がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第88期棋聖戦 第3局 斎藤慎太郎 vs 羽生善治 (後手藤井システム)

 昨日は明け方まで友人とファミレスで話し込んでしまった、クソ眠いzzz。そうだ今日は棋聖戦だった、戦型だけ確認したらもうひと寝入りするか…うおおおお、羽生さん、後手藤井システムだあああ!!!いっぺんに目が覚めてしまいました(^^;)。いや~、若い棋士は藤井システムの洗礼をあまり受けていないから、という事なのかなあ。たしかに、今の斎藤さんに矢倉や角換わりを採用するよりも効率がいい気もします。そういえば、非公式戦ですが羽生さんが藤井聡太くんを破った将棋も藤井システムだった気が…。。ただいま昼食休憩、システム対策が実にいい加減な僕としては、システム破りの棋譜はひとつでも多く見たいので、これは見逃せない一番となりそうです(^^)。

20170701棋聖88-3_齊藤慎vs羽生_後手藤井システム30手 僕も後手藤井システムに対して▲55角とせずに穴熊を目指すタイプなので、30手目盤面図までは納得…というか、これでいいんだとひと安心(^^)。さてここから…

▲38飛△45角
 ウヒョ~(ヒフミ風)先手は穴熊に囲うより先制を目指すのか(゚ロ゚ノ)ノ?!いや~僕は渡辺さんの本で穴熊を学んだもので、「穴熊に囲い切るまではとにかく辛抱」を忠実に守ってますが、プロは少しの隙でも突くとか一手遅れが命取りとか、そんなに単純にはいかないんでしょうね。一方の後手はこの飛車に対応した動きなんでしょうが、これもムズカシイ手だなあ、△43銀か△63金が普通だと思うんだけどなあ。

▲98歩△43銀▲28飛△33角▲99玉△54銀▲88銀(39手目盤面図)
 あ、結局角の活用を見せられて飛車を戻しました、これでありがちな居飛車穴熊vs四間飛車美濃の形に(^^)。先手穴熊は取りあえず駒組み一段落、あとは端歩とか桂跳ねとか角引きあたりを指せれば万全ですが、それを待たずに攻める手もあるかも。

20170701棋聖88-3_齊藤慎vs羽生_後手藤井システム39手△84歩
 後手ここは玉を固める手もあったんじゃないかと思いますが、攻め手を優先。この△84歩もよくやられますね、穴熊を横やコビンではなく上や端から潰すやつです。しかし、ここで先手が手番を握って…

▲35歩△同歩▲24歩△同歩▲65歩
 斎藤さん、いったあああああ(゚∀゚)!!!いや~細かい所の形の差はあるかもしれませんが、これは対抗形でよくある攻め筋なので、プロではビッタリ一致の前例もあるんでしょうね。でも、ここで後手はムズカシイですね。さすがに△同歩は無いでしょうが、△同桂は良さげに見えて角交換を許して2筋の飛車を走られるし、角交換を仕掛けてから△22飛と受ければ2筋は受かりそうだけど▲64歩は許してしまうし。それでも僕なら龍を作られるのは嫌だから角交換だな。

△65同桂
 うあああ、羽生さんこの歩を桂で取ったああ!!という事は、先手から角交換された後に飛車を走られるのは確定なので、それで良いと思ってるのか…。これは先まで読みを入れてないと怖くて指しにくい順だと思うんですが、さすがプロはすごい。このあたりの桂跳ねと角のラインを活用しての穴熊のコビンの攻防は、居飛車穴熊と四間飛車美濃の戦いの醍醐味ですね(^^)。

▲33角成△同桂▲24飛△57桂成▲同金
 先手は飛車を走って龍を作る事が確定、後手は銀桂交換の駒得。う~ん、ここまではバランスが取れてる気がしますが、問題は龍が出来た後。こうなると、後手の捌きのテクが明暗を分けそうです(^^)。

20170701棋聖88-3_齊藤慎vs羽生_後手藤井システム78手
 ここからは大喧嘩、お互いに局面を落ち着かせに行かずに攻めを選択、一手差を争う速度勝負の将棋になりました。そして双方の飛車角が敵陣の急所に突き刺さり、金を渡すか銀を渡すかで寄せの図が全然変わり、どちらも角を切って寄せに行くとその角で攻防手を打ち返される筋があるというとんでもなく面白い終盤。どっちも勝ってるように見えましたが、先手攻防の馬の受けの筋を消す△67桂を羽生さんが指した78手目盤面図。ここで斎藤さん…

▲73金
 うおおお、斎藤さん、すごい手をビシッと指したああああ!!!!いやあ、ネットTVでダブル解説をしていた光瑠さんも太地さんもまったく見えてなかった一手、どよめいていました。これが奇跡の逆転の一手、このあと羽生さんはとんでもない形作りをして(しかしあんなのよく思いつくな…)109手にて投了。斎藤さん、1勝を返しました!!

 斎藤さん、タイトル戦初勝利です!いや~ストレート負けだと「レベルがぜんぜん違う」と本人も思ってしまうと思うので、この1勝は大きい(^^)。しかし羽生さんが終盤で悪手を指すというのは珍しい、つまり▲73金が見えてなかったんだと思いますが、それだけあの手はプロでも見えにくい手だったのでしょう、羽生さんだけじゃなく、色んな寄せ筋や受けを考えまくっていた光瑠さんも太地さんも見えなかったですからね。いや~今日は藤井システム対策の勉強も出来たし、超高度な終盤戦も見れたし、いい将棋だったな(^^)。。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR