がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第30期竜王戦挑戦者決定戦 第3局 松尾歩 vs 羽生善治 (横歩△33角85飛)

 竜王挑戦者決定戦第3局、これで勝った方が竜王挑戦です!最近の羽生さんはタイトル戦で連敗つづきでちょっと心配、他のタイトルは全部落としてもいいから竜王戦だけは勝って欲しい(松尾さんゴメン、永世7冠挑戦が見たいんです)!

20170908竜王30挑決3_松尾vs羽生_横歩85飛52手 振り駒で松尾さん先手。でも、いまの相居飛車戦は先手と後手のどっちがいいのか微妙ですね、先手なら矢倉はなるべく避ける気が…というわけで、横歩△33角85飛戦法になりました。△85飛戦は角交換におっかない筋がけっこうありますが、先につっかけたのは松尾さん。角交換してから後手の飛車を追い返し、そして飛車先の2筋を伸ばして攻め込んで52手盤面図に。いやあ、後手の羽生さんは△41玉型にしたのに△2歩と受けさせられて壁形、一方の先手も攻め駒が足りないか、という所で松尾さんが放った手は…

▲56角
 おお~松尾さん、23に利きを集めて踏み込んだああ!いや~これは抜き差しならない状況、もうたがいにおさまらないでしょう!

△45歩▲同銀△55角▲77桂△19角成
 羽生さん、焦点の歩で銀を吊りだしてから八方睨みの角で切り返したああ!!…う~んでも△99角成なら大きそうだけど、△19角成で後手の2筋猛攻と釣り合いが取れるんだろうか…シロウトの僕としては先手松尾さんを持ちたい気分です(^^;)。いや~でも先手は角筋に銀がいて攻めの速度が遅くなっている上に攻め駒が足りないのか、う~んこれで釣り合ってるとしたら驚きです。

▲34歩
 踏み込んだ以上、先手は行くしかありません。ここで待って△55馬とか△44歩とか許したら一気に崩れそうですもんね(^^)。でも、▲34銀じゃないのか…ああそうか、そんな事やったら△54香で角逮捕ですね(^^;)。しかし、これは銀をひかれて何でもないんじゃ…

△42銀▲65桂△55馬
 おおお、ここで桂跳ね、なるほど桂交換で攻め駒を補充に行くのか!いや~やっぱりプロはすごいな、しかし普通なら8筋に跳ねそうなもんなのにわざわざ6筋というのは、△同桂として来たら角がいい位置に飛び出せるというわけで、取りつつ攻めに桂を跳ねられる手を消してるんですね、なるほど。しかしかわりに後手は△55馬が間に合った事になるのかな?いやあ、ものすごい攻防戦、これ、どっちがいいんでしょうか…

▲73桂成△同銀▲33桂
 うああああ~松尾さん、露骨に歩頭桂を打ちこんだあああ!!いや~これは取れば飛車先突破なのでさすがに先手優勢だと思うので玉をかわす一手だと思いますが…

20170908竜王30挑決3_松尾vs羽生_横歩85飛67手△41玉▲11桂成(67手目盤面図)
 先手これは着実な攻め、すぐに寄せに入るわけじゃないですが、ここで後手にいい手が見当たりません(;_;)。△44歩が▲36銀と逃げた手が馬取りになっているし…ああ△64桂で角捕獲はどうですかね?そうなると逃げずに来るので▲21成桂から次の▲33香があるのか。こうなると速度勝負と後手の玉が右辺に逃げた時にどれぐらい安全かの計算になるのかな…と思ったら…

△33桂打
 すげえええええ、歩頭桂のお返し、来たああああーーー(゚∀゚)ーーー!!!
いやあ何という切り返しでしょうか、まったく見えませんでしたが、指されてみるとこれはひと目いい手な気がするぞ。。これ、▲同歩成△同桂は取られそうな桂を逃げつつの飛車銀両取りになるので後手良さそう、先手は他の手を探さないといけないですが…

▲同歩成△同桂▲35飛△45桂▲同飛△56馬
 先手、この順を回避できず。いや~、これは松尾さん、△33桂打が見えてなかったのかも。ここのところの羽生さん、若手に連敗、終盤でも競り負けてしまうので、手が見えなくなってきてるんじゃないかと思ってたんですが、いやいやとんでもない、こんな手が飛び出してくるとはさすがトッププロは違うな。

 しかしこれで勝負があったわけではなく、ここから大熱戦の終盤!!途中で羽生さんの方が先に敵玉を追いかける形になりましたが、数日前の王座戦で敵玉を逃した記憶がよみがえってしまいました(^^;)。ここにきて両者残り30分を切る展開、いや~タイトル戦の終盤のこの感じ、興奮します(^^)。そして羽生さん、王手飛車を喰らってしまった…と思いきや、それは後手優勢になる順みたいで(もうこの辺はプロの解説だよりでした^^;)、126手にて後手羽生さんの勝ち!羽生さん、竜王挑戦です!!(/*゚ー゚)/オメデトウ*:.。. .☆

 先に、負けた松尾さん。松尾さんは、予選1組でも強豪をなぎ倒し、決勝トーナメントでも3番勝負でも強かった!今日も大熱戦、羽生さんの歩頭桂という鬼手が飛び出すまでは松尾さんがいいんじゃないかと思ってました。松尾さん、なかなかタイトルに恵まれず、順位戦でもあと一歩のところでA級にあがれず、木村さんみたいに「あとほんの少し」の人なので、これにくじけずに頑張って欲しいです。今回の竜王戦で、ちょっと松尾さんのファンになりました(^^)。
 そして羽生さん。いやあ、感無量です…。僕がプロ将棋をはじめて見たのが2012年の秋ぐらい。その時すでに羽生さんは6つのタイトルで永世位を獲得していて、竜王もあと1回取れば永世という状態でした。しかしそこから一度も竜王挑戦ならず。いちばん惜しかったのは2014年の27期で、挑戦者決定3番勝負まで行くも、糸谷さんの時間攻めの前に屈してしまいました。プロ将棋を見始めた時から、羽生さんの永世7冠を見たかったので、この竜王挑戦は自分でも驚くぐらいにジ~ンときてしまいました。そして仮に永世7冠を見ることが出来たら、それ以上のすごい快挙は、僕はもう死ぬまで見れないと思います。もし藤井くんがそれに並ぶか超えるかをするとしても、その時に僕はもう生きてないかもしれない…。竜王戦は万全の用意で来る渡辺さん相手、勝つ事は簡単ではないでしょうが、羽生さんがんばってくれ~!!

関連記事

コメント

挑戦者決定戦 

やっぱりあの△33桂打は凄かったんですね。あれから一気に局面が変わって、両取りに!
私も同じく先日の王座戦での終盤のドタバタがあったのでこの対局の終盤も中々落ち着いて見れませんでした。
ミーハーですが、やっぱり永世七冠はみたい!

羽生さん、松尾さん、対局お疲れさまでした。
興奮冷めやらぬまま書いているので後からこのコメントを見たら恥ずかしいかも…笑
  • 湯豆腐 
  • URL 
  • 2017年09月08日 22時46分 
  • [編集]
  • [返信]

Re: 挑戦者決定戦 

湯豆腐さん、書き込みありがとうございます!

いや~、序盤から凄かったですね。後手の飛車の引きどころを82ではなく84にしたのは、以降の中盤を見ると隠れた大ファインプレーだったのかも。
中盤も互いにちょっとでも間違えたら一気に形勢が傾きそうな感じ、松尾さんの踏み込みも凄かったですが、それを切り返した羽生さんがすごかった!そして、終盤も大熱戦でしたね(^^)。気が早いですが、久々の羽生vs渡辺のタイトル戦、待ち遠しいです(^^)。。
  • ShougiX 
  • URL 
  • 2017年09月08日 22時54分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR