がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第58期王位戦 第1局 羽生善治 vs 菅井竜也 (角交換振り飛車)

 今期の名人挑戦は稲葉さん(28歳)、棋王挑戦千田さん(23歳)棋聖挑戦斎藤さん(24歳)、そして王位挑戦は菅井さん(25歳)。全員20代です。いや~羽生世代&渡辺さんの争いだった数年前に比べると、新興勢力の20代棋士の台頭が著しいですねえ(^^)。20代棋士は今のうちにタイトルをとっとかないと、後ろからスゴイのが追ってきてるしね( ̄ー ̄)。

 挑戦者の菅井さんは振り飛車中心のオールラウンダー。王位リーグで渡辺さんを破ったのも角交換振り飛車だったし、挑戦者決定戦の澤田戦でも角交換振り飛車でした。そして初のタイトル挑戦となったこの王位戦第一局は…角交換振り飛車だああ~~!!これで勝ち上がってきた以上は伝家の宝刀で勝負ですよね、やっぱり。こういう自分独自の戦型をひっさげて向かってくる人って、キャラが立ってていいですよね(^^)。居飛車大優勢のプロ将棋なので、角交換振り飛車をタイトル戦でじっくり見られるのは有り難いです。
20170705王位58-1_羽生vs菅井_後手角交換振飛車29手 菅井さんが王位戦決勝リーグで渡辺さんを葬ったのは三間飛車から角交換して向かい飛車に振り直す指し方でしたが、この第一局もおおむねこういう感じでした。僕の角交換振り飛車の対策はぜんぜん間に合ってませんで、角交換四間飛車対策を応用してなんとかしてます(^^;)。端的に言うと、「強敵は向かい飛車への振り直しで、これを何とかこらえて隙あらば穴熊」というだけ(^^)。。居飛車を指していて角交換振り飛車が厄介なのは、居飛車側の玉型が悪いんですよ。。でもって、この将棋での羽生さんの戦い方が見事。いきなり穴熊ではなく、▲66角を打って(ここに角を打つのは角交換振り飛車で向かい飛車にされた時の振り飛車の急所…ですが、こんな状況でも打つのか!!角が逮捕されそうでおっかねえ…)攻めを見せ、戦いながらいつの間にやら玉形を整え、しかも穴熊に潜ったのでした。いや~角を打つタイミングは別としても、やっぱり角交換振り飛車に対しての構想はおおむねこういう方針ですよね(^^)。しかし、後手菅井さんが飛車を5筋に振り直してからは超難解な将棋になり、まったくついていけなくなってしまいました(T_T)。これは中盤終わりもそうで、居飛車も振り飛車もどちらも穴熊に潜った状態で、どちらの玉にも近い所が戦場になったもんだから、中盤と終盤が一緒になったような感じになって、受けと攻めがどちらも一体の速度勝負になってました。いやあ、これは難解だ…。。そして最終盤、1時間以上の持ち時間の差が影響してか、羽生さんが強引な角の打ち込みから寄せに踏み込みますがこれが失敗、144手にて菅井さんの勝ち!

 時間攻めでの敗退といえば、森内-糸谷の竜王戦を思い出します。早指しは若い人が有利なんて言いますし、実際それもあったかも知れないけど、この前の棋聖戦の一手バッタリはそうじゃなかった。今日の羽生さんの終盤での強引な角打ちが一手バッタリの敗着だったとしたら、羽生さんは2局続けての一手バッタリという事になります。羽生さん、この前の棋聖戦といい、終盤で若手に競り負けてるみたいです。これまでは、互角でいったら終盤は羽生さんのものだったのに今は競り負けてしまう、これは衰えでしょうか(T_T)…。大山さんが中原さんにタイトルを全部剥がされたのが49歳の時、羽生さんは今年47。近年、森内さんや郷田さんといった羽生世代の超強豪が急激に衰えているように見えます。その中で羽生さんだけは名人を奪い返したり3冠を維持してたりしたんですが…羽生さん、藤井聡太くんがタイトル戦に出てくるまで、なんとか頑張ってくれ~!!


関連記事

コメント

No title 

いつも楽しみに拝読しております。

棋聖戦の斎藤7段戦は確かに一手ばったりでしたが、
この一戦は、角打ち込みの前から模様があまりよくないような気がしますねー。
むしろ角打は状況がよくないことを自覚しての勝負手(相手が間違えることを期待した)かと思います(具体的にどこから悪いかと言われると私の棋力では...なのですが 汗)

相穴熊戦難しいですよね。
高段でもないアマチュアから見ると、先手の穴熊の天井と玉の居住スペースが遊離してしまった時点で、どうにもこうにも方針が難しい気がします。


  • 名無し 
  • URL 
  • 2017年07月07日 08時22分 
  • [編集]
  • [返信]

Re: No title 

名無しさま、書き込みありがとうございます。

たしかに、角の打ち込みの時点では、先手は受けが難しいように感じますね、速度も追いついていない感じがしますし…。
感想戦では、105手目の▲8六歩よりも▲8二銀成から抜いた金を受けに回した方が優ったという見解になったようですね。抜粋すると、
「▲8二銀成△同銀に、(1)▲8八金打の順は両者ともに気がついていなかった。検討の結果、△8七歩成(A)▲同金右に△6七銀、(B)▲8七同金直は△5六金で後手の攻めがうるさい。羽生は改良案として、(2)▲4五銀△同桂▲8八金打の順を示した。(中略)以下、△8七歩成▲同金直△8六歩▲同金寄△6六銀▲8五歩△7三角▲6九飛の順が示され、ここまで進むと先手が面白い。」

相穴熊、手をつけられ始めると手抜きのしにくい形なので、受けに徹する決断が必要がある状況もある、という事でしょうか。むずかしいなあ。それにしても、羽生さん、ちょっと心配です。
  • ShougiX 
  • URL 
  • 2017年07月07日 12時14分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR