がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第25期倉敷藤花戦 挑戦者決定戦 甲斐智美 vs 伊藤沙恵 (矢倉)

 去年、倉敷の大山名人記念館に行ったこともあって、女流将棋では倉敷藤花戦がちょっと好きです。「倉敷藤花」って名前もカッコいいしね(^^)。今日は里見さんへの挑戦を賭けた挑戦者決定戦をやってました。

20170925倉敷藤花25挑決_甲斐vs伊藤沙_矢倉45手 先手の甲斐さん、なんと早々に居飛車を選択。へ~、甲斐さんって居飛車も指すんですね、もしかして甲斐さんが居飛車を指すのはじめて見るかも。居飛車党の人が振り飛車を指すより、振り飛車党の人が居飛車を指すのを見る方がびっくりするのは、なんでなんだろう…。序盤は色々な駆け引きを経過しつつ駒組みが進んでみれば相矢倉の恰好に。いや~僕は矢倉の勉強にそれなりの時間を割いたものだから、こういう相矢倉戦を観れるのは楽しいです。この前のJT杯での▲森内-△羽生の矢倉も最高に面白かったし(^^)。。
 先手は早々に▲35歩△同歩▲同角を入れて矢倉の好形のひとつ▲36銀を実現、後手は3手角でこれまた矢倉の急所を狙う△84角を実現。矢倉はこの辺から緊張感が漂いはじめる所ですよね、端歩を突いたり、△34歩を入れて叩きを防いだり、矢倉城に玉を入れたりしてもう少し駒組みを進展させるか、それともいきなり仕掛けるか…

△65歩
 後手いきなり仕掛けたあああ!!
陣形に不安がある状態のまま仕掛けましたが、それよりも先制して主導権を握ってしまおうという感じかな…

▲75歩
 ▲65同歩としてしまうと角の成り込みがあって三手角大成功というわけで、ここは手筋の▲75歩。△同角なら▲73角成で切り返しが思いっきり決まってしまうし、△同歩なら3筋で交換した持ち駒の歩が絶大な効果を発揮して▲74歩でこれまた切り返しが思いっきり決まってしまいます。でも、そんなのは伊藤さんだって当然知ってるわけで、それでも仕掛けたという事はどういう事なんだろうか。△同歩▲74歩に△66歩とか△76歩で攻め合いにする?それとも△61飛と回って駒損と引きかえに大駒を捌きに行く?いや~、すでにこの将棋の勝負どころを迎えた気がします(^^)。

△同歩▲74歩△76歩
  △同歩から△76歩の順でした!どの道を選んでも後手はある程度の犠牲を覚悟して激しい順に行かないといけませんが、なるほど▲同金なら△75歩で金確保、▲同銀なら△75歩か△66歩という感じですね。じゃあ▲68銀引きは…これは△66歩が入ってなんか抑え込まれてしまいそうですね。先手はとりあえず▲73歩成と桂を拾ってからですかね…

▲同銀
 えええええ~▲同銀で大丈夫なのか?!いや~これだと後手の角の成り込みは最低限保証されてしまうので後手の主張が通った気がしますが…それでも反撃の▲73歩成や角の成り込みを待って十分戦えるという事でしょうか。う~ん矢倉のこういった局地戦のねじり合いって、その後の相手玉への攻めの手なんかも考えながらになるので、けっこう難しいです。

 結局この局地戦で後手は馬を作ると同時に桂を跳ねだして桂を取られるどころか働かせることに成功、さらに歩を打ち込んで拠点を作る事にも成功…というわけで、伊藤さんの駒組みを待たないまま自分の手番のうちに動いた早い仕掛けは大成功に見えました。これは後手圧勝ペース、甲斐さんは入玉に活路を見出しに行きますが、残念ながらそれは成功せず( •́▵•̀ )。118手にて後手伊藤さんの勝ち!!

 抑え込み成功の典型例というか、代償があるとか切らす見込みがあるという状況でないまま下がると、戦場が自陣付近になってしまってこうなっちゃいますよね。普通に押し切られていたので、甲斐さんはなにか見逃した手があったのかも知れません。それにしても相矢倉の中盤仕掛けを久々に連続で観れたのは楽しかった(^^)。雁木の流行が一段落したらまた相矢倉が流行しないかな…。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR