がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

コミック『将棋の渡辺くん』

SHouginowatanabekun_02.jpg 渡辺竜王の奥さんが書いている将棋エッセイマンガです。ずっと読みたいと思ってたんですが、とうとう近所の古本屋で見つけたので購入。1~2巻をまとめて買いましたが、3巻ってあるのかな?
 
 いや~面白かったです!創作将棋ドラマでなく、ノンフィクションの将棋ギャグエッセイという所が面白いです。ボケ漫画なんですが少しだけ知的で、そこがセンスいいなあと思って、楽しく読ませていただきました(^^)。ボケだけだとエッセイとしてはつまらなくなってしまいそうだし、でも知的にしすぎるとギャグ漫画としての面白さが薄れるし嫌みにもなる気もするので、このさじ加減が絶妙に感じました。

 将棋を全然指さない人と指す人の両方を視野に入れて書いているだろうから、ネタが棋士や将棋の絡むものと、渡辺竜王の個人的なネタ(竜王がぬいぐるみ好きな事を元にしたネタが結構あります)のふたつに分かれるんですが、将棋好きな私としてはやっぱり将棋や棋士が絡むエッセイ風のマンガが面白かったです。脳内将棋は渡辺さんでも盤面ぜんぶが見えてるわけではなくて、玉の囲いや駒のぶつかっている所を覚えていて駒台の歩の数とかはあいまいだとか、盤面図を見るとプロは「あ、これは○○八段vs□□七段戦だ」とか分かるとか(すげえ)。将棋会館が東京と大阪にしかないので、プロ棋士を目指す奨励会員の子供は早い段階で親元を離れる事があって、先崎さんは小学4年から米長さんの家の居候、行方さんは中学から東京に出てきて一人暮らししていたとか。こういうエピソードは、すごく面白かったです。

 西原りえこさんからか、はたまたちびまる子ちゃんからか、エッセイ漫画ってすごく増えましたよね。さっと読んで「なるほどね」みたいに思って楽しむジャンルだと思いますが、そのジャンルのプロ棋士版というのはとっても貴重。プロ棋士当人はそんなの書いてられないでしょうから、書ける可能性があるのは奥さんやご家族だけ。でも、プロ棋士って人数がすごく少ないので、これを読まなかったらノンフィクションの将棋エッセイ漫画は二度と読めないかも知れません。推薦!

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR