がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

竜王戦 決勝トーナメント 3試合

 今週は、竜王戦の決勝トーナメント3試合が行われてました。

○羽生善治 vs 小林裕士●
 小林裕さんという方、存じあげていなかったんですが、竜王戦2組での成績を見ると…木村一基、畠山、松尾、豊島と倒しての優勝。これはすごい!!ちなみに2組には、ほかにも高橋道雄、屋敷、行方、鈴木大介という強豪がわんさかいる山です。これはもしかすると、小林伝説の始まりか?!…と思ったら、さすがは羽生さん、強すぎです。ものすごい手が色々と飛んでました。
 将棋は横歩取りで、先手の羽生さんが「青野流」という指し回しを選択。しかしこの将棋、飛車交換、角交換、30手目あたりではすでに終盤戦模様と、とんでもない激しさ。飛車角を駒台に置き、玉は中住まいなんて、級位の私には怖くて指せません。。羽生陣の右翼で始まった攻防は、攻めも受けもものすごい事に。自陣のメチャクチャ狭いところに飛車を打って受けたり。序盤、羽生さんはぼんやりと2筋に歩を打って相手陣に利かしていたのですが、これが受けに使った香でいつの間にか紐がついていて、最後まで相手陣を抑えこんでいたり(という事は、歩を打った時には受けで2筋に香が放たれる事を最初から知っていた?だとしたら、すごすぎる…)。見ていてメチャクチャ面白かったです。

●及川拓馬 vs 金井恒太○
 金井さんは『対急戦矢倉』の本で知り、NHK将棋で初めてその指し手を見て、「将来は郷田さんみたいな棋士になるのかな」と思ってます。竜王戦の決勝トーナメントに出ているので、やっぱり若手の中でも強豪のひとりなんでしょうね。将棋は横歩取りで、またしても青野流。これって、ぜったい数日前の羽生vs小林裕戦を意識してますよね。中盤は銀を繰り出すでもなく、角交換から飛車の空中戦を経て一気に終盤へ。そこで、後手の金井さんが狙った飛車角を使っての両王手の筋があったんですが、これはすごく勉強になりました。そういえば、両王手なんてできた事ないなあ。また、それを何とか切り返す先手も凄い。やっぱり、プロってすごいです。

●豊島将之 vs 谷川浩司○
 この決勝トーナメントで羽生世代を倒すとしたら、この豊島さんではないでしょうか。また谷川さんには、若手に超えさせないという意地も見せてほしい。そんな視点で注目していたカードです。
 これまた横歩取り。途中までは豊島7段が優勢だったように見えたんですが、終盤になって大混戦。私には、どちらがいいのか、まったく分かりませんでした。互いに、寄せながら受けるという指し手が80手以上続くという大熱戦。どうにも、棋士室のコメントを読んでいると、どちらも何度も詰みを逃しているみたいです。でも、それぐらい難解な寄せあいだったのでしょう。結果は、優勝候補の一角を破って意地を見せた谷川9段の勝利!


 さて、いずれの対局も、すべて横歩取り。そういえば、現在進行形でやっている羽生vs渡辺の棋聖戦も、2戦とも横歩取りでしたよね。これは、後手が活路を横歩に見出しているという事なんでしょうか。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR