がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第30期竜王戦決勝トーナメント 藤井聡太 vs 増田康宏 (相居飛車)

 はじまりました竜王戦決勝トーナメント!!僕は、勢いある若手からベテラン超強豪棋士まで顔を出す竜王戦決勝トーナメントが、プロ将棋の中で一番好きなんです(^^)。。今年は特にそうで、羽生さん康光さん久保さんの黄金の羽生世代、渡辺竜王(まあこれはトーナメントには出てきませんが)に稲葉さんという今が全盛期ぐらいのアラサー世代、勇気さんに藤井聡太くんの若手強豪まで参加のトーナメントなんて、面白すぎです(^^)。しかも、トーナメント中に天彦名人以外のタイトル持ちがみんな入ってるし。開幕局一回戦は、藤井くんによるプロ連勝記録の更新がかかった一番になりました。しかも相手の増田さんは去年の新人王なので、これは最強新人対決でもあるという、なんかすごいものがいろいろ重なっちゃった一番(^^)。

20170626竜王TN_藤井聡vs増田_相居飛車20手 戦型は…いや~こういうのって、いまだになんといっていいか分かりません(^^;)。どちらも矢倉に囲わないけど矢倉がいちばん近いのかな?出だしは角換わり気味だったんですが後手の増田さんが角道を止めて角交換拒否。角換わりは拒否しない藤井さんの傾向を見越して進め、しかも角換わりを外すという作戦かな?これは狙っていたに違いない( ̄ー ̄)。でもそこから矢倉に合流していくかというと、後手増田さんは33ではなく43に銀をあがって雁木、すでに矢倉にはならない形。先手は先手で銀を88じゃなくって68に回したもんだから、これも雁木指向になりそうで矢倉に組みそうにありません。20手目盤面図なんて、僕レベルの人間にとっては力戦みたいなもんです。最近、プロはマジで矢倉に組みませんね、コンピューターがプロを凌駕しはじめて以降、角換わり腰掛け銀もぜんぜん新しい形になっちゃうし、矢倉なんか角換わりどころじゃない大激震に見舞われちゃいましたが、相居飛車では矢倉がかせぎ頭の僕としては、これまでの序盤の勉強がぜんぶ無駄になりそうで、やめてほしいっす (´・ω・`)。先手▲77銀復興以降の矢倉の戦型分岐を綺麗にまとめた定跡書って、出ないかなあ。弱小アマとしては、流行戦型の研究じゃなくって、加藤流や森下システムなんかの古い形も急戦も雁木も含めた矢倉全般の分岐チャートが欲しいっす。上野さんの本って、どれぐらいまで書いてあるんだろうか…。

 今は昼食休憩ぐらいのタイミング。すでに先手が矢倉に囲わなかった後手の咎めに行ってますが、ここからどうなるでしょうか。今日は仕事が進む気がしないぞ。。

 ただいま夕方の5時ごろ。中盤の難所ですが、いや~これは後手増田さんの方が指しやすくないかい?とうとう連勝が止まるかも…。

 夜戦。追い込まれた藤井くん複雑な順の反撃を選んで乱しに行きます!いや~「ここで角を打つんじゃないの?」とか、そういうひと目良さそうでも普通の手はことごとく指さない感じ。そしたらなんといつの間にやらこれが通ってしまった模様。いや~、よもやあれで先手がずっと良かったなんて事はありえないと思うので、どこかでひっくり返ったんだと思います、どこか分かんないけど(^^;)。結果、いつの間にやら手品のような逆転で、藤井さんの勝ち!!プロ新記録の29連勝です!!(*・∀・)ノ゙ 。 オメデト-♪

 いや~、すごいものを見てしまった、もしかしたらこの記録が破られる日を、僕は死ぬまで見れないかも。また、藤井さんにしても、このまま強くなったら強い人との対局しかなくなっちゃうので、自己更新も難しくなるだろうし。そして今日の将棋は、序盤は完全に増田さんの作戦勝ちだった気がします。角換わりを拒否しない相手に、誘い込んでおいてもっとも早い段階でそれを拒否して変化するという、相手が拒否もしにくいし自分の研究は外れにくくなるだろう。これは見事な戦略でした。中終盤に関しては、なんというか…羽生さんの将棋ばかり並べてた人間の感覚でいうと、こういう複雑な順の攻め合いに来られた将棋って、受け潰しって安全策に見えて安全策じゃない印象があります。中盤で自分がの方が良さそうな時って安全勝ちしたくなるけど、暴れられると一手差勝ちを狙いに行かないと難しかったりする事が往々にしてある、みたいな。増田さんは手抜き出来るタイミングが結構あったのに、反撃を入れずに受け続けていたのは、そういう意味で「手の速さも考えながら攻めの速度も合わせて反撃筋を作っておかないと、受け一辺倒ではヤバそうだな…全然わかってないけど、これが最善手じゃないんだろうな」な~んて嫌な予感はしました。でも、そういうのをひっくるめて相手より上を行っているから、29回も連続で勝てちゃったりするんでしょう。いや~、将棋も凄まじい、記録も素晴らしいという、いいものを見せていただきました。さてこうなると、誰が連勝を止めるんですかねえ。なんか、森内さんの気がしてならない…。。

関連記事

コメント

空前絶後の大記録 

ShougiX様、お久しぶりです。

藤井さんがついに記録を更新しましたね。本当に凄い。空前絶後の大記録ですね。デビューからここまで連勝するなんて誰も想像していなかったのではないでしょうか。この話題は棋界のみならず、社会現象となり彼の周囲が騒がしくなりました。プロ棋士とはいえ、彼はまだ中学生ですので安穏な日々を送れるよう僭越ながら思っております。

上野さんの将棋・序盤完全ガイド 相居飛車編を一読しました。

相居飛車の戦法の変遷を私のようなビギナーでもわかるよう概略を易しく説明されていますね。ただ、あくまでも概略ですので定跡の分岐の細部まで記載されていません。網羅的でもないように思えます。テキストというより読み物と捉えて頂けたらよろしいかと。
  • 湯豆腐 
  • URL 
  • 2017年06月29日 07時34分 
  • [編集]
  • [返信]

「将棋・序盤完全ガイド 相居飛車編」 情報有難うございます! 

湯豆腐さま、書き込みありがとうございます!お元気でしたでしょうか。

藤井さん、すごいですね。とんでもないです。実力制名人以降の時代は、大山、羽生、藤井と繋がっていきそうですね。僕は藤井さんの引退までは見る事ができないですが、羽生さんとビッタリ一致で、藤井さんの登場まで見れたのは幸運だと思います。

棋書の情報、ありがとうございます。そうですか、どうやらビギナー向けのようですね。矢倉▲46銀37桂が敗れて以降のプロ間での矢倉の試行錯誤、一段落したらどなたか書いてくれないかなあ(^^)。。

  • ShougiX 
  • URL 
  • 2017年06月29日 11時58分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR