がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第29期竜王戦1組 5位決定トーナメント 羽生善治 vs 橋本崇載 (横歩取り)

 羽生さんが7大タイトル全てで永世位を獲得するための最後の関門が竜王です。しかし、あと1回が遠い。。今期なんて、5位決定トーナメントに回って、竜王挑戦どころか1組残留ですら危うい状態。そして、このトーナメント最初の相手が橋本さん。橋本さんはポロっと取りこぼしたりもするんだけど、大物も平然と倒したりするので、楽な相手などではありません。実際、羽生さんを何度も倒してるし。

20160324竜王29-1組_羽生vs橋本30手 将棋は羽生さん先手の横歩取り。序盤はまあまあよく見る展開で30手目盤面図。端の位の取り方が普通と逆の気もするんですが、最近はプロ将棋はタイトル戦ですら観戦ままならない状態なので、今はこういうのも普通にあったりするのかな?そして、ここからがアマの僕にはメッチャ勉強になりました!

▲36歩△62玉▲37桂
 先手から見れば▲36歩~▲37桂は王道の攻め筋でしょうか。玉形などでも違いますが、僕も横歩では銀より桂を繰り出したくなります(^^)。それにしても橋本さん、先に玉を美濃に寄せるんですね。

△88角成▲同銀△33桂▲77銀
 ここで後手橋本さんは角交換から△33桂の形にシフト!△33桂から△25歩で飛車が封じ込められることが多い僕にとって、プロがどう指すのかよく見ておきたいな…

△44角
 橋本さん、歩ではなく角を打ち込んだああ!!あああなるほど、これは1筋からの端攻めを絡めていこうという事かな?となると、飛車の引き場所が結構重要かも。普通なら△17角成に飛車を当てる事が出来る27に引きそうですが、それだと△26歩で一手損するのか。う~ん…

▲29飛
 羽生さんの飛車の引き場所は29でした。28に引くと今度は△17歩成や香成や角成が飛車に当たるからかな?

20160324竜王29-1組_羽生vs橋本40手△35歩(40手目盤面図)
 そして橋本さんは桂頭攻め。いや~、これは橋本さんの攻撃が入っちゃったかも…。▲同歩も手抜きも次に△36歩が来ます。ここは手抜いて反撃筋を作りたいですが…

▲56角
 羽生さん、角を打ち返した!いや~、横歩の中盤って、矢倉や角換わりの中盤と違って玉が薄いから、終盤っぽいんですよね。中盤にしてもう既に駒の損得よりも寄せが形勢に大きく関わってくるというか。。
 これ、ハッシーが手抜いて△36歩を決めるとどうなるんでしょうね。△36歩▲23角成△同金▲同飛成△37歩成▲同銀…いや~頓死のケアをしなくちゃいけないので簡単じゃないですが、さすがに龍を作った先手の方が良いかな?

△24歩▲35歩
 というわけで、橋本さんは飛車道を止めました。これで後手は歩切れ。一歩千金なんて言いますが、この歩切れは桂頭攻めが切れるのでつらい謝りだったんじゃないかと。ここで羽生さんは悠々と35の歩を外して

△54歩
 ここで橋本さんはペースチェンジ。角頭を狙いつつ、角の引き場所を作りました。なんか、攻めと受けの中間をとったような手。ただ、攻めの△55歩を指すにはもう一手かかります。たしかにここで後手にプラスになる手が私には分かりません(゚∀゚*)エヘヘ。こういう時って難しいですね。右辺が先手の方が模様が良さそうになったので、ここは暴れに行くべきなのかも知れませんが、逆に簡単に暴れに行くようでは弱い証拠な気もするし。2~3筋はこう着状態で放っておければ後手にとっていう事なしなんでしょうけど、先手からの角切りとか▲34歩が見えているので、手番を握った今は攻めから考えるのが筋かも。しかし、この△54歩は間に合うんでしょうか。△35角で角のラインを先手玉に入れることが出来るので、それを有効に生かした攻め手を考えた手…がやっぱり本筋なんでしょうね。でも、同じ角頭狙いでも△54飛と△35角をうまく入れる順さえあれば、その方が速いんでしょうけど…いや~この陣形で飛車を切る順は寄せまで見えてないと無理か(^^;)。。しかも、とても寄りそうにないし。やっぱり、相手にはいい手がいっぱいあって、自分にはプラスになる手が見えにくい時って、指し手が難しいです。。

▲23角成△同金▲32銀
 羽生さん、いきなり切り込んだあああ!!!いや~、先手が僕みたいなアマなら△55歩が間に合っちゃいそうですが、プロ相手だとその一手を赦してくれません。的になるはずの角を切られて、しかもこの銀打ちは痛烈。これはもう受からないんじゃないでしょうか。

 以下はアマの僕が見てももう大差。意外だったのは、寄せに入ってからの終盤で、羽生さんが結構慎重に指し回したところでした。これは名人戦と何か関係があるのかな?天彦さんが間違えの少ない棋士という事なので、慎重に読む練習をしてるとか。

 いや~、プロの横歩はどれを見てもすごく勉強になります。角換わりや矢倉は、僕はかなり定跡を重要視してますが、横歩に関しては、いつの間にか自然と部分的な手筋の組み合わせに頼るようになってきました。というか、中盤で手が広すぎて、定跡を覚えるというやり方では間に合わなくなっちゃってるという事なんでしょうけど(^^;)。そんなわけで、これも素晴らしい将棋でした。1組5位決定戦って、5位決定戦の割にメンバーが強烈すぎます。生き残っている棋士だけ見ても、羽生さん、佐藤康光さん、阿久津さん、糸谷さん、豊島さん。竜王戦の挑戦者決定トーナメントって、プロ将棋の中で一番面白いと思うんですが、竜王への道は遠い…。


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR