がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

最近見た将棋

 日曜日って大事ですね。フリーで仕事をしていると曜日なんて関係なくなって、気がつくとずっと仕事、そして疲れ果ててしまったりします(^^;)。でも、休日があるお蔭で、「今日は仕事しなくってもいいや」みたいに自分を許せたり。この1週間もそれなりに忙しかったんですが、山場は抜けたかんっじなので、将棋はけっこう見る事が出来ました。そのなかで、印象に残っているものを。

 一番印象に残っているのは、棋王戦トーナメントでの▲郷田-△屋敷の相掛かり戦。屋敷さん、とんでもない玉あがり。自陣を極端な悪形にしながら馬を作られる局面を自ら選び、それで指せるという判断が信じられませんでした。そして、本当に勝ってしまった…。以降も飛車捨て、相手の手に乗りながら自陣の整備、更に守りと攻めに何度も出てくる銀の活用や打ち込みが絶品すぎ。中盤も終盤もとてもじゃないけど真似できない屋敷ワールド全開の将棋でした。これは手品を見ているような眩惑の棋譜、鳥肌ものでした。

 叡王戦での▲羽生三冠-△山崎叡王-の横歩も大熱戦で印象に残ってます。早投げの山崎さんが終盤劣勢になってからも根性で指し続けたのは、叡王としてのプライドでしょうか。山崎さんの気迫が伝わってきた素晴らしい将棋でした(^^)。それにしても、苦労している横歩で、早指しを得意とする叡王をこうも見事に粉砕してしまうのか…羽生さん、凄いです。

 銀河戦決勝での▲廣瀬-△藤井猛戦は、後手藤井システムが炸裂!藤井さんの将棋は、中盤入り口あたりは急戦より持久戦志向という印象があったのですが、この将棋でのいきなり桂を跳ね出しての急襲は凄かった!時限つきの怖い手かと思ったんですが、これが最後まで効いて細い攻めを繋げ、終盤力の鬼である廣瀬さんを攻め滅ぼしてしまう会心譜!40半ばでの棋戦優勝は凄かったです!

 女流では、倉敷藤花の挑戦者決定の▲上田-△室谷戦を見てました。後手室谷さんは2枚の銀がどちらも負担になりそうな形になってしまったのですが、中盤で勝負手を放って賭けに出ても良さそうな場面でも丁寧に指して凌ぎ(ここが凄かった)、終盤でなんとか喰いついてからは見事な寄せ。森門下は終盤力のある棋士が多いですが、これは村山さん以来の伝統でしょうか。名門と思います。室谷さん、女流タイトル上位常連になってきましたが、しかしトップに君臨する里見さんの勝率が復帰以降は9割越え(゚ロ゚ノ)ノ。しかも、3段リーグと掛け持ちで、女流棋戦では序盤研究を隠して指している印象すらあるのに、この成績というのが凄すぎる。女流棋士は、せっかくタイトル挑戦まで辿りついても最後にいる棋士が強すぎて気の毒です(^^;)。

そして今日のNHK杯▲佐々木-△木村戦は、例によって佐々木さんの終盤の切れ味が凄すぎ。佐々木さん、いつもとんでもない切れ味の将棋を見せてくれるんですが、なんでこんな豪腕が順位戦C1で竜王戦4組の5段なんだろうか…プロの世界は厳しいなあ。


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR