がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第29期竜王戦 第2局 渡辺明 vs 丸山忠久 (一手損角換わり)

 ただいま第2局も終盤戦に差し掛かっている所。渡辺竜王の十字飛車が炸裂か?!という緊迫の場面で、棋譜解説は「丸山はカロリーメイトの缶を開けた。終盤戦に向けて栄養を補給する」との事。この大事な局面で何を解説してるんだ(´・ω・)、笑って力が抜けちゃったじゃないか。。それにしてもよく食うな…

20161028竜王29_渡辺vs丸山_一手損角換30手 竜王戦の第2局は4手目角交換の一手損角換わり。4手目角交換は色んな変化があるので、僕はやられるとビクッとなっちゃいます。そこから先手渡辺さんは腰掛け銀、後手丸山さんは…おお~、玉を矢倉に潜らずに△81飛・62金で構えました!角換わりでこれで待つ将棋をずいぶん見るようになりました。今年のNHK杯で森内さんが後手でこういう待ち方をしたし、たしか新人王戦でも出てきました。僕個人は、右玉とかこういうのは、おっかなくてとても指せないなあ。。そして渡辺さん、攻められにくいけど立ち遅れ気味になる後手のこの構えを見て…穴熊狙い!いや~、いかにも渡辺さんというか、手待ち気味に来られるなら「隙あらば穴熊」ですね(^^)。そして丸山さん、右銀を腰掛け、そして左銀を44に繰り出し(!)、渡辺玉が穴熊に潜り切る前に△65歩から仕掛け!!

 この仕掛け以降、ずっと面白かった!手番を握っての渡辺さんの反撃は強烈、しかし、それを剣先ギリギリのところで見切って躱す丸山さんの受けが凄い!そして、後手からの穴熊崩し、渡辺さんのはやめに大駒を切っての攻め、丸山さんの穴熊のコビンを狙いに行く馬、それを許さない渡辺さん…いやあ、竜王戦にふさわしい素晴らしい熱戦ではなかったでしょうか。そして局面は、ものすごく難解な終盤戦に!(ここでカロリーメイトの解説が入った^^;)。。

20161028竜王29_渡辺vs丸山_一手損角換75手 75手目盤面図以下は、目を離せない攻防戦!まず、75手目の▲41銀打が、僕にはそうとう厳しく見えて、先手優勢じゃないかと思いました。だって、この金を逃げると次の▲41飛がメチャクチャ厳しいですよね。というわけで、自玉の隣に打ち込まれた銀がこれだけ厳しいのに、金を逃げられない丸山さんは…

△84桂
 自慢させて下さい、この手、あたりましたヾ(´∇`)ノ゙。。他には△75歩とか、とにかく77の銀を動かしてハッチの閉じきっていない穴熊のコビンから角の攻撃を決めたいです。しかし…僕はたったそれだけの考えなんですが、当然後手玉はそれ以上に火がついた状況ですので、これで間に合うのかという問題が。。僕のは「次に詰めろが入る状況ぐらいにしとかないと間に合わそうなので、受けは考えずに攻め」みたいな考えなので、手だけ当たっても全然ダメですね(^^;)…。

▲49飛
 これがまた厳しい。丸山さんは攻めだけ考えれば△55馬で、以降はこの馬のラインを活かした攻勢と行きたいですが、その攻めが繋がるかというと…う~んわからない(^^;)。それで攻めきれないと、今度は渡した駒を使って詰まされそうですから、読みきりでないとたしかに△55馬は指せないなあ。

△24馬
 お~、丸山さんは勝負に行く手でなく、粘りのききやすい手を選びました(^^)。玉が左辺に逃げ込めば、馬の守備力が凄い事になりそう。しかし、こうするとアマから見るとどう見ても怖い筋があるぞ…

20161028竜王29_渡辺vs丸山_一手損角換81手▲44歩△同歩▲44同飛(81手目盤面図)
 十字飛車、キタ━━(゚∀゚)━━!!いや~、これは△43歩みたいに受けたら金を抜かれ、飛車を成り込まれてジ・エンドなので…

△55馬
 というわけで、この一手という感じなのは解るんですが、それでも▲32銀成△同玉▲42飛成で決まりじゃないのか??…いやあ、△23玉で逃れているのか、すげえ…。。今日は中盤から丸山さんの紙一重での見切りがすごい。形で指してるんじゃなく、ことごとく読みが入ってる感じで、凄いと思ってしまう…

▲64飛
 うああああ、渡辺さん、ここで飛車を切ったああああ!!!!いやあ、金を手持ちにしたからといってすぐ詰む筋があるわけではなさそうなので、いったん受けに回る事になると思うんですが、それで受かっていると見ているのか。単純に詰めろをかけるだけなら、丸山さんから詰めるをかける手があるんですが、それを見切ってる?!これは強い人じゃないと難解すぎて分からない終盤です。もう考えるの止めてみるだけにしようかな…

△76桂
 これは詰めろですが、△76角で飛車を抜いても良かったような気も…あああああ、抜いたら▲43銀が激痛なのか、いま金を抜かれたばかりなのを見落としていたよ(^^;)。しかし、凄い終盤になりました。どちらも手番を渡さずの直線の攻めは無理、攻守を考えながらの将棋になりました。しかし、受けに放った55の角が、先手玉のコビンを狙う重要拠点になりましたね。十字飛車と55角の攻防手、その飛車を見切っての踏み込み、その踏込を手抜いての詰めろ…いやあ、凄すぎて仕事が手につきません(^^;)。。

▲87金△75桂▲76金△87歩▲66歩△76銀
 後手の波状攻撃が凄まじいですが、ここで手番が先手渡辺さんに!!

▲44桂△41飛
 渡辺さん、詰めろから入りました。さすがにこれは先手勝ったかと思いきや、丸山さんの△41飛の詰めろ逃れがすげええええ!!!いやあ、仮に△44同角だと▲同飛が入るので、その順も潰してるのか…う~~~~~ん、すごい、鳥肌が立ちました。

▲同と△22玉▲32桂成△13玉▲21飛
 竜王はさらに追撃するも、ここで丸山さんは切らしに行き、ついに竜王の王手が続かなくなりました。いやあ、本当に△24馬が活きたよ、なんという大局観。。結果、98手にて後手丸山さんの勝ち!!!

20161028_kanso2.jpg いや~、十字飛車ちょっと前からの両者が凄かったです!!これは心に残る対局だなあ。。今回の竜王戦、丸山さんを応援してます。だって、あんな形で出る事になって、準備だって間に合ってないだろうに指す事になって、負ければ悪くも言われるだろうに、こうして対局に出てくる心意気に泣けます。渡辺さんも、心中穏やかでないでしょうが、「だれが出てこようが渡辺竜王からタイトルは取れなかっただろうね」と言われるよう、どうか頑張ってほしい。

 そして…対局後のこのふたりの笑顔、これに一番救われる思いでした。お二方とも、最終戦までもつれ込むような名勝負となるシリーズを期待してます!!


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR