がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第29期竜王戦 第6局 渡辺明 vs 丸山忠久 (一手損角換わり)

 もつれてきている今期の竜王戦、第6局は丸山さんの後手一手損角換わり、しかも4手目角交換です(^^)!!最近、先手が角交換を拒否する将棋をいくつかみたのですが、4手目角交換は拒否しづらいです。そして、やはり角換わりシリーズとなりましたね。

20161207竜王29-6_渡辺vs丸山_一手損角換47手 さて、一手損角換わりだというのに、先手の受けは早繰り銀でも棒銀でもなくって腰掛け銀。このシリーズでは先手が腰掛け銀を連採ですので、今のところプロはこれが有力筋とみているのかも。先手渡辺さんは相腰掛け銀から▲47金型を作り、そこで間髪入れずに丸山さんが6筋の仕掛け!!最近、角換わりのこの仕掛けからの角の打ちこみの筋が前よりは何とか読めるようになってきましたが、角を損しながら敵陣を乱しに行くので、やっぱり深くまで読まないと怖くて指せないです。単純な読み抜けがあって、単に角を渡しただけで終わっちゃったりね(゚ω゚*)。。しかし一手損のスペシャリスト丸山さんの攻めはそんなに甘い物じゃなかったようで、47手目に渡辺さんが放った手は…

▲24桂
 うわあああ、1日目からいきなり勝負手っぽいの来たああ!!この直前に指された手は△65歩で、銀がどけば△39角なので、確かにこれはすごくイヤな手です。ヘタクソな僕ならそれでも面倒を見て凌ぎに行くと思うんですが、渡辺さんの読みだと、受けていたらもう受からないのかも。だって、敵矢倉のこの位置に駒を打って崩しに行く手は、たしかに矢倉崩しの教科書なんかにはよく書いてあるけど、昔丸山さんがNHK杯で似たような手を指したら、渡辺さんは爆笑していたんですよ(2013年の▲飯島-△丸山戦)。その渡辺さんが指すという事は、これはもう勝負に行かないとマズいと見ているんじゃないかと。しかしここで丸山さんは…

△66歩▲32桂成△同玉▲24歩△同銀
 面倒を見ずに銀を拾いました。一方の渡辺さんはあんな勝負手を放った以上は手を戻すはずもなく、後手玉付近の2筋の戦場をババッと精算。そしてここで封じ手です。いや~、後手には楽しみな手がたくさんありますが、手番は先手。受けに一手使ったら△39角が飛んでくるので、もう一気に攻めに行くんじゃないかと。どちらが良いのか分かりませんが、もう既に形勢はどちらかに傾いているのでしょうね。明日が楽しみ!

*****
 さて、2日目。封じ手は…おおおお、強気の▲55角!!ということは、△39角が入っても大丈夫という事?いやいや、それを気にしていたらもう良くないから間違えたらひっくり返しますという拠点を作っておいたのかも…読み切れてないもので分かりませんが(^^;)、深浦さんをはじめ錚々たるプロ棋士の方がみんな後手持ちなので、これはやっぱり後手の方がいいのかも。この後は丸山さんがやっばり△39角から決めに行って、90手にて後手丸山さんの勝ち!!

 いかにも定跡手みたいな手ばかりの、角換わりならよくありそうな序盤だったのに、駒がぶつかってからは瞬殺劇でした。いや~、レベルの高い将棋というのはオソロシイ。いつも悪くなってから真剣に考え始めるボクとしては、序盤で何気なく指していてはいけないという教訓のような将棋でした(゚∀゚*)エヘヘ。。それにしてもこれでフルセット、こんなにもつれた竜王戦をリアルタイムで見るのは初めて、メッチャ面白いです。最終局は12月21~22日、丸山さんが後手になるとひょっとするやも知れません!!


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR