がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

51回東急百貨店将棋まつり 松尾歩 vs 羽生善治 (横歩青野流)

 松尾さんが久保さんを破り、羽生さんが稲葉さんを破った事で、今期の竜王戦トーナメントの挑戦者決定戦は羽生さんvs松尾さんになりました。この両者の対局って、実はついこの間の将棋まつりで実現してましたよね。そしてその将棋って青野流だったのでした!竜王戦挑戦者決定戦3番勝負のうち1回は横歩青野流かそのバリエーションの勇気流は飛び出しそうなので、これは竜王戦挑戦者決定戦での対戦を見据えた探り合いのプレ対局だったといえるかも。これはちょっと振り返っておきたいっす。

20170729将棋まつり51_松尾vs羽生_横歩青野流27手 超重要な直接対決が直後にあるかもしれない状況だったので、秘蔵の序盤研究を使うはずもなく、だから勇気流じゃなくて似て非なる青野流が選ばれたのかも。探りはいれたいが隠しておきたいところは隠しておきたい、みたいな(^^)。そして…羽生さんの青野流封じが凄まじいです、松尾さん、飛車の動きを完全に封じられ、なんとか打開したいのに全部弾き返される(T_T)。27手目盤面図の特徴としては、、先手としては横歩を取られた後に▲77角じゃなくて▲77桂としている点、青野流で引かないままの飛車を▲84飛△83歩▲34飛として後手に8筋の歩を打たせたところあたりが特徴でしょうか。後手からすると△52玉型を取って3筋の駒に玉の紐がついてないので△31銀保留としている所、右辺の駒の配置に2手しっかり使って金銀を前に出してガッチリ構えたところ、▲77桂に対して飛車を引かないままという所が特徴でしょうか。僕は青野流の勉強は▲77角型ばかりに夢中になってまして、▲77桂は△55角の一点張り(^^;)。しかしここからの羽生さんがすごくて…

△44角
 え?なにこれ?手の意味が一瞬わかりませんでした。えっと…ああ~なるほど、次に△33金の飛車詰めろなのか、全然気づかなかった(^^;)。。いや~こういうのがパッと見えるのがすごいなあ。そして、この△44角が青野流の飛車を完全に封じ込めてしまいました。。

▲45桂△75飛▲22歩△同角
 飛車詰めろを解除する桂跳ねに、その桂に狙いを定める飛車引き。そしてなかなかの痛打に見える手筋の▲22歩△同角ですが、実は後手なんでもない。これがこのあと3回ぐらい出てくる手の交換で、この角の動きで先手は飛車を浮いた青野流側の攻撃をも完全に封じられてしまうのでした。いやあ、青野流▲34飛36歩&角交換のない▲77桂という形に対して、△32金31銀&44角で飛車詰めろにしてしまって、先手から打開に行こうとしてもこの角の動きだけで青野流の飛車の働きを封じ込めてしまえるのか…やっぱり羽生さん凄いわ、これはいいものを見た、覚えておこう(^^)。

 このあと、先手の攻めは2筋の歩の打ち込みが中心になるんですが、それはすべて角のピストン運動だけであしらわれ、飛車詰めろをほどくために跳ねた▲45桂を狙われ続け、ようやく後手の飛車を捕まえたところでズバンと飛車銀交換の飛車切りから一気に寄せに踏み込まれ、なんと66手にて後手羽生さんの勝ち。恐るべき青野流▲77桂型破りでした(゚д゙)スゴスギル。。

 いや~、勇気流にも使われる本筋▲77角型を使わなかったところが、松尾さんとしては手の内を隠した格好だと思うんですが、そういう本筋じゃない将棋でも羽生さんはバッチリ咎める構想のイメージが作ってあるというのが分かった感じ。また、力将棋になると66手で仕留めてしまうほどの棋力差がある事もこの将棋に現れてるかも。持ち時間が多くなったらその差は詰まるとは思うんですが、松尾さんは強いし好きな棋士ですが、さすがに羽生さんとは格の違いがあるかも…と思えてしまった1番でした。でも最近の将棋で怖いのは、序盤研究の恐ろしさがある事。なんてったって松尾さんは竜王戦1組優勝、本戦でもただいま鬼神のような強さの久保さんを研究じゃなく手将棋で仕留めましたからね。これが持ち時間の多くなる将棋で、さらに研究に羽生さんを引っ張り込めたらどうなるか分かりません、しかも羽生さんは王位戦や王座戦との掛け持ちになりそうですし。これらの条件で、どこまで羽生さんとの差を縮められるか。でもこの棋譜を見ると羽生さんが勝ちそうだな…(小声)。いや~今から竜王戦の挑戦者決定3番勝負、楽しみです(^^)。




 
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR