がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第30期竜王戦決勝トーナメント 羽生善治 vs 稲葉陽 (横歩勇気流)

 昨年から厳しい戦いの続く羽生さん。今期、棋聖戦は3勝1敗で防衛しましたが、王位戦は2連敗中。順位戦も豊島さんに負けて早くも黒星がつきました。とはいえ、いまだ三冠ですからね(^^)。齢をとった達人が、それでもギリギリで勝っていくって、いちばんカッコいい。野球でも、剛腕にまかせて相手を圧倒していた若いときの江夏より、緻密なコントロールと多彩な変化球を駆使して相手を封じたベテラン時の江夏の方が好き。ピアニストでも、若さのパワーにまかせて圧倒するポゴレリチみたいな人より、老いてなおいぶし銀の輝きを増したホロヴィッツみたいな人が好き。ボクとしては、40代後半に入った羽生さんには、順位戦は降級しなければいい、王位も失っていい、だから竜王戦だけはなんとしても勝ちあがって永世竜王&永世7冠になって欲しいです!

 将棋は羽生さんの先手、横歩取りから勇気流になりました!羽生さん、勇気流を連続採用(^^)。でも、横歩は稲葉さんも得意の将棋、研究でいえばタイトル戦連戦になってない稲葉さんの方が深く研究できてるはず。さて、どうなりますか。。

20170731竜王30TN_羽生vs稲葉_横歩勇気流40手 難解な将棋、先手羽生さんは左が壁形になって、飛車角が狭い所に密集してしまい、なんとも窮屈な格好。後手稲葉さんは飛車角の働きは良さそうだけど、王様すっ裸(^^;)。40手目盤面図なんて、僕が先手だったらなにを指していいやら分かりません。いや~こんな形からうまく纏めてしまうんだから、A級棋士は違います。しかも、先手が飛車角の動きを封じられ、飛車交換も先手の方が避けたいぐらいのはずだったのに、7~8筋中央付近の戦場でゴチャゴチャやっている間に、大駒の動きを封じられたのがいつの間にか後手になってる(^^;)。そこがすっきりしてきたころには先手は既に寄せに入っていて、こうなると羽生さんは逃しませんでした。結果、99手にて先手羽生さん勝ち、挑戦者決定3番勝負に進出です(*・∀・)ノ゙ オメデトォ!

 マジでうれしいっす。将棋初段になって免状を貰おうとがんばり、どうせなら羽生さんが永世7冠を取った時の免状が欲しいとなってはや5年。ところがその間、羽生さんは竜王を取るどころか、挑戦すら出来ずじまい。いちばん惜しかったのは2014年の糸谷さんとの決勝3番勝負に進んだ時ですが、あの時は糸谷さんの時間攻めの前に羽生さんも森内竜王も屈してしまったんでした。以降チャンスは回ってこず、去年に至っては決勝トーナメントにすら残れませんでした。今年のトーナメントは今日の稲葉戦か、決勝で久保さんか聡太くんが残っているとそれが山場になりそうと思ってました。しかしこれで最大の難所は越えた感じでしょうか。ここまで来たら渡辺vs羽生の竜王戦が見たい、なんとか松尾さんとの番勝負に勝ち越してくれ~(松尾さんもがんばってね)!でも…僕はとてもじゃないけど4段になれる気がしないので、もう免状をもらうのは無理かも(T_T)。。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR