで序盤戦の山場第3局を羽生さんが取り、羽生竜王一歩リードです。それにしても天彦名人は2日制になると別人のように強くなります。この将棋、やっぱり大きく動いたのは後手天彦名人が△94歩と突っかけたところでしょうか。以降は羽生さんがわずかに上回った感じでしたが、あそこ以外は常に天彦名人が盤石な将棋に見えました。今年の名人戦はメッチャ面白いです、パラマスになったプレーオフといい、この名勝負の連発といい、歴史に残りそう(^^)。


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。