がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

藤井聡太炎の七番勝負 第7局 藤井聡太 vs 羽生善治 (角換わり▲45桂速攻)

 藤井聡太さんの炎の7番勝負、ラストは最強棋士・羽生さんとの戦いです!振り駒の結果は藤井さん先手、7局中6局で先手か、持ってるな(^^)。

20170423藤井7番勝負-7_藤井vs羽生_角換31手 将棋は角換わり▲45桂ポン、波紋を呼んだ去年のA級順位戦▲三浦-△渡辺戦で飛び出して以降、流行している手です。31手目盤面図はその将棋とまったく同一局面、この前やっていた棋聖戦の決勝トーナメントの▲糸谷-△佐藤康戦も同じだった気がします(あれ?1筋の歩を突きあっていなかったかも…忘れちゃった^^;)。。▲三浦-△渡辺戦では、渡辺さんがここで△45歩と突いたところで▲71角の返し技。以下、△72飛▲53桂歩成の王手△51玉▲61桂成△同玉▲44角成と進んで、先手桂損ながら馬を作る展開。どうもこれが後手にとってまずい展開みたいで、後手がこうさせない指し回しをする事が多くて、本局は…

△42角
 これが最近の受けの流行みたいで、ここからは…

▲34飛△23銀▲35飛△44歩▲71角
 やっぱり71への角打ちがこのポン桂の狙いなんですね、これが意外と嫌ですね…

△72飛▲53桂成△同金▲同角成△同角
 これで金と角桂の二枚替え、後手の駒得。

20170423藤井7番勝負-7_藤井vs羽生_角換45手▲85飛△82歩▲25飛(45手目盤面図)
 1筋の歩の突きあいを除けば、ここまではこの前の▲糸谷-△佐藤康戦と同一の展開。というわけで、ここまでは最近の定跡といったところじゃないかと思うんですが、この前の康光さんはここで▲42飛と振ったんですが、結果は糸谷さんの勝ち。というわけで、後手が変わるなら手番を握ったこの局面じゃないかと思うんですが…

△43角
 いや~、角を受けに使いました。歩切れという事もあるし、これは体勢が整うまでしばらくガッチリ受けようという構想でしょうか。解説の天彦さんが「△43角はない」といった直後の一手なので、コーヒーふいちゃいました(^^;)。。

▲29飛△33金▲48金
 お、藤井さんはいったん▲いったん48金29飛の流行の構えを目指しにいったのかな?

△74歩▲47銀△32玉▲35金△75歩▲同歩△同飛
 一方、後手は歩切れを解消すべく7筋の歩の交換に行きました。それにしても、▲35金はいい手ですね~、駒損と引きかえに敵陣を乱して攻めを繋ぐ構想を練ったので、歩で攻めを繋ぐ事を考えたら、この一手なのかも(^^)。う~ん、勉強になるなあ。

20170423藤井7番勝負-7_藤井vs羽生_角換63手 しばらく進んだ63手目盤面図。先手からは次に▲45歩とか駒をぶつけて仕掛ける手が満載、後手は一歩を入手したもののまだまだむずかしい展開。ここでどう指すのがいいのか、僕なら普通に△34歩みたいに謝っちゃいそうなんですが、阿久津さんの解説によると、「▲25金と躱されてから▲35歩とぶつけられたら、場合によってはむしろ△34歩と打たない方が固かったという場合もある」との事。う~ん、僕には指し手が分かりません(>_<)。ここで羽生さんが指した手は…

△83飛
 いやあ、よくこんな手が思いつくな…こういう一見不格好に見える手をこういうところで選ぶ柔軟さ、プロってすごいよ。。なるほど、これは実に複雑な局面を作り出した感じがします。次に△95桂が入ると8筋突破ですし、54の銀がどけば不格好に打たされたように見えた43の角がこれまた87を直撃。いきなり飛角の2枚が攻防に働いてきます。これは羽生マジック的というか、眩惑的ではありますが、後手の反撃筋を作ったかわりに先手の攻め筋は手抜いた形になるので、先手に速度計算を含めた読み力を要求した感じ。ここで最善手を続けられれば先手がいい気がするだけに、藤井さんがプロでどのぐらいの位置にいる人なのかが問われる局面かも。。

 しかし、ここで藤井さんは堂々と▲45歩を突いてから8筋をガッチリ受け。以降は藤井さんは綺麗に攻めきり、111手にて先手藤井さんの勝ち!!しかし、完敗かと思ったところから、詰めろ逃れの詰めろを連続で作ってしまう羽生さんもすごかった…。。

 角換わりのポン桂、後手は駒得はしつつも陣形を乱され、歩切れを突かれ、手番を握られ、みたいな感じで、後手に苦労が多い将棋になる展開が多い気がします。将棋ソフトがとんでもない強さになって以降、ソフトの将棋の指し回しがプロ将棋に影響してる気がします。中盤、まだ駒組みをつづけても良さそうなはやい段階からいきなり切り込んで、駒損のかわりに手番を握ったり駒の働きで差をつけたりして主導権を握り、細そうな攻めを繋げてしまう、みたいな。
 それにしても、中学生が深浦さん、康光さん、羽生さんのA級3人を3タテ、すごいです。いや~、本当に中学生のうちにタイトルを取ってしまうかもしれませんよ。。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR