がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第67回NHK杯 深浦康市 vs 増田康宏 (矢倉▲矢倉△雁木)

 聡太くんや増田さんや近藤さんを見ているととんでもなく強いので、C級にいる若手強豪とタイトルホルダーやA級棋士にどれぐらい棋力差があるのか、たまに気になる事があります。順位戦って強くても昇級できる人数が少ないから上が詰まってて上がれないので、実際にはそれほど棋力差はないんじゃないか…な~んて考えてみたり。でも、B1をぶっちぎりで勝ちぬいた人がA級にあがると、ほぼ全敗で追い返されたりする事がありますから、やっぱりA級は特別なのかな…。そんな疑問に対し今日は恰好のカード、A級ベテランの深浦さんとC2の増田さんの対戦です!でも、昨日夜が深かったもんで、今日はぼんやりとしか見れないぞっと。。

 将棋の内容もいかにもベテランvs若手といった感じで、先手ベテラン深浦さんは伝統ある矢倉囲い、後手若手増田さんは古くて新し囲いの雁木。「矢倉は終わった」なんて発言をしている増田さんが、矢倉をどう潰すのかを参考にしたいと思っていたのですが、打開できずにこう着状態(^^;)。以降は、こう着状態のときは端攻めという増田さんと、構想を練って敵の角筋を逸らしながら端桂まで跳ねて打開を目指した深浦さんの戦い。しかし打開を目指した深浦さんの構想は強引だったか成立せず、負債として残った端桂の桂頭を狙われて1筋端を攻められてピンチ(^^;)。今日は1筋と9筋両方の端攻めの攻防戦が中心となった将棋になりましたが、端桂を咎められた深浦さんがマルっと桂損してさすがに不利、増田さんの勝ち!

 いや~でも今日の将棋で、A級ベテランとC級若手実力派の棋力差を測るのはちょっと無理かも。なんせ、「こう着状態になったら、テレビ的な意味で多少無理筋でも上位者が打開してあげる」というNHK杯っぽい展開でしたもんでね(^^)。これ、順位戦とかタイトル戦みたいなガチ将棋だったら、深浦さんはあんな強引な事はしなかった気がします。それにしても、1筋の端の攻防は見ごたえありました、端桂を狙いに行った後手がいいに決まってるんですが、それをカウンターであそこまで逆襲してしまうんだからやっぱりA級棋士はすごいと思ってしまった。深浦さんってタイトルを何期も取ってるしA級でもあるし間違いなく強いですが、でも羽生さんや渡辺さんと比べるとじゃっかん地味というか、ブッチギリではないじゃないですか、しかも年齢的にもとっくに下り坂のはず、それでもやっぱりすごいなと。あと、1筋の攻防戦、僕だったらノータイムで香を打って後手の飛車を拾ってたと思うんですが、なんかそれじゃヤバい筋があったんでしょうね。端攻め、奥が深かったです(^^)。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR