がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第74期順位戦 A級 7回戦

 このブログを始めて以来、最大のピンチです。仕事が大変で全然将棋が観れない!詰め将棋だけは続けていますが、深夜に家に辿りついたときには、もう定跡勉強を進める体力なんて残ってないっす。。フリーランスの仕事は、暇な時は趣味があると最高ですが、忙しい時は趣味なんてとうてい無理だと思い知らされました(>.<)。がんばりすぎて倒れないように気をつけよう。。

 そんなわけで、昨日はA級7回戦の最後の対局がありました。昨日の対局だけでなく、A級7回戦をざっと追っかけてみようかな。

20160118順位74A_佐藤天vs郷田58手佐藤天彦 ○-● 郷田真隆
 これは1/18の対局。とにもかくにも、唯一の一敗棋士である天彦さんが負けない事には、名人戦挑戦レースはもつれる事がないので、天彦さんの勝敗は重要。しかし、天彦さん強いです!これは正調角換わりの相腰掛け銀戦でしたが、今は「角換わりの端歩は位を主張させない方が良い」という考えは破綻したみたいで、特に後手が9筋の端歩を突き返さなくなる将棋が増えました。ビックリしたのは後手の郷田さんで、なんと後手から1筋の位を取りました!いや~、これだと結局同形になっちゃうんじゃないかとか、いやいや先手がまだ9筋の位を取ってないからそれは先手次第かとか、僕の中ではぜんぜん分からず(^^;)。最終的には郷田さんが手待ち、天彦さんが飛車を6筋に振って打開を狙い、このタイミングで逆に郷田さんが中央から仕掛け(58手目盤面図)。ところがこの中央の戦場を天彦さんが制してしまって勝負あり。いやあ、これは強い。。これで天彦さんが1敗をキープしたので、残るは2敗棋士の生き残りレースの展開…かな?

20160121順位74A_深浦vs渡辺27手深浦康市 ●-○ 渡辺明
 そして、2敗で天彦さんを追う渡辺さんの対局は、昨日でした。渡辺さん、ここでなんと後手中飛車!!いや~、これは意表を突くというか、一時期取り組んでいた後手番での振り飛車を、大事な対局で投入、そして完勝です!!オールラウンダーは相手にこちらの戦型を絞らせないというだけでも価値があると思いますし、研究しなくちゃいけない範囲が一気に広がるので尊敬しちゃうんですが、それどころかそれでA級戦で勝っちゃうんだからすごいです。しかし、破れた先手深浦さんの対中飛車対策も面白かった!角を97にあげた(27手目盤面図)のですが、最近中飛車に対するこの角覗きをよく見かけます。この前の女流名人戦での清水さんもこんな感じだったような。深浦さん、しかしここで構想をまとめきれず、角を反復運動させたりして、その間に渡辺さんにやられてしまいました。これは新しめの対策で指し馴れていなかった…みたいな感じなのかな?でも、なんかすごく可能性を感じる駒組みだったので、勉強になりました(^^)。

行方尚史 ○-● 森内俊之
 同じく2敗で追う行方さんの対戦、1/8の対局です。これは印象的な対局だったので記事に書いたので覚えてます、相矢倉で、5手目に▲77銀から先手早囲い模様の将棋になったやつです。矢倉は5手目にまで遡って序盤の再考が求められてるんですね、オソロシイけど、今見ていて一番面白い戦型と感じます(^^)。で、結果は行方さんが勝利!2敗棋士、負けません。

屋敷伸之 ●-○ 佐藤康光
 1/14、2敗対決となった名人挑戦生き残り戦でした!これも記事に書いたので覚えてます、やっぱり記事に書いておくと覚えが違うなあ、アップするペースが落ちても、やっぱりブログは続けるべきかも。これも相矢倉戦だったんですが、どちらかというと序盤再考というよりは、屋敷さんの2枚銀研究シリーズの一環の棋譜だったのかも(^^)。しかし今期好調の康光さんに少し強引気味の攻め将棋は通じず、見事に跳ね返されて屋敷さん破れました。これで康光さんが2敗キープ、屋敷さんは一歩後退です。

久保利明 ○-● 広瀬章人
 これは逆に1勝同士の対決、残留争いの直接対決なので、本人たちにとってはムチャクチャ大事な対局。結果は、久保さんの勝ち!!将棋自体はめっちゃくちゃ面白くて、久保さんの先手中飛車→広瀬さん3間に振る→久保さん飛車浮き!!いや~、たまに見る形ですが、居飛車党の僕は相振り飛車はサッパリなので、広瀬さんが3間に行った時点で序盤を覚えるように見るのはやめてしまった(^^)。。それでもめっちゃくちゃ面白かったです。囲い切った上に、大駒の働きも良さそうで先に相手陣に手をつけた広瀬さんの方が良いのかな…と思ってたんですが、さすが振り飛車党の現在のトップ棋士の久保さんは凄かった。角を切らされた時は「ああ、もう勝負あったな」と思ったんですが、どこで逆転したかが全く分からぬうちに、いつの間にやら久保さんの玉が固まり、広瀬玉が薄くされてました(^^;)。これで久保さんは2勝目、広瀬さんは三浦さんみたいにA級に長期滞在するんじゃないかと思ってたんですが、これはヤバいか。

 これで1敗は天彦さんひとり、2敗は行方さん、渡辺さん、康光さんです。残り2戦しかないので、名人挑戦はこの4名に絞られたんじゃないかと。天彦さんとしてはプレーオフにならないよう残り全勝で行きたいところですが、次は久保さんとの対抗形、最後は順位1位の行方さんとの直接対決、楽じゃないです。だれが挑戦だと一番面白いのかな…羽生vs渡辺の名人戦は、1度は実現してほしいビッグカード、行方さんだと昨年のリベンジ(プロ野球やNFLだと、2年連続同一カードは戦術戦になる事が多いので大好き)、康光さんは年齢的にラストチャンスかもしれないので挑戦してほしい…天彦さんはいずれ名人になる気がするので、渡辺さんか康光さんに挑戦してほしいかな?でも、どのカードも面白そうです(^^)。




関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR