がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第27回世界コンピューター将棋選手権 elmo vs Ponanza Chainer (力戦)

 コンピューターどうしの対局、久々に観ました。ここ数年コンピューター将棋のトップに君臨しているポナンザというソフトが、ハードも強烈、予算も強烈、プロジェクトもガッチリ、ディープラーニングなんてやっちゃって今までも凄かったのに今回のバージョンは今までとは比較にならないほどスゴイ・・・との事で、今ってどういう棋譜を残すんだろうと思って見てみたら、elmo というソフトに先手番でも後手番でも叩きのめされてました(^^;)。。特に、本戦のelmoとポナンザの一局は、まったく異次元の棋譜。とくに中盤は、すごいとかなんとか以前に、ボクの棋力では指し手の意味すら分かりませんでした(^^;)。角の打ち場所、歩の突き捨て場所、飛車の引き場所・・・もう、これは僕が知っている将棋とは別もんです。。

20170505 世界コンピュータ27 elmo vs Ponanza81手20170505 世界コンピュータ27 elmo vs Ponanza119手
 理解できる範囲で面白かったのは終盤。終盤は、面白いと思った事がふたつありました。ひとつは、コンピューターが寄せに出ても詰まないという事があるという事。プロも他のソフトも寄せ付けないというPonanza が踏み込んだ以上は寄ってるんだろうな・・・と思ったら、なんとelmo が受け切ってしまいました。いや~、コンピューターの寄せを受け切る事が出来るんだというなんともアホな感想をもったボクですが、あれって寄ると思って踏み込んで寄らなかったのか、寄せに出たわけではなくて最善手が踏み込む事だったという判断だったのかは知りたいです。後手が先手陣に襲い掛かりにいく直前が81手目盤面図で、後手は桂得ですが角が助からない状況、しかし飛桂が絶妙な位置にいて端も詰めている局面です。この81手目盤面図を人間だったらどう形勢判断するでしょうか。アマなら「角を犠牲に駒の利きを主張できるように出来れば後手有望、そうできないなら先手十分」ぐらいな感じ?そして後手は△97歩と仕掛けて角に最後のひと働きをしてもらいに行きましたが、その結果が119手目盤面図。金香と飛角の交換の形ですが、そんな事より後手の攻めが切れ、先手は襲い掛かる状況万全という駒の働きを見ると、アマチュアの感覚だとこれは先手良しと思えてしまいます(いや、実際には分からないですよ^^;)。仕掛けから一段落までは38手あるんですが、プロどころかアマでも直線30手ぐらいは普通に読むので、コンピューターなんてあたりまえのようにこの辺までは読んでいるんでしょうが、だとしたらよると思って寄せられなかったというより、角を最後に働かせに行ったという事なんでしょうかね。だとしたら、実は81手目の段階でコンピューター的には先手後手とも先手がちょっと良いと思っていたのかも・・・という事は、その前までの形勢判断力に差があったという事?・・・いや~シロウトはなはだしいボクには分からないことだらけです(^^;)。

 終盤でもうひとつ面白いと思ったのは、序中盤と違って、終盤だけはコンピューターの指し手でもなんとか理解できるという事。プロになったらまた別だと思いますが、僕ぐらいの弱小レベルだと、もしコンピューター将棋を参考にするなら、終盤がいちばん参考にしやすいのかもと思ってしまいました。逆に言うと、将棋でてっとり早く棋力を上げたいなら、終盤は即効性があるんだろうな・・・と思いました。だって、あの中盤を理解できるようになるのは並大抵じゃないでしょうし、中盤はコンピューター将棋は異次元過ぎて参考にしづらい。。それにしても、コンピューターの受けが凄かった・・・僕ならあきらめている局面でも受かっているものなんだなあ、今後は負けそうな終盤もがんばって粘ろう。。

 人間同士にせよプログラム同士にせよ、同条件で戦うゲームには構造的な面白さがありますね。僕はファミコン世代人間なので、これまでゴマンとゲームをやってきましたが、インベーダーでもウィザードリィでもスーパーマリオでもワンダと巨像でも、「等条件で争うゲーム」以外は、けっきょくいつか終わってしまうんですよね。でも、将棋や野球やサッカーはそういう事がありません。将棋が究極的には引き分けになるゲームなのか勝敗の確実につくゲームなのかは分かりませんが、まだ引き分けになるかどうかはわからない今の段階では、最強同士の機械が対戦しても、仮にそれがまったく同条件のプログラムであっても、どちらかが負けるというのが、構造的に面白いです。しかも、同条件のソフト同士で対局させたら先手勝後手のどちらかが大きく勝ち越しそうなもんですが、先手後手でそれほど差がないらしいですよね。いや~、オセロでも囲碁でもチェスでも先手後手の優劣がはっきりしているというのに、将棋というのは恐ろしく良く出来たゲームだと思います(^^)。


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR