がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第66回NHK杯 郷田真隆 vs 高見泰地 (横歩取らず)

 圧倒的じゃないか…郷田さん強い。今日の将棋は横歩取り調の出だしから、先手郷田さんが横歩取らず。1回戦でここ数年絶好調でA級まで登り詰めた稲葉さんをスウィープした若手期待の高見さん(23歳、C2で目下4戦全勝!)をまったく寄せ付けませんでした。昨年あたりから王将戦以外ではB級陥落や頓死や2歩など、ちょっと衰えてきてしまったのかと思っていたんですが、やはりタイトル6期かつ現タイトルホルダーは将棋のレベルが段違いなんだなと思わされました。本当に凄かった…

20160925NHK66_郷田vs高見_横歩取らず56手 序盤で先手郷田さんは横歩取らず。対する高見さんもまた横歩を取らずに、これで力戦模様。序中盤が構想勝負になりましたが、こうなるとさすがに郷田さん強いです。構想も指し手も、書き切れないぐらい見事でした。最後の▲12角に至っては、指された瞬間に驚きのあまり声が出てしまいました(56手目盤面図の次が▲12角!)。感想戦で高見さんも「僕の寄せでは知らない手」みたいな言い方をしていたので、プロでも見えにくい凄い手だったんだと思います。

 今日は単手数で終わったので(横歩のしかも力戦調では仕方ないですね^^)感想戦が先週に続いて30分ぐらいあったのですが、この感想戦がまたすごかったです。初手から視聴者に分かりやすいように、郷田さんも高見さんもそれぞれの局面でどういう判断をして指していたかを話しながら進めてくれたんですが、とにかく変化の多い作りのこの将棋で、そこまで読んで指していたのかと驚愕。僕の中で、この感想戦は永久保存版です!!あ、あと、郷田さんが「最近は横歩を取って負かされてばかりだから」みたいに言っていたのも印象的。羽生さんに限らず、今は横歩△33角戦は研究勝負の側面が強くて先手苦労する戦型なのだな、とあらためて思いました。あと、高見さんの「本当は△32歩と打ちたかったけれど、テレビですし」というのも笑えました(^^)。

 やっぱり横歩はオソロシイ。プロの現状の本線は△33角ですが、それに代えての△33桂や角交換はもちろん、それ以前の横歩取らず、相横歩、相掛かりへの合流などなど、アマで指していると△33角に辿りつかない事も多々あって、△33角の研究以前に、その前の変化でしておかなきゃいけない定跡勉強が大量にあるんですよね…。私は現在▲46銀37桂が通りにくくなって以降の、急戦を含む矢倉研究に時間を奪われていて横歩の再研究が後回しになっちゃってますが、いつかやらなきゃ…。羽生の頭脳はアタマに叩き込んだんですが、それですら久々の局面になると「あ、あれ?こっからどうするんだっけ?」となってしまうし(特に相横歩がヤバい)、また飯島さんの本に至ってはまだ読めてません。あれは凄い本らしいので、絶対に読みたいんです…。


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR