がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第30期竜王戦決勝トーナメント 丸山忠久 vs 稲葉陽 (相掛かり)

 竜王戦決勝トーナメントは、どの将棋も序盤から激しくいく順の将棋ばかりで恐れおののいてます(^^;)。今のプロはどれだけ早く相手よりも先に変化して自分の研究にひきずりこむかという戦いのようです。今日は、昨年の竜王挑戦者の丸山さんと、名人挑戦者の稲葉さんという、あともう一歩で頂点に立てた人同士の戦い!いや~、丸山さんの強手連発の棋風、僕にはとうてい真似できないので大好きなんです(^^)。

20170710竜王TN_丸山vs稲葉_相掛14手 将棋は横歩取りのような出だしで14手目盤面図。僕は横歩も指すんですが、相掛かりがちゃんと勉強できてないもんで、ここから数手がちょっと怖いんです。というのは、ここで先手が横歩を取れば、超急戦にせよ△33角戦法にせよ横歩に進む事が出来て、勉強してきた横歩の定跡が使えるんですが、▲87歩とか▲28飛(これは後手優勢と棋書で読んだんですが、しかしボク程度の棋力では咎めるのは容易でない…)みたいな手を指されると相掛かりに合流しちゃうので、ドキドキなのです。さて、先手の丸山さんは…

▲58玉△52玉
 あら~どっちも横歩を取らないよ…。
僕は横歩とか角換わりとか矢倉とか、決まった形をまず目指すんですが、将棋って実際には早い段階でけっこう未知の局面に飛び込めちゃうんですよね。横歩と相掛かりは特にそう思います。そして丸山さんは…

20170710竜王TN_丸山vs稲葉_相掛19手▲22角成△同角▲77角(19手目盤面図)
 うあああ、はやくも角交換からの両狙い!はやくも激しい順マニアの丸山さんの将棋に突入です!!いや~逆45角戦法みたいな形になりましたが、これって△45角戦法とか相横歩の激戦定跡みたいなもので、実はもうどっちかがいいんでしょうね、僕にはどっちがいいのかはさっぱりわかりませんが(^^;)。実際にはそれなりに前例のある形みたいですが、僕はまったく分からず。相掛かりの勉強したら出てくるのかなあ、やっぱり角換わり▲4八金・2九飛型より相掛かりの勉強を優先すべきか…。。

△89飛成▲22角成
 ここまでは必然、問題はここでの後手の指し手です。横歩の超急戦とかだと、こういう所で「うおお、そんな手があるのか?!」みたいなのが最善手だったりするので、きっとなんかあるんでしょうが、ぜんぜん分からん。。△23歩とか?いやあ、そんなんじゃなくって、こういう所ってなんかあるんですよね…

20170710竜王TN_丸山vs稲葉_相掛25手△15角▲21馬△24角▲32馬(25手目盤面図)
 なんという激しい順を選ぶんでしょうか、互いに攻めっ気タップリです(゚ω゚;)。 稲葉さんの△15角はなるほどと思いましたが、しかし先手は飛車を引かずに2枚替えに行くのか…。でも、これは僕みたいなヘナチョコにはありえない順で、僕的な形勢判断では後手+3000、みたいな感じ。理由はふたつで、こういう形の玉形を右から竜じゃなくて馬で寄せるのは至難の業という事と、逆に先手は次に△86桂を喰らうと激痛という事。僕なら、40手行かずに投了もある形としか思えない。。

△86桂
 やっぱりそうですねよね(^^;)、僕にはこれで先手陣崩壊、後手陣に迫るにも速い攻めがないようにしか見えないんですが、一体これでどうするのか。…しかし、ここからの丸山さんの指し方が実に勉強になりました!

▲69金△28歩▲同銀△78桂成▲同銀△99龍
 間に△45角戦法でも出てくる△28歩▲同銀の交換が挟まりましたが、先手は金を貼って金桂交換をしつつ、金銀の連結の形を整えながら桂を取った手を飛車に当てて手番を奪回。いやあ、これは見事。しかしこの程度では僕的にはまだまだ後手+1000ぐらいの印象なんですが(^^;)…しかし、ここで後手の龍が8筋から9筋にどいたのが、先手にとってメチャクチャ大きい一手になるかもしれません。だって、8筋にいるうちは後手龍は攻防に利いてるわけなので、これで先手から▲83角とか▲83銀とか▲84桂とか、この形での後手右辺からの押さえ形が利く事になりました(^^)。まあ、角は今は持ってないですが。

▲25歩△26飛
 ここもなんという難しい手を互いに指すんでしょうか、すげえ。▲25歩という角の追い方も、いかにも裏から飛車とか香を打ち込まれそうな怖い追い方だし、またそれに対する後手も角を逃げないままいきなり飛車の打ち込み。ここでの先手の応手もムズカシイですね、挟撃形を許してでも角を抜きに行くか、それともいったん銀を躱すか…いや~難解だ。。

▲39銀△25飛▲33銀△29飛成▲24銀不成
 先手の丸山さんは難しい順に行ったように見えましたが…ああ~なるほど、飛車を打ち込まれても銀を抜かせずに▲49金39銀という形で受けられれば右辺からの攻めを遅らせる事が出来るという事かな?しかも後手の角も抜けたし、僕的な形勢判断では後手+800ぐらいまで差を詰めた感じ(^^)。。しかしそれでもこの後手玉は遠く見える…先手の馬が竜だったら一瞬なんですけどね(^^;)。

 さて、今は夕方5時ごろ。ちょっと出かけなくちゃいけません。帰ってくるまでやっててくれればいいけど…なんか決着が早そうな形の気もします(^^;)。

 帰ってきました!おお~まだやってた、難解みたいでお互いに長考を繰り返したみたい、まだ60手代なのに9時を超えてる(^^;)。将棋は2枚の龍と2枚の馬の対決になってましたが、これは龍の方が強かったです。最後は丸山さんが粘るも、98手にて稲葉さんの勝ち!!

 終盤の稲葉さんの速度差を計算しきっての冷静な垂れ歩や玉捌きはさすがでした。大体じゃなくって、ちゃんと見切ってるんですね、さすがトッププロ。しかしその後、簡単に寄せさせない丸山さんもすごかった。稲葉さんが攻めあぐねて受け潰しに回ったところできっちり詰めろを何度も入れて「のんびりしてるとひっくり返すよ」と迫る丸山さんが、「あ、なるほどこれも詰めろか…」「あれ、これも詰めろじゃね?」って感じ。79手目▲61馬も詰めろ、83手目▲87香も詰めろ、91手目▲55馬も、97手目▲96金も詰めろですよね…。いや~、もう優勢だと思ってこれが詰めろになってる事に気づかないと一瞬で負かされるという(^^;)。。あれだけ追い込まれても稲葉さんが一手でも緩手を指した瞬間に勝敗が入れ替わる所まで持っていく技術はさすがでした。見え見えの詰めろはさすがに僕でも分かりますが、▲77玉みたいなのはウッカリしやすいんじゃないかなあ、僕なら3回ぐらい頓死されられてた気がします(^^;)。
 結局、25手目盤面図から丸山さんは後手玉を捕まえきれなかったわけですが、丸山さんでも捕まえられないんじゃ、僕がいつもああいうのを寄せられないのも仕方ない(^^;)。というわけで、やっぱりああいう形にしたら実践的には勝つのが難しいという事なんじゃないかと。羽生さんや聡太さんみたいな寄せ力がとんでもない人なら寄せるのかも知れませんが、趣味で将棋やってる程度の僕みたいな人には踏み込んではならない将棋という気がしました。いや~それでも序盤から一手の価値が高い将棋で、見ている分には最高に面白かったです!

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR