第24期倉敷藤花戦 第3局 里見香奈 vs 室谷由紀 (相振り飛車)

 あれ?今日はNHK杯はお休み?でも、今日は倉敷藤花戦とどっちを見ようか迷っていたので、迷わずに済んでいいや…。

 昨日今日と、里見さん強い!!女流ではちょっと図抜けている感じです。しかし、今日は室谷さんも素晴らしかった!明らかに悪い形で終盤に入ったのに、簡単に寄せさせません。玉の上部脱出を狙った88手目から、50手を超える見事な粘り!素晴らしい終盤戦、攻める方も受ける方も、好手が何度も飛び出していました。いやあ、室谷さん、負けたけど素晴らしいわ…。里見さんの中終盤は女流では抜きんでているのでしょうが、しかし室谷さんの終盤力も、女流でトップ集団のひとりに入るんじゃないでしょうか。俺だったら、室谷さんに終盤で超簡単にひっくり返されてたな(^^;)。しかし将棋は難しいですね、序盤研究が良くても終盤力が凄くても中盤が優れていてもそれだけでは駄目で、全部がバランスよくないといけないというのが、このシリーズを見ていて痛感させられました。

 今年は、自分でも倉敷に行ったし、今年の倉敷藤花戦は面白かった!!室谷さん、ここ数年で、見事に女流のトップグループに食い込んだと思います。それでも、ひとりだけとんでもない強さの化け物がいるので、「いずれタイトルを取る」とは言えない所が(゚ω゚*)…




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも楽しく拝見しております。将棋暦的には管理人様といい勝負くらいかと思いますが、私のほうがだいぶ弱いでしょう。

白熱の終盤はともかく、これは後手三間飛車が大差で完敗だと思います。全部いいようにやられちゃった感があり、残念です。失礼ながら、具体的なことは純居飛車党の方にはチンプンカンプンなのではないか、と思いますが。(その逆で私は相居飛車というものが皆目わからないので・・・)

ただ、実力互角の超トッププロ同士がやっても、手も足も出ずという感じに大差で負けになってしまうのが「相振り」なんで、別に負けたほうがレベルが低いということではないと思います。羽生先生や久保先生、藤井先生あたりも序盤で素人っぽく失敗してるのを何回か見ましたので。

純振り党にとって「相振り」ってとにかく勝ち方、負け方を知るのが難しいの一言で、これが嫌だから振り飛車が楽しくない、みたいなことになるんですよね。私はむしろ相振りが好きなんですが、相振りの棋譜は基本的に全部研究しないと何も理解できない、対抗系はひたすら自分が指すものに絞って知っておけば十分というのが「結論」になってきております。

Re: No title

ヨハネス様、書き込みありがとうございます。すみません、最近仕事がとんでもない忙しさで、ブログにまったく触れる事が出来ておりませんでした。

序中盤は、ヨハネス様のおっしゃる通りなのでしょうね。相振りのシロウトで、しかもアマチュアの僕が見ても、先手が銀冠に構えた時点ですでに先手良さそう、9筋に手をつけられたところではもう大差なんだろうな、ぐらいに見えました。

相振りにしても対抗形にしても相居飛車にしても、自分に選択権のある変化は、自分の変化だけ研究すれば大丈夫なのでしょうね。私も、四間飛車対策や石田流対策は、毎回違う応接をしているわけではなく、だいたい同じ対策です。対ゴキ中なんて、先後問わず穴熊ですし(笑)。でも相居飛車(たぶん、おなじ意味で相振り飛車もそうなのでしょうが)に関しては、自分が同じ局面で先手を持つ事も後手を持つ事もあるので、結局多くの変化を抑えておかないといけない、という事になっていくのでしょうね。角換わり相腰掛け銀なんて、まさにその典型です。

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド