がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第67期王将戦予選 菅井竜也 vs 藤井聡太 (先手ゴキゲン中飛車)

20170804王将67予選_菅井vs藤井聡_先手ゴキ中12手 現在タイトル戦で羽生3冠に2連勝している菅井さんと、今期29連勝というプロ連勝記録を作った藤井聡太くんの対局という好カード!予選といえど、これは観ないわけにはいかないぞっと(^^)。

 王位戦での羽生さんとの対局にしてもそうですが、菅井さんの将棋は序盤早々がムズカシイです、12手目盤面図なんて序盤も序盤ですが、こんなスタート見た事ないよ( ̄0 ̄)゛ウヒョ~。。多少の損得よりも、手が広い&まだ形成にそれほど影響が出るとは思えない段階で、相手の研究範囲の外に出たいという事なのかなあ…。僕だったら、こんなの指されたら絶対時間つかっちゃうわ。。この後、振り飛車はよくある形に合流したんですが、居飛車側は早々に△73桂の形を作らされ、この桂頭を狙われてしまいました。角換わり矢倉でも現在大流行のはやい桂の跳ね出しですが、やっぱりうまく指さないとプロでも的にされちゃうんだなあと実感。

20170804王将67予選_菅井vs藤井聡_先手ゴキ中49手 ちょっと進んだ49手目盤面図。この盤面図をどう判断するか、これはボクの棋力ではとっても難しい…ちょっとでも熊れてるとそれを過大評価しちゃう僕なんですが、聡太くんはこの局面をどう判断したんでしょうね。そして、ここからの将棋がすごかった、両者のすごさが出た感じでした!手番は後手が握ってますが、はやく跳ねだした桂頭を突かれて桂取りの状態、後手は角の成り込みを狙ってここまで将棋を進めてきたという事もあるし、普通は△85桂と跳ねて、桂を逃げると同時に銀取りを確定させて、その後の角の活用に行きたいと思うのが普通と思うんですが、ここで藤井さんは一気に踏み込みました!!

△86飛▲同飛
 うおお、いきなり飛角交換に行ったああ!

△77角成▲同桂
 続いて角銀交換に踏み込んだああ!!いや~派手な駒損を繰り返してますが、これは駒台に駒を補充して、まだ薄いうちの穴熊を一気に仕留めにかかったか?!恐怖の終盤力を持つ人にこういう踏み込みをされると、指された方は生きた心地がしないでしょうね(^^;)。。

△38銀▲47歩△49銀成(56手目盤面図)
 藤井くん、角と交換して手に入れたばかりの銀をまだ薄い段階の穴熊に打ち込んだああ!!これは激しい踏み込み、仮に▲33同金としてしまうと△同とのあとの△55角がいきなり厳しいですか…。というわけで▲47歩は必然、しかしそれに対して金を拾った△49銀が成りなんですね、これって普通なら不成として次に△38銀成という余地を残しておきたくなるもんだと思ったんですが、なぜ成ったか…菅井さんの次の一手を見るまで気づかなかった僕はやっぱりアマチュア弱小でした(T_T)/。。

20170804王将67予選_菅井vs藤井聡_先手ゴキ中56手▲38飛△35歩▲73歩成
 △49銀としてくれたんですから、次に速い攻めとなる△38銀成はないわけで、これは狙い続けた桂を食いちぎる待望の▲73歩成と行きたいじゃないですか、しかもそれが銀取りになるし、その後飛車もなり込んで薄い後手陣を一気に寄せられそうでもあるし。でも、仮に▲73歩成とすると…いやあなるほど、△38金と打ち込み、以降は△28金▲同玉のあとに△39角の打ち込みがあるのか、だから銀は成りだったのか、今ごろわかったよ(&p゚ω゚*)。これがあるから藤井さんは桂を逃げずに一気に踏み込んだんですね。というわけで先手は受けないといけませんが、菅井さんの指し手は、なんと自陣飛車!いやあなるほど、敵の打ちたい所に打て&金取りの攻防手なのか、驚いたよ…。これはひと目いい手、指されればこの一手ですけど、これを見つけられるかどうかは天と地ほどの差なんでしょうね。これがみごとな先手の切り返しで、後手は△35歩と受けるしかなくなり、ここで手番が入れ替わって先手は悠々と▲73歩成で桂を補充、しかもそれが銀取りにもなってるというわけで、プロ的にはここで勝負ありだったんじゃないかと。結果、81手という短手数で先手が仕留め、菅井さんの勝ち!!

 さて、あの聡太くんの踏み込みのところ、後手がどう考えていたんでしょう。果たしてあの自陣飛車の攻防手が見えていたかどうか…さすがにボクみたいなアマチュアと違って、プロなら△49銀成に対して次の△38金を受けないといけないというのはすぐにわかると思うんですが、受けるなら第一感として▲39歩あたりと思うじゃないですか。でもそうすると、△38歩と合わせられてから△64角と飛車取りと△28角成~△39銀~△35金みたいにして上下挟み撃ちにされて、これは先手ヤバそうな展開になってたのかも。あの自陣飛車、僕にはまったく見えてませんでしたが、プロだとどれぐらいの人が見えるんですかね…もし仮にプロなら結構な人が見える手だったとしたら、聡太くんの踏み込みは、既に形勢を悲観して暴れにいったという事だったのかも。そうじゃなかったとしたら…やっぱりあの菅井さんの放った自陣飛車がプロでも見えにくい見事な好手だったのかも。いやあ、ものすごい踏み込みとそれを一撃で切り返す攻防手、居合抜きのような将棋で凄かったです(^^)。しかし、菅井さんはとんでもなく強いですね、これは羽生王位ピンチかも…。。


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR