がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第66回NHK杯 斎藤慎太郎 vs 森内俊之 (角換わり相腰掛け銀)

 昨夜テレビをつけていたら、ドラマ仕立てで村山聖さんの特集をやってました。やっぱり見ていて切なくなっちゃいましたが、自分の情熱をかけられるものを見つけられ、それに打ち込む事が出来たのは、悔いのない人生だったのかも知れませんね。あと、羽生さんが村山さん他界後も年賀状を出していたというのは、感動してしまった。。

 さて、NHK杯です。今週こそ好カード目白押しの甲子園を見ようと思っていたんですが…森内さんと若手強豪の斎藤さんの好カード(^^;)、またしても将棋を見ないわけにはいかなくなってしまいました(*゚∀゚*)。。将棋は斎藤さん先手の角換わり相腰掛け銀だったんですが、後手の森内さんの方針が面白かったです。後手森内さん、腰掛け銀にあがる前に飛車を81に引き、居玉のまま△62金81飛の打ち込みの隙がない形を作りました。以降も森内さんは矢倉に入らずに中央で玉を動かして手待ち状態、徹底して待ち/受けの方針を崩さず。いや~、受け将棋は読み抜けがあると一方的な負けになっちゃうので、僕みたいな読み抜け満載のアマにとっては真似しにくい将棋です。これは強くないと出来ない棋風ですね。。
 そして、早指しのNHK杯で手待ち合戦に突入、なんと斎藤さんも▲48金29飛という森内さんと同じ形を作って手待ち(゚∀゚*)エヘヘ。司会の藤田さんも「これはいつ始まるんですかね」なんて笑ってましたし、これは時間いっぱいまで手待ちという前代未聞の将棋が観られるか?!と思いきや、先に歩の連続突き捨てを入れたのはなんと森内さん。ここからいきなり激しくなって、電光石火の中終盤!!いや~、お互いに色んな手があったと思うんですが、その順が難しいし、手抜きの攻め合いのタイミングも成立しているかどうかが難しくて、見ていて息をのんでしまいました。結局、互いに攻防を見ながらの争いとなったこの超難解な中終盤戦で読み勝ったのは斎藤さん!結果、95手にて先手斎藤さんの勝ち!!
 斎藤さん、終盤で角金を取られる順を手抜いての△15歩の反撃、そして一点手を戻して飛車を追いに行った△73とは見事!!めっちゃくちゃ面白い将棋でした!!この終盤は、もう一度見返してみたいなあ。。
 しかし、角換わりの歩の連続突き捨ては、いつみてもムズカシイです。攻める方も成立しているかどうかを読み切ってからじゃないとアホみたいになっちゃうし、受ける方も応接を間違えると一気に悪くなっちゃいますしね。いや~、最近は横歩7割、矢倉3割ぐらいでプロ将棋を見ていた気がするので、角換わりが見れたのは良かったです。なんといっても、羽生さんと糸谷さんのタイトル戦も近いですしね(^^)。


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR