がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第65期王将戦 挑戦者決定リーグ 森内俊之 vs 羽生善治 (矢倉)

 やっぱり王将リーグがめっちゃくちゃ面白いです(^^)。久保さんが1敗でフィニッシュしたため、既に2敗以上した人は脱落なので、久保さんに追いつけるとしたら羽生さんのみ。しかし羽生さんは、よりによって森内さんと渡辺さんという超強豪に連勝しないといけません。でもって、今日は▲森内-△羽生戦。これがすごい!!いや~、やっぱりプロ将棋はこうあってほしい、序中盤の森内さんの構想と、中終盤の羽生さんが凄すぎ。僕は森内さんの方が良いと思って観ていたのですが、一体どこでひっくり返ったんだ?ちょっと異次元でした。

20151120王将65リーグ_森内vs羽生77手 この将棋、序中盤は僕には高度すぎ。特に、森内さんの構想が凄かったです。課題の定跡勉強のために続けているこのブログでは、間違っていても笑われてもいいから、自分なりの見解をまとめておこうと書き綴っているんですが、駒組み自体も両者あまりに独創的、ちょっと自分の定跡勉強の範囲を超えてます(*゚∀゚*)。とても書けません。それは終盤もそうだったのですが、最後の羽生さんの寄せがこれまた強烈だったので、その感動だけでも残しておこう、そうしよう。えっと、77手目盤面図から…

△67銀▲88玉
 取れば次に王手飛車なので玉を躱す一手ですが、その後に後手がどう攻撃を繋ぐか。

△38角▲26飛△47角成▲68金△66歩
 いやあ、この角打ちも絶品。飛車が横に逃げれば自玉が少し安全になり、縦に逃げれば本譜の通り金取り。また、銀取りがかかった後の△66歩、これも素晴らしすぎる。いやあ、勉強になるなあ。。

▲51角成△86歩▲同歩△68銀成▲同銀△69馬▲78金
 先手森内さんは、ここで受け切りは不可能と見て攻め合いに行きますが、羽生さんこれを相手にしません。それにしても、△86歩から入るって、すごくないですか?普通は△56馬から数の攻めを考えそう。で、この順を見ると…いやあ、やっぱりすごいわ。。

△67金
 まで、後手羽生さんの勝ちです。いやあ、ここで投了した森内さんもすごいな、僕にはまだ粘れそうに見えるよ(^^;)実はここからの寄せがまだ見えてません。寄るには寄るんでしょうが、しかし後手玉が先に寄りそうな気もしたりして。。

 考えてみれば、角が成り込まれたら後手陣は一手一手なので、本譜のような受けずに攻め合いに踏み込むには速度計算が必要。そうしないなら73に合駒しておく手もあったと思うので、△67銀での時点で、羽生さんは既に読み切っていたんじゃないかと。そして以下はこの順です。飛車の逃げ場所や金の逃げ場所なんかもけっこう選択肢があって、読まなければいけないところはかなり多いと思うんですが、全部読み切っていたわけですよね。あそこで投了した森内さんといい、どちらも尋常じゃないわ。。

 表でやっていた竜王戦が夕方になる前に終わってしまったので残念に思っていたんですが、あれがはやく終わってくれなければ、この凄すぎる将棋は見れませんでした。タイトル戦じゃないので、今日見なかったら一生みなかったと思うと、むしろはやく終わってくれた竜王戦に感謝です(^^)。さて、これで羽生さんは最後の渡辺さんに勝つとプレーオフ進出、マジで5冠の可能性が出てきました。こうなると…糸谷さん、もうちょっと頑張って、竜王戦で渡辺さんの研究手を引き出しておいてくれ~!!


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR