がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

実力制6代名人 加藤一二三さん引退

20170620_kato.jpg 第30期竜王戦の6組昇級者決定戦は、加藤一二三さんの引退がかかった一番でした。夕方、仕事終わってから急いでネットTVをつけたんですが、これが相矢倉だったとは思えない盤面図。しかも、先手加藤陣は崩壊で後手高野陣は堅牢、これは大差なんじゃないかと。以降は紛れを求める機会すらなし、アマチュアの僕ですら必負と分かる局面で、加藤さんが盤面を睨んだり何度も席を外したりして手を指そうとしなかったのが印象的でした。20時10分すぎ、加藤さんが投了して加藤さんの引退が決定。介錯の役を担った高野さんも、なかなかつらい役回りだったんじゃないかと。負けた後、感想戦もせずものすごい数の報道陣の取材も受けず、すぐにタクシーに乗り込んで帰ったようでした。色々な思いが錯綜していたのかも知れませんね。
 何年も将棋のブログなんてやるほど将棋に夢中になっていながら、実は神武以来の天才の棋譜や対局をあまり見た事がありません。昔の世代でも大山さんや升田さんや中原さんや米長さんの棋譜はそれなりに並べた事があるので、僕が矢倉で加藤流を指さないのが大きかったかも。あと、矢倉の勉強も、森下さんや森内さん以降の棋書での勉強だったので、世代差も想像以上に大きかったのかなあ。

 加藤さんの将棋でパッと思い出すのはNHK杯で羽生さん伝説の▲52銀打が飛び出し時の▲羽生-△加藤戦。そのまま定跡化したような大名局ですが、あれは今見ると米長さんの解説がメチャクチャ面白いので余計に名局に見えやすくなってる面もあるかも。古館さんの実況のおかげで名勝負になったプロレスとか、野村さんの解説で名試合になったプロ野球「江夏の21球」とか、シロウトには分かりにくい部分を実況や解説がうまく伝える事で名勝負が伝わりやすくなる時ってありますよね。それにしても、まだ新人だった羽生さんが名人経験者だった全盛期の加藤さんに対して棒銀を採用したという剛気には驚かされました。あのNHK杯は、大山永世名人・谷川現名人(当時)・中原前名人(当時)、そして加藤一二三前々名人という錚々たる名人をすべて総なめで羽生さんが倒して優勝したので、中原・加藤・米長の時代から、羽生世代の時代へと歴史が動いた瞬間の象徴的な名勝負でもあったのかとおもいます。

 解説者としては、テレビ対局の▲内藤-△有吉戦で、米長さんと一二三さんのふたりで解説していた将棋が印象に残ってます。大爆笑でした(^^)。先手石田流の対抗形、後手が矢倉に組んでいたのが、たかだかここ数年で将棋を始めた程度の僕にはすごく目新しくて、将棋自体も面白かったんですが、米長さんと一二三さんの漫才のような解説に全部もってかれちゃってました(^^)。予想手も形勢判断もことごとく二人は対立していて、やかましいぐらいに二人でベラベラと大討論するんだけど、次の一手が指される瞬間だけはシ~ンとなって…あの古典落語に匹敵するおもしろさも加藤さんと米長さんの解説あってのもの、今でもたまに見て大爆笑させてもらっているほどの名漫談解説です(^^)。

 将棋って、江戸から平成まで日本でいちばん楽しまれてきたゲームで、風呂あがりに縁台将棋したり、時の名人の将棋を見て感動したり、長年日本の風俗として文化の中に溶け込んでいた気がします。人って生まれて死にますが、その短い人生の中で、日本に生まれた庶民が楽しんだことのひとつだったと思います。少しだけ古い日本を扱った映画でもマンガでも、当時を描くのに将棋がよく出てきます。「じゃりン子チエ」なんて、せまいご近所さんたちとの生活の中で、猫がいて、お隣さんがいて、じいちゃんばあちゃんや親子の交流があって、大人の男は町のあちこちで将棋指したり、祭りに行ったり、祭りでは相撲が楽しまれていたりしてる様子が描かれてますが、それがなんとも幸福な社会に見えちゃうんですよ。もしその世界に祭りも将棋もなく、近所づきあいも現代みたいに希薄だったとしたら…そう考えると、当時の庶民の小さな幸せのひとつが将棋という表象をとっていたのかも。そういう社会の中で中学生でプロ入り、全冠独占の全盛期大山大名人を破り、その後の時代の代名詞となった中原永世名人から名人位を奪い取った加藤さん。長年にわたって、日本の文化風習の中でたくさんの人を楽しませてきたんじゃないでしょうか。加藤先生、ながいことお疲れ様でした!!

関連記事

コメント

 

ええ話やなあ
  • 無記名さん 
  • URL 
  • 2017年06月20日 22時33分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR