がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

久々に、これから将棋の勉強をしようと思っている方へ!

 コメント欄から、これから将棋を始めようという方からメッセージをいただきました。エラそうなことなんていえる立場でも実力でもないんですが、将棋を始めて見ようと思っている方にこのブログをご活用していただいているようで、とっても嬉しかったです(^.^)。最近、将棋界隈でイヤ~な事ばかりあって気が滅入ってたんですが、ブログを始めた頃のあのときめきを思い出してしまった。81dojoで8級ぐらいの人たちにフルボッコされた状態から将棋の勉強を始め、徐々に級位をあげ、とうとう初段突破まで行った間は、すごく楽しかったな…。仕事で将棋勉強にあまり時間が割けなくなってしまった今は、自分の段位から上に行くのはほぼ不可能、それどころか現状維持も辛いので、あの時が一番楽しかったかも知れません。

 そんなわけで、いただいたコメントへの返答を掲載!!(一部、読みやすいように少し変えてあります。)これから将棋の勉強を始めたいけど…という方の役に立ってくれれば幸いです!!

* * * * *

○○○さま、書き込みありがとうございます!僕も最初に将棋の定跡勉強を始めようと思ったときは、覚える事が多くて大変でした(T-T)。ざっとひと通り覚えるだけでも、毎日コツコツやって2年ちょっとはかかると思います。

(定跡書の難易度について)
 *「このブログで紹介されてる定跡書って難しくないの?」の回答
まず、定跡書の難易度に関しまして。書き込みの文章から推察するに、大人(少なくとも大学生以上)の方かと思います。そういう方なら、将棋の定跡書は難しいと言っても大学の授業より全然簡単です。ただ、定跡書の難しさというのは、定跡書が「これで先手よし」みたいに判断している局面が「え?そうなの?」となる時がある事で、これは定跡書どうこうというより、読み手の中終盤力の問題と思います。そういう時は、一時的に中終盤の勉強に集中すると良いかと思います。僕が思うに、4~5級ぐらいの中終盤力があれば、定跡書は難しいものでもついていく事が出来ると思います。

(定跡の勉強手順について)
 *「定跡の勉強は何から手を付けて良いのか」の回答
定跡の勉強手順につきまして。これは対戦相手やその時の流行などで変わってくると思いますが、基本的には、遭遇しやすくてしかも苦手な戦型の定跡勉強を優先すると良いかと思います。僕の場合、低級のころは対四間飛車がそうでした。

イレギュラーな定跡勉強。詰み付近まで研究されている鉄板定跡というものがあります。これらは、知っていれば優劣が明確なのでプロは指さず、プロが指さないからアマも指す人が少ないのですが、しかし遭遇したが最後、知らないと瞬殺されてしまったりします。例を挙げると、矢倉なら対右四間飛車、角換わりなら先手棒銀、横歩なら△45角戦法、急戦石田流…というような急戦系の定跡は、知っていればやられても自分が有利なものが多いのですが、知らないと面白いように負かされてしまいます(^^;)。僕の経験では、まだその戦型の優劣の結論が出ていない時に定跡を身につけたご年配の方に、この手のスペシャリストさんが多いと感じます。この手の定跡はいつか覚えないといけないと思いますが、勉強のタイミングとしては、その筋のスペシャリストさんと遭遇した時に、他の定跡勉強を一時中断し、短期集中で学べばよいと思います。

(『羽生の頭脳』の是非)
 *「序盤勉強は当面は羽生の頭脳でいいか?」の回答
『羽生の頭脳』につきまして。今これを定跡勉強の軸にするのはおススメしません。例えば、対横歩対策で『羽生の頭脳』の定跡を使っても、今はあまり指されない定跡しか出ていないので、使いにくいです。しかし、これは絶対に持っておく定跡書だとは思います。定跡書は、上級向けになるほど、被らないように配慮して書かれている事が多いです。ですから、もし定跡を知らないければ初見で思いつきそうな手が、既存の棋書との被りを避けて最新の定跡書には書かれていなかったりします。古い定跡書が侮れないのはこの為で、『羽生の頭脳』は古い定跡の集大成みたいなところがあって、古い変化を調べる時に使いやすいです。例えば、さきほど例に挙げた横歩取りでいうと、今は△33角戦法というのが80%以上だと思うのですが、しかし△33桂というのも十分成り立つ将棋でして、こういう今の定跡書にはあまり詳しく触れられていない古い手を指された時、古い序盤定跡の集大成である『羽生の頭脳』ほど役に立つものはありません。

(将棋の勉強にかかる時間とお金)
*「将棋の勉強は時間もお金もいくらあっても足りないのでは?」の回答
時間とお金につきまして。そうですよね、そこは気になる所かと思います。
まず、時間から。どこに目標設定をするかにもよりますが、最初の長期目標が5級、次の長期目標が初段ぐらいにしておくと、いちばん楽しく将棋が出来ると思います。僕は、5級ぐらいまでは1日1時間の定跡勉強と、追加で余った時間(電車に乗っている時間とか病院の待ち時間とか)に詰将棋とか手筋とかの勉強をしてました。ゆるい部活以下の努力しかしてないですが(^^;)、それでも5級あたりまでは面白いほど上達が実感できると思います。以下、上級や段を目指すとなると、もう少し将棋に時間を割かないといけなくなると思いますが、それは5級あたりに来てから考える感じで良いのではないでしょうか。僕の場合、定跡勉強自体が「こんな手があるのか!」という連続なので、対局以上に面白く、「将棋は1日1時間まで」という自分の中のルールを忘れてのめり込むほど楽しいものでしたが、もしそんなに時間を使いたくないとか、あるいはあんまりおもしろくないと思うようであれば、同じぐらいの棋力の方と本将棋を指すだけでも、5級ぐらいまで来ていれば相当に楽しいと思います。5級ぐらいまで来ると、一生モノの楽しい将棋仲間が出来るかも知れません(僕の場合、初段前後から、そういう一生モノの友人が何人か出来ました^^)。まず、それぐらいに楽しくのめり込めるものに出逢えたという事が、人生のなかでもすごく幸福な事なのでしょうしね。

お金について。いま僕は道場3段なのですが、そんな僕が持っている棋書は70冊ぐらいです。初段ぐらいなら30~40冊ぐらい、5級ぐらいであれば10~20冊ぐらいで何とかなると思います。このあたりから逆算して、棋書にいくらお金を使うかの見当がつくかと思います。(*追記:ただ、同じぐらいの強さの人と話をすると、僕は短期間で強くなったほうでして、ある意味で勉強熱心でした。棋書を読むのが上達の近道である事は間違いないと思うのですが、実践で強くなる人というのも実際にいて、こういう人は強くなるのに時間はかかるものの、本への出費は抑えられるかも。)棋書にも種類がありますが、もし節約したいのであれば、図書館で借りるなどの方法もあります。ただ、ひとついえることは、趣味にお金を使う事は楽しい事ですし、もし余裕があるのであれば、人は趣味にお金を使いたいものだと思います。そして、車や音楽やスポーツに比べると、将棋は仮に初段まで来るぐらいにのめり込んだとしても、かなりお金も手間もかからない趣味だと思います。

関連記事

コメント

ShougiX先生のブログの読者歴一年を経ての報告 

私も去年からShougiXさんのブログを参考に棋書を集めていたことを思い出しました。将棋の勉強法の一つのサンプルとしてコメントさせていただきます。

期歴は一年半で現在関西将棋会館四段、ウォーズ三段、24で初段になりました。

大学院生で会計士の資格を持っているので時間と金銭的に余裕がありました。ですので、比較的効率が良い勉強ができたと思います。将棋の勉強は一日に2~3時間毎日欠かさずしていました。

初段まではブログを参考に対抗系のみ指しました。道場初段到達は八ヶ月(ウォーズでは半年かからない)くらいだったように思います。

勉強内容は3手詰めハンドブックと5手詰めハンドブック計四冊を一日一冊ローテーションしていました。それに追加で別の詰将棋本で一日百問、計三百問を30秒考えてわからなければ答えを見ることを繰り返しました。実戦は一日二回、実戦で出た戦型の本を読んで、ソフトで検討し反省。これを初段になるまでやりました。

対振り:基本的に穴熊、藤井システムには右銀急戦
対石田流:左美濃、場合によって棒金
対居飛車:四間飛車オンリー(棋書が多いので)

有段者になってからは相掛かり以外の相居飛車を指したり石田流や中飛車を指すようになりました。

(羽生の頭脳について)
ShougiXさんと基本的に同じ考えです。現在でも使えるのは23歩や45角が載っている横歩取りの所だけでしょうか。古い変化への対策として、長い目を見て総合的に強くなりたければ買った方がいいですね。

棋書は道場初段クラスやウォーズ初段なら20冊もあればなれると思います。相居飛車も指すのであれば30冊程度でしょうか。大事な事は何度も反復することだと思います。一局一局大切に反省すれば棋力は自然に上がっていくと思います。

効率を重視すれば最初は対抗系だけ指すことが良いと思います。居飛車党へは初段からでも遅くはないと思います。ただ、飽くまでも趣味ですので相居飛車も指したければ、指して楽しくやるのが結局良いと思います。
  • Shogi Z 
  • URL 
  • 2017年02月27日 18時18分 
  • [編集]
  • [返信]

ありがとうございます。 

ShougiX様、ご丁寧な回答ありがとうございます。
態々記事まで書いて頂いて感謝の言葉もありません。

今は基礎的棋力を涵養する時期と考え、詰将棋を中心に勉強しています。棋書を読みこなす上で中終盤の勉強が必要になってくるようなので、今の勉強が間違っていないというお墨付きを頂き安心しました。
重ね重ね質問して恐縮なのですが4~5級ぐらいの中終盤力とはどの程度を指すのですか?
詰将棋でいうと5手詰めが解けるぐらいですか?それもスラスラと解けるぐらいですか?

定跡勉強につきましては、頻出する戦法から勉強し、所謂「初見殺し戦法」にも対応できるようにすればよいのですね。基礎的棋力が身に付きましたら、ShougiX様の推薦図書を参考に少しずつ買い揃えていきたいと思います。

羽生の頭脳について吟味していると「古典文学」、「辞書的な使い方も出来る」といった書き込みが散見されますが、ShougiX様のご説明でようやく得心がいった気がします。

今月、多くの棋書を買い漁ってしまい金銭的な心配が少しありました。強くなるには一体どれほどの棋書が必要になってくるのかと…。近隣の図書館の利用もしていますが中々棋書を所有していませんね。絶版になる前に棋書を入手しておかなくてはと、今の棋力には適さない高難度の棋書も短期的に買い集めた為に必要以上の出費になったのでしょうね。それを買い揃えたら、出費も落ち着く筈です。私は短期間で強くなることに主眼を置き過ぎていたように思います。漸進的に棋力を上げ、生涯通して楽しめる趣味の一つと考えればか大変お安くすむのかもしれませんね。

またShougiX様のご厚意に甘えご教授を願うかもしれません。どうかその時はあしからず。
今回はご回答頂き本当にありがとうございました。重ね重ねお礼申し上げます。
  • 湯豆腐 
  • URL 
  • 2017年02月28日 20時51分 
  • [編集]
  • [返信]

アドバイスありがとうございます。 

Shogi Z様、ご助言ありがとうございます。

今は3手詰を中心に1,3手詰みの問題集を複数冊繰り返し解いています。繰り返し解き、解答スピードが上がってきたら新たに詰将棋本を購入し、ローテーションに加えています。未だに3手詰めの問題を反射的には解けませんが、いずれ出来るようにこれからも訓練していきたいですね。

相居飛車を避け、対抗系で指すというのは盲点でした。居飛車党を目指すなら、相居飛車と対抗系の定跡勉強が必要と考えていましたので。

感想戦やソフトを使っての反省につきましてはその段階にすら到達していませんので、その勉強が必要になったときに情報を集め実践していきたいですね。

長期的に楽しむつもりでやっていきます。ご親切にご助言ありがとうございました。
  • 湯豆腐 
  • URL 
  • 2017年02月28日 22時08分 
  • [編集]
  • [返信]

Re: ありがとうございます。 

湯豆腐さま、書き込みありがとうございます!

私なんて将棋を趣味になさってる方々にとっては若造もいいところですから、お礼なんてけっこうですよ(^^)。むしろ、このブログを活用して下さいまして、有難うございます(o^ー^o)!

えっと、また回答が長くなってしまいそうなので、あとでブログの本文にまとめて書いておきますね!ではでは。。
  • ShougiX 
  • URL 
  • 2017年03月01日 12時20分 
  • [編集]
  • [返信]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR