がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第38期将棋日本シリーズ 山崎隆之 vs 三浦弘之 (横歩取り)

 東京は夕方に突如の大豪雨、僕の洗濯物が犠牲になりました(^^;)。さて、今日はJT杯で山崎さんと三浦さんの対戦、これがメッチャ勉強になりました!

20170729日シリ38_山崎vs三浦_横歩勇気流20手 20手目盤面図は、先手勇気流になるかなという所から後手三浦さんが角交換、その直後に△27角と打ち込んだところ。いやあ、横歩の後手からのこういう超急戦は指されると生きた心地しないっす(^^;)。根拠があるわけじゃないですけど、△45角戦法にしても相横歩にしても、横歩超急戦は先手が死ぬほど追いつめられるけど正着を指し続けると先手が良くなるパターンが多いので、先手の山崎さんがどう受けるか、メッチャ興味津々(^^)。

▲38銀△45角成▲24飛
 金取りを防いで銀を角にぶつけて弾き、その角を飛車にぶつけ、その飛車は逃げつつ成り込みを狙う、というわけで、ここまでは必然でしょうか。ここまでだけだと後手だけ馬を作れて後手がいい気もするけど、横歩超急戦はそんなに甘くないんですよね(^^;)。

△22歩
 ここで△35馬みたいに飛車を追いに行くと▲21飛成でゲームオーバー。というわけで、速い攻めとか味のいい手がみつからないなら後手は一度2筋を受けるのが普通かな?しかし、歩を打つにしても飛車に当てつつ形のいい23に打つものだと思うんですが22なのか、なんでなんだ?う~~~んこれは弱小アマの僕には理解出来ません(´・ω・`) コマッタモンダ。でもA級棋士の指し手ですからね、なんかある気が…

▲77桂
 ここで先手は横歩に紐をつける▲26飛とかを指すと…△44馬が両取りなので指したい▲26飛はしばらく指せそうにありません。う~んこれは先手の飛車は思ったより狭いかも。というわけで、先手ここは攻めではなく狙われた左辺を守りに行く手を指すべきなんでしょうが、守るなら▲87歩の一手かと思ってました。いやあなるほど、受けつつ攻めっ気の強い手を選ぶのか、これが通るなら桂を跳ねだせる分だけこっちの方が良さそうですね。さりげない一手ですが、僕ではこの手は選べない…この手をみただけでもこの将棋を見た価値がありました、勉強になるなあ(^^)。

△82飛
 超急戦系の横歩の恐ろしい所は、はやい段階からこうやって大駒が飛び交って、手が広いのに少しでも読み抜けると一気に敗勢になってしまう事。ここ、後手が横歩をかすめ取るとどうなるか…例えば△76飛▲87銀のあと、△74飛と引いて飛車をぶつけると…相横歩みたいな将棋になるのか。そこで先手が強く▲74同飛△同歩と飛車交換すると…ああなるほど、次の▲85飛が馬桂両取りになるのか、これは先手がいいですね(^^)。じゃ、76じゃなくて△75飛と引くと…なるほど先手は36か27に角を合わせにいって馬を消せるのか、なるほど馬を消せるから桂跳ねして横歩をとらせても大丈夫なんですね。というわけで、後手はここで飛車を深く引きました。しかし…

▲84歩△35馬▲28飛△84飛
 先手は6段目に引けずに4段目にいる飛車を活用して後手飛車を止めました。しかしここで後手が馬で飛車を追って下げさせ抑え込みを解除、しかしここで先手は…

20170729日シリ38_山崎vs三浦_横歩勇気流33手▲26角△同馬▲同飛(33手目盤面図)
 うわあ、ここでもやっぱり馬に角を合わせて消せるのか!いやあ、▲84歩と抑えにいったら後手はこうやって指しそうなもんじゃないですか、山崎さんこれは騙しに行ったな( ̄ー ̄)。。先手が後手馬を消した33手目盤面図は、先手は受けながら▲38銀も▲88銀も▲77桂も指せて万全の駒組みを仕上げ、後手は△22歩なんて変な歩を打たされるわ玉は立てない右銀や右金にも手を入れられない桂もはねられない、跳ねだす歩もつけてません。暴れにいった後手が受け切られてとんでもない手損だけが残った感じ、これはすでに先手よしなんじゃないかと。

 この後、もうひとつ勉強になった事がありまして、横歩の△33桂の形に対して、先手は▲45桂と桂を合わせにいってこの桂を消し、角のラインをこじ開けた事。道場でたまに△33桂戦法をやられる事があるんですが、これにけっこう手こずる事がある僕としては、いい手筋をひとつ教えてもらった気分(^^)。山崎さん、有難う!以下、踏み込みの鋭い山崎さんが一気に後手玉に迫り、71手という短手数で先手山崎さんの勝ち!いやあ、横歩超急戦でいつもやらかす僕としては、すごく勉強になった将棋でした。面白かった!

 この将棋、三浦さんの一方的な負けに見えますが、でも横歩の後手で超急戦に行ったら、負ける時はこんなもんですよね。タイトル戦でない棋戦だし、研究は隠して力戦調の将棋を選んだという事かも。それをぐうの音も出ないほどに咎めた山崎さんが強かったという事でしょう。山崎さん、本当に強いです。僕の中では山崎さんと勇気さんはすごく似た印象で、こういうとんでもない強さを見せるのに格下相手にボロッと負ける(^^;)。取りこぼしさえなければ、とっくにA級だったと思うんだけどなあ(o´・ω・`)。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR