第76期順位戦C2  瀬川晶司 vs 藤井聡太 (角換わり)

 聡太くん、また勝ったみたいですね、困ったもんだ(^^;)。今日の昼ごろ一瞬だけ見たんですが、角換わりで先手の瀬川さんが桂ポンして7筋の歩を軽く突いて、しかしこのなにげなく突き出したかに見えた歩が意外に厳しくって、後手応手に困るみたいな感じでした。そうですかそれでも勝ちましたか。瀬川さんのプロ入りへの経緯は、藤井君のようなエリートコースの正反対。奨励会に入りプロ一歩手前の3段リーグまで上がるも勝ち抜けられずに退会、大学ではアルバイトしながら夜は司法試験の勉強、社会人になってアマ将棋でタイトルを取りながら、プロ編入を果たすという、恐らくプロ棋士の中で最もプロ入りに苦労した人。それを知っていただけに、瀬川さんを応援していたんですが、実力の世界はキビシイですね。。

 それにしても、一体誰が止めるんでしょうか。もう、角換わりは先手でも後手でも拒否しない感じがするので、角換わりを研究しまくってぶつけていくとか、対抗形や古い戦型には穴がありそうとか、データ自体は揃ってきている感じがするので、そのまま中終盤まで正確に指しきれる人、みたいな感じでしょうか。そうだとすれば、タイプ的にも対戦順的にも、森内永世名人が止める気がするなあ。。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド