第65期王将リーグプレーオフ 久保利明 vs 羽生善治 (先手中飛車)

 森内さんと渡辺さんという超難敵を撃破し、プレーオフに漕ぎつけた羽生4冠。今日の久保戦で、郷田王将への挑戦者が決まります。今期王将リーグは名勝負連発ですが、この将棋、戦慄でした。すげえ。いや~、言うまい言うまいと思ってたんですが、竜王戦より王将リーグの方が面白い(^^;)。。

20151204王将65PO_久保vs羽生_先手中飛車36手 先手は久保さん。藤井システム来い!…と思ったんですが、初手▲56歩からの中飛車(^^;)。面白かったのは駒組みで、先手中飛車穴熊に対し、後手羽生さんは対抗形の銀冠!いや~、羽生さんって、中飛車相手には穴熊を指さずに急戦的な戦い方をすることが多いですが(後手ゴキ中に対しても超速37銀が多い気がします)、今日は銀冠からどうするのか。盤面図は先手振り飛車穴熊が1筋の位を取り、既に5筋で開戦した所。後手居飛車はようやく銀冠が完成した所ですが…

▲54歩△同銀▲48金左
 先手は5筋の飛車先の歩を交換してから陣形を整備。ここで後手は…

△14歩▲同歩△同銀
 おおお、早くも1筋から反発だあああ(・ω・ )ノ!!!
いや~、穴熊を姿焼きにしてしまおうというのか。。なるほど銀冠にした以上は先着しないと勝負になりませんが、しかし冠を崩して1筋から行くのか…こんなの真似できません(^^;)。。

▲55銀△同銀▲同飛△54銀▲58飛
 久保さんは中央の戦場で仕掛けますが、ここで手番は後手羽生さんに。

△86歩▲同歩
 飛車先の歩を切っておいて…

△16歩
 徹底して端攻めだああああ!!!
もし端が破れるとすると、穴熊はむしろ手数はかかるわ守りの金銀がむしろ玉の退路を阻むわで良いことなしですからね。決まったら恐怖ですが、飛車が回れているわけでも桂香を拾えているわけでもないので、駒が足りていないよう見えるのですが…

▲45歩△同銀▲42歩△同角▲52銀
 このあたりはさすがトッププロ同士の戦い!互いに手数を計算しながら攻めと手抜きを選択していると思うのですが、その基準は先手玉へのアプローチのスピード。受け続けたら一方的に殴られる可能性があるので、久保さんは中央から反発。しかもその迫り方が実に見事。▲42歩は手筋ですが、しかしこの自玉のスピードの兼ね合いの局面ではちょっと指せないなあ…。これを指せる裏付けがちゃん計算できているところが凄いです。というところで、手番がまた後手に回り…

20151204王将65PO_久保vs羽生_先手中飛車56手△25銀(56手目盤面図)
 うああマジか、羽生さん、中央を受けずに銀冠の銀を攻めに使ったあああ〔 ゚д゚〕!!いや~、いくらなんでもこれは真似できないわ。これ、間に合うかどうかの問題もあるし、仮に間に合ったとしても、その後に寄せられる見込みは?5筋には先手の飛車が威張ってるぞ…

▲43銀成△同金▲55金△57歩▲同飛△56歩▲47飛
 先手の中央突破は連打の歩で防ぐも、銀冠で一番イヤな角のラインが玉に入っている展開ですが…

△33角▲45金
 角で防ぐも、先手の波状攻撃!!かと思いきや…

△17銀
 うああああ、羽生さん、タダの金取りを手抜いて寄せに行ったあああ!!!攻めの速度はもちろんですが、この金を取っておかないと後手陣は崩壊だと思うんですが…う~ん、駒が当たってからずっと続いているこの殴り合い、凄まじいです。。

▲44金△18銀成▲同玉△17香
 それを手抜いて更に攻めた久保さんの金の攻めを、さらに手抜いて上部から襲い掛かる羽生さん。そして玉の頭にビシッと香打ち.!鬼のような猛襲ですが、これもう後手が良くないかい?この香、桂でとっても銀でとっても香車が飛んできて、アタマを銀で抑えられて地獄だと思うんですが…。

 というわけで、以下久保さんが40手を超す驚異の粘りを見せたのですが、ほとんど防戦一方。羽生さんがとんでもない襲い掛かり方を見せる攻めダルマと化し、114手にて後手羽生さんの勝ち!郷田王将への挑戦権を勝ち取りました!


 とんでもないのは振り飛車穴熊を銀冠からの端攻めで先制してあっという間に料理してしまったところ。まさに光速、中盤かと思っていたらいきなり終盤…どころではなく、駒組みが終わった瞬間から、後手はいきなり寄せに入ってます。中央の折衝は全部いなしちゃうし。構想が異常、手数計算は完璧、寄せに至っては神業、20手超の詰め将棋で一枚も余さずにタコ殴り。。あまりに凄すぎて、ぜんぜん自分の将棋上達の参考になりません(^^;)。。

 一方的な将棋になりましたが、久保さんにどこか悪い所があったでしょうか?しいて言えば、穴熊なのに1筋を伸ばしてしまったところ?しかし、それだけでここまで完璧に咎められてしまうのか、プロ将棋って怖い。。この将棋、名局というのとは少し違うのかもしれませんが、凄さでいえば今年一番かも。穴熊瞬殺という、とんでもない将棋でした。ちょっといまもゾクゾク来てます。すげえ。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド