第30期竜王戦 6組ランキング戦 金井恒太 vs 藤井聡太 (矢倉左美濃急戦)

 藤井聡太さん、また勝ってしまいました。。金井さんクラスでも止められず、いまだ公式戦無敗。もう、レート1800代クラスの棋士じゃないと止められないんじゃないでしょうか。今日は矢倉左美濃急戦でしたが、新しい戦型はなんでも指す…というより、好んで指す感じでしょうか。中盤もまったく競り負けないどころか、いつも中盤で優勢を築いている気もします。終盤の驚異の破壊力に目がいってしまいますが、実は序盤も最新戦型を完全に押さえ、中盤の指し回しも見事みたい。しかし人間でしかも若いので、いくらなんでもすべての戦型がアタマに入っているとは思えないし、今あまり指されなくなった戦型で対抗するとか、最新形は研究で上回らないと厳しいような気が。。羽生さんが藤井さんに勝ったのは藤井システムでしたしね。次の竜王戦6組決勝の近藤誠也さんとの一戦が、ついに迎えた公式戦最初の難関かも。

20170501竜王_金井vs藤井聡_矢倉左美濃急戦38手 それにしても矢倉左美濃急戦は、右四間飛車のようにいやらしいです。最初の駒組みも似てますし、角換わりの桂ポンといい、最近の相居飛車の急戦系は右桂の使い方が見事。僕は右四間飛車対策に追われた事があって、それこそ中川さんの本も、羽生さんの急戦矢倉研究の本も、金井さんの本も、渡辺さんのお師匠さんの本も読みまくったんですが、共通して言えるのは右銀の繰り出しが遅れない事でした。今回の将棋でいうと38手目がまさにそういう状況ですが、矢倉に対して角筋と銀と桂の波状攻撃を浴びせるという意味では、左美濃急戦は右四間飛車と似た作りの将棋に見えます。ここで金井さんは▲37桂と指しましたが、まさにここが「右銀が出遅れない」の境になる局面で、僕ならあまり深く考えずに代えて▲46銀と指していたと思います。でもそうして7筋と3筋の歩の突きあいの速度合戦になってしまうと、なんか後手の方が矢倉崩しの筋に入っていて良さそう。だから▲37桂だったんでしょうが、つまりこの時点ですでに後手の方が良かったのかなあ。だとしたら、右四間対策と似た考えで行くなら先手の角引きが間に合わなかったという事なんでしょうかね?もしかして▲79玉という構想自体が拙かったりして…いやいや、最近よく言われてる矢倉で▲66歩を突かずに5手目▲77銀を先にというのが本当に正しい気もしてきたり…もう、このぐらい序盤の段階で終盤直結の構想が問われているのが、ソフトが強くなって以降のプロ将棋の特徴に感じます。相手の陣形を乱しつつ手番を握りにいくという序盤の構想というか、後手だからとかでなく、先後関係なしに駒損上等で積極的に序盤から敵陣を乱しつつ手番を渡さない状況を狙いに行く、みたいな。序盤感覚自体が変わってきてるような感じですが、強い人に「かかってこい」とされるんじゃなく、こんな襲い掛かってくるような将棋を指されたら、たまらないっす(^^;)。。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド