がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第76期順位戦A級 佐藤康光 vs 久保利明 (角交換振り飛車)

 今期のA級は、40代棋士の生き残りリーグだと思ってるのですが、40代でも大丈夫な気がするのが久保さんと羽生さん。ヤバいなと思うのが、康光会長、屋敷さん、行方さん、三浦さん、深浦さんあたりです。というわけで、康光さんと久保さんの対局は、久保さんに分があるんじゃないかと思ってました(^^)。逆にいうと、康光さんはここで勝ってはやく2勝目を挙げておかないとマジでヤバい気が…。。

20170913順位A_佐藤康vs久保_角交換振飛車6手 将棋は大流行の角交換振り飛車になったんですが、驚いたのは久保さんの6手目。いやあ、5筋の歩を突いて、とうぜん久保さんの18番中飛車かと思いきや、なんと3間に振りました!マジか、プロの序盤って最近本当にフリーダムになってきてしまって、序盤を定跡にしがみついてる僕にはついていけましぇん(T_T)/。ここから…

▲48銀△42銀▲68玉△88角成▲同銀△22飛
 久保さん、これで角交換振り飛車が決定。飛車も王道の向かい飛車に据えました。

▲78玉△62玉▲96歩△94歩
 おっと康光会長、はやめに端歩を突いて後手に囲いの打診。久保さんはこれに答えたので、振り飛車は美濃かな?

▲77桂△72玉▲86歩△82玉▲87銀△72銀▲88玉△33桂▲78金
 それを見て先手ははやめに左桂を跳ねました!これは先に銀冠を決めてしまうのかな…ああ、そうなりましたね(^^)。角交換振り飛車に対する銀冠は、王位戦の第2局がそうでしたっけ?あの将棋、帰ってきたらもう終わってたもんで、ちゃんと観れてない(^^;)。。さて、居飛車の方針は大体わかりましたが、振り飛車はここからが構想力を問われるところかも…

△21飛▲16歩△32金▲46歩
 下段飛車は久保さん好み、そして△32金は角交換振り飛車ではけっこうよく見る手です。居飛車としては金をこっちに使ってくれるのは歓迎な気もします。居飛車としてはやっぱり後手の桂頭を狙いに行きたい感じかな、でもその前に向かい飛車の処理を考えないといけない所ですが、康光さんは向かい飛車に対する王道&桂跳ねケアの▲46歩と指したところで…

20170913順位A_佐藤康vs久保_角交換振飛車30手△25桂(30手目盤面図)▲同飛△24歩
 うおおお、久保さん、桂を跳ねたああ!!!いや~なるほど、これで▲28飛に△25歩、ここで先手歩切れなので2筋が受からないというわけですか。う~んプロの中盤の仕掛けはいつみても参考になるなあ。。

▲85飛
 なんと康光さん、飛車を引かずに切り返したああ!!!う~んこれはどういう事だ…あああそうか、端攻めに行くのか?!しかしこれは△24歩とどっちが早いんでしょうね。あと、△74角みたいな手にはどうするんだろうか、▲56角ぐらいに合わせる?それで△85角と飛車を抜いてくるなら▲同歩として次の▲75桂を楽しみにするぐらいの感じなんでしょうか…。

△53銀
 ああ~まったく考えてませんでした、なんとここで振り飛車は左銀の活用!いや~これで間に合うと計算できる所がやっぱりすごい。。

 さて、ここからの攻防戦は大白熱!後手は飛車銀交換に成功して駒得しましたが、先手は端攻めを成就。以降の康光さんの、教科書のような手筋や俗手のオンパレードが素晴らしかった!駒を交換しながら狙われた駒を避ける手筋、歩を成り捨ててから歩を合駒に使うという歩を後退させる手筋、守り駒のつり上げ…などなど。結果、99手にて先手康光さんの勝ち、康光さん2勝目です!!

 いや~この将棋は素晴らしかった!!実際には表面化しませんでしたが、やっぱり角交換振り飛車側は居飛車側の筋違い角や直接33を狙ってくる角打ちをケアしながらの駒組みになるんですね。それを狙いながら振り飛車が美濃に来るならはやめに銀冠を築いてしまって玉頭戦または端攻め!玉頭の駒を盛り上げて美濃を潰しに行く指し回しは、55年組前後や羽生世代あたりの大得意だと思うんですが、しかしすれすれの戦いですね、観てるとけっこう怖い(^^;)。。そして終盤の手筋のオンパレードは本当に参考になりました。これぐらい綺麗に寄せられるようになりたいなあ。。康光会長、おみごと!!

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR