がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第2期叡王戦 千田翔太 vs 佐々木勇気 (角換わり)

 「プロや奨励会員のような手」みたいなものって、ありませんか?相当に強い人でもアマチュアではちょっと想像だにしない手や構想を見る事があります。叡王戦の準々決勝での千田さんの将棋が、そんな感じでちょっと鳥肌モノでした。これは震えた…

20161030叡王02_千田vs佐々木勇気_角換36手 将棋は角換わり、相腰掛け銀で先手は▲68玉48金29飛の形、後手は通常の矢倉形です。先手の玉型、後手だけじゃなく、先手も関係なしに使うようになってきました。この形の棋譜をいっぱい見たいので注目していたんですが、36手目で駒組みが飽和状態に達した所からの先手千田さんの開戦の構想が素晴らしかった!

▲35歩△同歩▲45桂△42銀▲66角
 突き捨てで後手の3筋の歩を浮かせてから桂跳ね、そして66に角打ちです!今年はプロの将棋をあんまり観れなかったんですが、この角打ちって普通なんでしょうか。凄い構想だと思ってしまいました、鳥肌が立ったよ。。これは絶対に覚えておこう…
 それにしても、竜王戦第1局といい、A級順位戦での▲三浦‐△渡辺戦といい、角換わりでの早い▲45桂の跳ね出しに対しては、後手は△44銀としないで、22なり42に引くんですね。今回の形だと22に引いたら▲79角でゲームオーバーですから42なんでしょうが、いずれにしても次の△43歩を楽しみにして桂跳ねを咎めに行くという事でしょうか。しかし、今回みたいな角打ちが通ってしまうなら、これはこれまでの相腰掛け銀の時みたいに△44銀がいいのかも知れない、な~んて思っちゃいました。

20161030叡王02_千田vs佐々木勇気_角換46手△44角▲24歩△同歩▲同飛△23歩(46手目盤面図)▲44飛
 佐々木さんは△44角と合わせて角の成り込みを消しに行きました。これは自然な手に見えたんですが、代えて△33桂だとどうなるんだろうか。2筋の歩を交換された後に桂頭に歩を打ち込まれるのが不安だから、やっぱり角を合わせるのが自然か…。しかし、この自然に見えた合わせの角に対し、先手は2筋の歩を交換した後に、なんと飛車を引かずに飛角交換!!いやあ、連続して「プロや奨励会じゃないと、とてもじゃないけど指せない手」の連発ですよ、こんなの仮に定跡化されてたってオソロしくって指したくない(^^;)。。だいたい、▲48金29飛の形は打ち込みの隙がないって言われてるけど、玉が潜れてないし、なにせ慣れていないもので、こんな形のまま飛車を渡して大丈夫なのか、と最初に思っちゃうんですよね。

△44同歩▲同角
 これで飛角交換が成立しましたが…いやあ、先手は角桂の攻めが綺麗に連携、そして後手は3筋の歩が浮かされ、2筋にも3段目に歩を打たされているので、歩の合駒が出来ず、守りにくいです。

 しかしここで手番は先手、守れない以上は攻め勝つか、攻めながらどこかで攻防手を絡めたい。佐々木さんは▲28飛と打ちこんで攻め勝ちに行きましたが、ここからの後手の攻めが通るかどうかが、今日の千田さんの構想の成否を分ける事になる思いました。アマ的には、金は浮き駒になっていきなり打ち込みで金取りが掛かってるし、玉は潜りこむのに2手かかるしで、とても先手が守り切れるとは思えなかったのですが、なんとここから千田さんは駒を総動員して守りきり!しかもその守り方が、打ち込まれた飛車を徹底的にいじめるというものでした。いやあ、この飛車を封殺してしまえば守りきりどころか攻め駒に飛車が入る事になり、先手勝ちという大局観か、凄いな…。しかし、この後手が打ち込んだ飛車をめぐる両者の攻防も、アマチュアではとても真似できないような凄いもので、これまた震えてしまいました。。結果、99手にて先手千田さんの勝ち!!

 すごい将棋を見せられてしまった…。これは戦慄、千田さんは将棋ソフトを使っての研究が凄いそうですが、研究を離れて以降の中終盤力もエグくて、とても序盤型の棋士なんて呼べません。昨日はNHK杯でも永瀬さんが行方さんを仕留めていましたが(感想戦でも永瀬さんが一枚上で、行方さんに見えていない絶妙手を指摘。オソロシイ…)、羽生世代とは全く違う特徴を持った若手強豪が次々に出てきた印象です。いやあ、この将棋はすごかった。。


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR