がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第67期王将戦予選 松尾歩 vs 阿久津主税 (横歩勇気流)

 竜王戦決勝トーナメントの▲羽生△村山戦で飛び出した勇気流に対する飛車交換から△28飛と打ち込むあの勇気流破り、あの一戦こそ羽生さんが最後の最後にまくって大逆転勝利しましたが、将棋的には勇気流の先手完敗筋。あのあと、プロ将棋では対勇気流に対する△28飛がいくつか飛び出しましたが、昨日の王将戦予選▲松尾△阿久津戦でも飛び出しました。先手はあれを退治できるんでしょうか。

20170811王将67予選_松尾vs阿久津_横歩勇気流29手 29手目盤面図は、後手△28飛の打ち込みに▲27歩の蓋歩をして飛車を捕獲した所。▲羽生△村山戦との違いは、蓋歩の直前に▲82歩△同銀の交換が入っている事です。ここから…

△26歩▲39金△27歩成▲28金△同と▲49銀
 ここまでは▲羽生△村山戦と同じですね。このあと、前例では△39とと後手が銀を追っていくんですが、そちらは▲羽生△村山戦の数日後に行われた▲廣瀬△稲葉戦のA級順位戦で、廣瀬さんがものの見事に修正案を披露して後手の△28飛を破っています。その将棋は、ここから△39と▲58銀△38と▲45桂△88角成▲同銀△48と▲69銀△87歩と進み(ここまでは▲82歩△同銀の交換が入っている以外は▲羽生△村山戦と同じ)、ここで廣瀬さんが▲77銀と躱した手で変化(羽生さんは▲87同銀と取った)。
20170719順位A_広瀬vs稲葉_横歩勇気流53手 これで羽生戦で△59角と打ち込まれて馬を作られて先手が苦労した筋が消され(といっても玉のすぐそばに拠点の歩を残すのでメッチャ恐ろしいですが^^;)、さらに廣瀬さんが浮かしておいた82の銀に当てる▲85飛打ち、そしてとんでもない切れ味の踏み込みとなった▲41角打(▲廣瀬△稲葉戦53手目盤面図。これは今年一番感動した手かも。羽生さん伝説の▲52銀打なみにビックリしました…すげえ)△同玉▲53桂不成を決め、廣瀬さんが勇気流破り破りを見せたんでした。この廣瀬さんの将棋は絶対に定石になるんでしょうね(^^)。というわけで、勇気流破り破り破りをしたい阿久津さんは、どこかで変化したいところですが…

20170811王将67予選_松尾vs阿久津_横歩勇気流36手△19と(36手目盤面図)
 ここで変化しました!しかし…と金がそっぽに行く△19と(・ω・ノ)ノヒョエ~!!これが銀をいじめながら先手右辺を制圧する△39とよりいいという事があるのか?!う~ん、という事は、香を手にしてなんかいい筋があるんでしょうね、廣瀬さんの△28飛破りの筋の対策だとしたら、▲85飛を先受けしつつ先手左辺をいじめにいく8筋の香打ちとか、合駒を打つと壁形にされる7筋への香打ちとかがあるのかな?いや~これは研究してないとプロでもちょっと指しにくい手な気がするなあ、どちらかというとすぐ駒を拾いに行く僕たちアマチュア的な手のような(^^;)。

▲45桂△88角成▲同銀△44香
 以降もまた前例と似たような先手桂跳ねから後手角交換と進んで…ここで香を打ったああ!!香を拾いに行った狙いの僕の予想がまったく見当外れだったことはそっとしておいていただくとして(゚ω゚*)、この段階で先手は右桂を消されるとあの廣瀬さんの寄せの筋はもう使えません。こうなってみると、桂を追われたわけでもなかったのに跳ねだした松尾さんの▲45桂に代えて何かほかに手がなかったか、▲19とに対する先手の有力筋がプロでは研究されるんでしょうね。

 ここから将棋は大混戦、どっちがいいんだかまったく分からない将棋に。アマ的には龍が暴れまくってる先手がいい気がしたんですが、松尾さんが後手玉を仕留めきれずにいる間に後手からジリジリと挟撃形を作られ、114手にて後手阿久津さんの勝ち!ちなみに、最後の寄せにはあの端っこのと金が役立ってました(^^;)。

 横歩勇気流破りの飛車交換から△28飛の優劣をめぐる争いは、しばらく続きそうですね。先手の有力筋として佐々木さんの快進撃を支えた勇気流が、村山さんの研究手で後手有力になり、それを廣瀬さんが破って先手巻き返し、その次が阿久津さんの△19とで後手勝ち、シーソー状態です。これ、ここからのタイトル戦や挑戦者決定戦でも出てくる事になるかも。。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR