第66回NHK杯 先崎学 vs 藤倉勇樹

 先崎さん、圧勝!!最初の30分ほどを見逃してしまったのですが、11時にテレビをつけた時には、既に先手先崎さんの模様良しでした。これは矢倉か角換わりだったのかな?以後、後手の藤倉さんは紛れを求める余地すらなし、1時間近く攻められまくって敗れてしまいました。でも、藤倉さんの最後の受けは勉強になりました。30秒の早指しでああいう手がパパッと思いつくのは、読みだけでなく経験も大きいのかも、と思いました。あと、藤倉さん、二枚目でした( ̄ー ̄)。
 最近の先崎さんの将棋、すごく面白いです。後手横歩取らせで△23歩を連続で指したり、最新の定跡形を研究するというよりも、皆が研究していない序盤戦型で鉱脈を探している感じ。今のプロ将棋だと横歩△23歩型みたいな形は全然見かけないんですが、アマだと角換わり棒銀も横歩△23歩も△45角も相横歩取りも何でも飛んでくるので、見慣れない戦型でのプロの戦い方を見るのって、すごく勉強になるし、何より見ていて楽しいです。しかも、無理筋と言われたこれらの戦型をプロ同士の対局で指して、先崎さん勝ったりしてるし(^^)。無理筋といわれる戦型でも、プロがすべて研究し尽くせているわけではないんですね。さあ、リフレッシュしたところで、仕事がんばろう!!


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド