がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

横歩△45角戦法 子供からありがたい定跡を教わった

僕が先手で横歩取りを避けたくなるおおきな理由は、△33角戦法じゃなくって相横歩や△45角戦法とかの超急戦なんです。先手優勢で結論が出てるはずの△45角戦法ですら勝ちきれないんです…。相横歩だって何回も勉強した割に、指す頻度が低いので、たまにやられるといつも記憶があいまいになっているという。このまえ指した激戦定跡なんて、思い出すのにヒーコラいいながら指しましたし(゚∀゚*)エヘヘ。

 先日、道場で子供と対局しまして、この子に△45角戦法を指されました。僕が△45角戦法を勉強したのは『羽生の頭脳5 横歩取り』で、その前に勉強した『よくわかる横歩取り』には△45角戦法とかの超急戦は書いてなかったんです。だから、ほかの定跡の勉強が一周したらいつか『横歩取り超急戦のすべて』を読もうと思ってたんですが、以降は一手損角換わりやら矢倉後手左美濃やら角換わり△62金型なんかの対策に追われて定跡勉強が一周などなかなか出来ず、遭遇頻度の低い横歩超急戦の再勉強は後回しになってました。そんな時、久々に食らった△45角でした。

横歩取り44手 44手目盤面図は、この戦型を指した事のある人なら知っている局面図だと思います。『羽生の頭脳』に出ていたのか自分で工夫したのか誰かに教えてもらったのか覚えていませんが、僕は今までずっとここで▲58歩と受けていたんです。それが定跡だとずっと思い込んでいまして、この後も正確に指せば先手優勢のはずと信じて疑わず、でもここからすっ転ばされる事がけっこうあって、だから△45角戦法ですら苦手という意識があったんです。もう、そろそろこの変化になだれ込む攻め合いの順は捨てて、『羽生の頭脳』ではそっちでも先手優勢という受け切りに行く順に変えようかと思ったほど。このあと小学生に負けまして、負けた後の感想戦で「どこが悪かったのか教えて」と聞いてみたんです。するとじゃっかん生意気なこの小学生(僕がいく道場にいる子供たちは生意気なのがけっこういます^^;)がいうには、「合駒は▲58歩じゃなくって▲58金じゃない?」「三段でこんなの知らないの…」とのこと。このクソガキが年長者に向かってタメ口なのは置いといて、えええええ~そうなのかそうだったのかと驚きました、目からウロコでした。。
 そのあと、感想戦でその後の変化もいろいろとやってもらい、うちに帰っても色々やってみたんですが、なんか▲58金の方が感触がいいです。これは先手持って指したいどころか、派手な悪手さえ指さなければ先手勝ち筋だな…という感じ。いや~何度も負かされたこの戦型なので44手目までは完璧に覚えてるんですが、45手目を間違えていたんですね、これはその小学生に本当にいい授業をつけてもらいました。知るは一時の恥知らぬは一生の恥、感謝の言葉しかありません。。

 それにしても、やっぱり飯島さんの書いた『横歩取り超急戦のすべて』は買うべきなのかなあ、横歩超急戦はいちおう『羽生の頭脳』で勉強したから、間に合ってないほかの戦型の勉強が終わってからにしようと思ってる間に売り切れで手に入れにくくなっちゃったんですよね…。あと、こういう「ずっと定石&最善手だと思って指してたけど実は自分の勘違いだった」みたいな手って、ほかにもいっぱいあるんでしょうね。。

関連記事

コメント

定跡では 

45角をずっと研究してきたものです。一般的にはここは58桂馬と受け、その後の香車打ちに備えるのが定跡とされています。金だと上に逃げたあとで二枚金を受けるための金が打てず困りそうというのが第一感ですが。
  • Yoshi 
  • URL 
  • 2017年06月14日 07時05分 
  • [編集]
  • [返信]

Re: 定跡では 

Yoshi様、こんにちは。コメント有難うございます。

桂が定跡なのですか!いやあ、▲42銀打~▲34桂打の筋が消えると先手は勝ち味が薄いと思って、桂は考えから除外していました。なるほど、攻め筋は減りそうですが、守りには上部に利きが増えますね。

夜にでもいろいろ研究してみようと思います。お教えいただき、有難うございました!
  • ShougiX 
  • URL 
  • 2017年06月14日 09時54分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR