がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第75期名人戦 第3局 佐藤天彦 vs 稲葉陽 (力戦)

 今回の名人戦、面白いです。序盤早々でいきなり変化、力戦になる将棋が続いてます。3局とも手数自体は決して長くないのですが、定跡の使えない&手の広い局面がずっと続くので、深く読むだけでなく広く読む必要があって、見ていて引き込まれてしまいました(^^)。それにしても、稲葉さんから何度も鋭い手が飛び出しましたが、これは強い。。

20170501名人75-3_佐藤天vs稲葉_角換わり力戦9手 名人戦第3局は角換わりに進むかと思いきや、先手の天彦名人が9手目で変化!これで力戦、角換わりというより相掛かりのような将棋になりました。さらに、角が向かい合った形の駒組み段階で天彦さんが▲56歩と突き(いや~、信じられない…)、稲葉さんがそれを見て角交換。以降、名人は空いた56への打ち込みのケアと、角打ちをケアして飛車と右金の動きが制限され、とにかく指しにくい将棋に。以降は、名人がひねり出した一見良さそうな手を、稲葉さんが強い手で切り返してしまうという連続。早指しだったらまた違うんでしょうが、名人戦みたいな長時間の将棋の場合、なかなか勝負手というのを通させてくれないですね(^^;)。終盤も名人が盛り返したかと思ったところで、稲葉さんの見事な切り返し!結果116手にて後手稲葉さんの勝ち、2勝1敗とリードしました!

 名人が、序盤から次から次に自分だけ指し手が難しくなりそうな手を連発してでも角換わりを避けに行った理由が分からないんですが、それだけ今は角換わりの先手は指したくないという事情があったのかなあ。たしかに、今は角換わりも矢倉も横歩も急戦調のオソロシイ形が結構ありますし、プロの研究勝負の戦いのなかで、ボクみたいなヘタクソではとうてい推し量れない駆け引きがあるのかも知れません。それにしても、「角交換に5筋は突くな」を教えられたような一局でした(^^)。


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR