がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第30期竜王戦挑戦者決定戦 第1局 羽生善治 vs 松尾歩 (横歩取り△33角85飛)

 ついに来ました竜王戦の挑戦者決定3番勝負!僕は竜王戦の本戦トーナメントがプロ将棋の中で一番好きなんですが、今期は慈明さんの研究手に沈みかけた羽生さんの大逆転劇あり、藤井聡太さんによるプロ連勝記録更新となった一番あり(これも見事な逆転劇でした!)、現在化け物じみた強さになってる久保さんが松尾さんに仕留められた一番ありと、例年以上の盛り上がり。そして今回の3番勝負は、遂にタイトル戦挑戦なるかという松尾さんにとっての人生の大一番でもあり、ついに永世竜王なるかという羽生さんにとっての大一番でもあります(^^)。しかも両者、王将戦など他棋戦の予選をきっちり捨てて万全の態勢(^^)。う~ん楽しみだ。。

20170814竜王30挑決1_羽生vs松尾_横歩85飛37手 振り駒で羽生さんが先手、横歩取りに進み、これは勇気流来るか…と思ったら、飛車を引きました。勇気流は、今いかにも後手が対策してそうな形ですから、相手の研究にハマらないためには勇気流に行かない方がいいんでしょうね。一方後手の松尾さんは△85飛!僕の△85飛破りは▲羽生△渡辺戦を参考にしたところから始まってるもので、羽生さんなら先手から角交換して左桂を跳ねて飛車に当てるよなあ…と思ったら、やっぱり羽生さんはそうしました(^^)。後手の飛車の引きどころは84、そこから後手は先手の飛車を引かせた後に先手の左桂頭を狙いに行ったところで、羽生さんが▲95角と飛車取りに打ち込んだのが37手目盤面図。ここで松尾さんは昼食休憩を挟んでの大長考。ボクはこの定石を知ってるんですが、最初に学んだ時は感動しました。まず、いかにもありそうな△94飛とすると…

△94飛▲62角成△同金▲85銀
 というわけで、角切りから飛車を詰まされ、これは先手優勢。級位のころ、これを喰らって瞬殺された事があります(^^;)。あと、△94飛でなく△82飛と引く将棋も感動的な定跡があって…

△82飛▲35歩 (これで桂頭の攻め合いは先手がはやくなる)
△64角 (飛車取りが決まったかに見えるが…)
▲34歩 (なんと飛車取りを受けずに桂頭攻めを継続!)
 で、そのまま△28角成▲同銀と飛車を取ってしまうと、次の▲23歩と一発叩かれてからの▲55角が強烈でこれまた先手優勢、みたいな感じ。だから飛車はすぐには取れず、代えて△45桂と跳ねると、それもそれで▲25飛と走られて先手十分。というわけで、△64角を狙う筋は成立しそうになし。だから△82飛と引く時は他の手を用意できていなければちょっと厳しい感じで、だから△83飛が増えてるんでしょうが、これはボクは未研究(^^;)。松尾さん、昼食休憩の時間を入れると2時間を超す大長考は、ここが中盤の山場と完璧な読みを入れてるんでしょうね。

△82飛▲35歩
 おっと、大長考の末に松尾さんは△82飛を選択。これはどこで変化するのか…

△55角
 おお~新手キタ~(゚∀゚)~!!
でもこれ、△64角と兄弟みたいな手ですね。普通に▲34歩と突っ込んでいったらどうなるんだろうか…

20170814竜王30挑決1_羽生vs松尾_横歩85飛45手▲62角成△同飛▲46銀△64角▲34歩(45手目盤面図)
 羽生さんも手を変えたあああ!!角を切って手にした銀で飛車取りを受けました!いや~狙いがはっきりしない難解な局面で大駒を切る事の出来ないボクとしては、この順は先手おっかない気がするんですがどうなんでしょうか。それでも、▲34歩と先に桂頭を押さえた事で先手は十分な見返りがあるという事なのかなあ。あと、△64角と△55角の狙いの違いが、恥ずかしながら僕にはよく分かりません。▲46銀が当たってくる分だけ△55角の方が損に見えるんですが、逆にいうとその筋を指させる為に△55角と打って先手の角切りを誘い込んだのかなあ…横歩の中盤ってムズカシイです。。

 ここからは、飛車のコビンを狙い続ける後手の64の角と、それを指させる前に後手左辺を崩しにかかる先手の戦い。これがメッチャクチャ難解な将棋で、そもそも先手が飛車角交換を許すのと引き換えに踏み込んだ場合、それで先手がいいのかどうかの僕にはさっぱりわからず(>_<)。。ただ、羽生さんは飛角交換や角の成り込みを許す順を徹底して避けていたので、その踏み込みはヤバいんでしょうね。というわけで、羽生さんは駒損しながらも後手の角を捌かせずに飛車交換に行き、玉型の堅さの差を主張する構想。これで殴り合いの終盤になり、これが棋譜中継で(ニコニコ動画追い出されてしまいました- -*)一基さんが「理解ができない」というほどの難解さ。しかし難解な寄せ合いになると羽生さんの方が一枚上だったようで、127手にて先手羽生さんの勝ち!羽生さん、先に竜王挑戦にリーチをかけました!!

 手に汗握る中終盤でした!とくに終盤の寄せ合いで、両者1分将棋に突入して、どっちが勝ってるんだかわからないハラハラさは将棋観戦の醍醐味ですね(^^)。松尾さん、最後は競り負けてしまいましたが、最後の最後まで羽生さんと互角に斬り合っていたのはみごと。両者ともに他棋戦を幾つも捨ててこの勝負に挑んできている集中力が伝わってくる、熱い勝負でした!


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR