第67期王将戦 予選7組 藤井聡太 vs 澤田真吾 (角換わり相腰掛け銀)

 藤井聡太さん、プロ将棋連勝記録タイの28連勝(・ω・ノ)ノヒョエ~!!どの棋戦でも勝ちあがってきてるので、若手強豪とかの名の知れた人ばかりが相手になってきてるのに、負けません。イチローがメジャー記録の年間安打新記録を達成した時もそうだったんですが、とんでもない事をやっているのに毎日それだからそれに慣れちゃって勝って当たり前みたいに思えてきちゃうのが怖い。だって、普通は1勝するのが大変な世界ですよね、プロって。。

20170621王将予選_藤井聡vs澤田_角換66手 戦型はまたしても角換わり腰掛け銀。得意戦型のひとつなんでしょうね。今日ビビったのは中盤争いかと思っていた所から一気に終盤の寄せの絵にまで直結させた踏み込み。66手目盤面図は、後手が負の拠点を多く作られたところから、両取りの角打ちを放って形勢を挽回しかけたように思えたところ。ここで藤井さんは…

▲38飛△19角成
 いや~、第一感だと▲69飛~▲62歩成としそうなもんですが、なるほど△37角成を許すとそれが55の銀にも当たってくるから▲38飛なのか。しかしこの飛車は狭いですね、飛車をいじめながらの寄せを喰らっちゃいそうなので、ここはそれを上回るスピード感ある攻めを考えたいところですが…

▲64角△31玉▲44歩△同歩▲53角成
 この角打ちは銀に紐をつけつつ玉をラインに入れる好手に見えます(^^)。しかし、次の▲44歩の味つけが見事、いや~これはちょっと感心してしまいました。次の▲53角成のあとで、銀打ちの合駒をしてくれれば攻め駒を削れて自玉は安全になるし、銀引きなら44の歩が浮いて角でも銀でも取れるという事ですね。う~んこれは参考にしよう(^^)。

△42銀▲75馬△53歩
 澤田さんの選択は駒を節約した銀引き。まあそうしないと受け一辺倒になってしまって勝ち味が薄くなってしまうということかな?そして…・おおお、▲44馬で退路封鎖してから質駒にされている桂を跳ねだして飛車筋も通して一気に捌くかと思いきや、馬のラインを残しました!これは85の歩に紐をつけて後手の飛車が走る筋を消しつつの攻め、後手の勝ち筋が消されてる。なんだろう、指されればこの一手と思えるんですが、それを自分で気づけない自分の棋力の無さが泣ける(T_T)。。

▲43歩△同銀▲45歩
 うああ~何という嫌な銀のつり上げ。しかもこの4筋への嫌味のつけ方は…

△29馬▲48飛
 後手は馬が遊んだままでは勝負にならないのでその活用に行きますが、しかしその手に乗って飛車を嫌味をつけたばかりの4筋に振りました。逆にいうと、4筋の叩きを入れずにいきなり▲44銀と踏み込む方が直接的というか分かりやすい手だったと思うんですが、あそこで叩きを2発入れたのって、後手が馬を活用しに来るのを見越して入れてたんじゃないかなあ。。もう、相手の手を逆用する手のオンパレードです。しかしこれ、もう寄せの絵が見えてるんじゃないか…。

 ここから藤井さんは寄せに入り、馬も桂も捨て、相手の攻めも全部手抜いて一気に寄せ、最後はなんとも鮮やかなタダ捨ての金の打ち込みで澤田さん投了。いや~、終盤は速度という教科書のような寄せ、素晴らしかった!

 しかし、それ以上にすごいと思ったのはやっぱり中盤から終盤のあの指し回しでした。当たりを打たせるとか(今回澤田さんは打ちませんでしたが)、相手の手を逆用するとか(これは完全に狙い通りに入ってました…恐るべし)、いかにも味の良さそうな攻防手を常に絡めるとか(これもこの15手程度の中で何度も入ってました)、そしてそれらの部分的な手筋が綺麗に一本につながっているとか、こういうところがすごく創造的な棋譜だと思いました。この手の中終盤の指し回し、僕は『羽生善治の終盤術』ではじめて学んで感動、さらに谷川さんの『光速の終盤術』でさらに鳥肌がたって(この本はマジでスゴイ…僕にとっての3段の壁の突破はこの本によるところが大きかったかも^^)、将棋の芸術はこの中盤の創造力だなと思って現在に至るんですが、そういう芸術的な指し回しが面白いように飛んでくる藤井さんは、やっぱりすごい。棋書に出てくる終盤術の例なんて、綺麗にカッコよくきまった時のものだけを拾い出してると思うんですが、そういう指し回が毎局のように出てくるというのは、やっぱりすごいんでしょうね。羽生さんのデビューから7冠までの黄金期を見逃した僕としては、聡太さんの黄金期は見逃さないで行きたいです(^^)。マジで、中学生でタイトル取っちゃうんじゃなかろうか。。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド