がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

前に一手損角換わりを見たのは

 いや~、昨日の王座戦での一手損角換わり戦は面白かった!!結果こそ羽生さんの勝ちでしたが、相腰かけ銀にならなければ、一手損はやっぱり後手に苦労の多い将棋なんじゃないかなあ。別の見方でいうと、正調角換わり相腰かけ銀の研究合戦よりも、腰掛け銀か早繰り銀か棒銀かという、そういう序盤からの駆け引きからの手将棋になる事が多い気がして、見ている分には楽しかったという側面もありました(^^)。。

 ところで、一手損角換わりを久しぶりに見た気がします。僕は観戦したプロ将棋の棋譜は取っておくことにしているのですが、僕が前回見たのはいつなんだろうか。棋譜で振り返ってみますと…

2015.10.06 王座戦第4局 佐藤天 vs 羽生 ←NEW
2014.10.31 竜王戦第2局 森内 vs 糸谷
2014.09.02 竜王戦挑戦者決定戦第2局 羽生 vs 糸谷
2014.05.12 王位戦挑戦者決定リーグ 及川 vs 佐藤康
2013.11.07 順位戦A級 屋敷 vs 羽生
2013.10.08 王座戦第4局指直局 中村 vs 羽生
2013.09.04 王座戦第1局 羽生 vs 中村
2012.11.21 竜王戦第4局 渡辺 vs 丸山
2012.11.09 竜王戦第2局 渡辺 vs 丸山
2012.09.11 竜王戦好戦者決定戦第3局 山崎 vs 丸山

 いや~、直近ですら1年前か。リストより前の棋譜も結構あるんですが、だいたい2012年竜王戦より以前の棋譜になると一手損角換わりの将棋はけっこうたくさん出てきて、山崎さんや丸山さんや糸谷さんといったスペシャリスト以外の棋士さんも、一手損をガシガシ指しています。あと、佐藤康光さんが一時期多用していたダイレクト向かい飛車が、あくまで4手目角交換からの派生として指し始めたんじゃないかというのも分かってきて楽しい(^^)。僕がリアルタイムで見ているのは2013年以降で(つまり、渡辺-丸山の竜王戦はリアルタイムでは見ていない)、最近の一手損は丸山さんや糸谷さんなどのスペシャリスト専用みたいな状況で、たまに羽生さんをはじめとした居飛車オールラウンダーが相手の研究筋を外す程度に使う感じの戦型になったんでしょうね。
1280x720-yRO.jpg
 直近の▲森内‐△糸谷の竜王戦の将棋は良く覚えていて、後手糸谷さんが居玉のまま右に寄るか左によるかの態度を保留、その間に森内さんが棒銀で攻めるという手将棋。森内さんが中盤で攻め急いで自滅、さらに糸谷さんに難解な局面を作られ、天然の番外戦術に時間攻めやらあれこれ喰らって、アマの僕ですら疑問に感じる手を指してしまい、「あ、この竜王戦は森内さん失冠するな」と感じさせられた将棋でした。
 その前の竜王戦挑戦者決定戦での▲羽生-△糸谷の将棋も良く覚えていて、これは先手棒銀の左ルートに対して糸谷流の後手右玉。この将棋とその類似局だった昔の▲羽生-△佐藤康の何かのタイトル戦が(大昔の棋聖戦?なんか、youtubeか何かで見た記憶が^^;)、一手損右玉破りの僕の構想のひとつになっていたりします(^^)。この局は序盤構想だけでなく、羽生さんの寄せの組み立てがとんでもない切れ味で、糸谷さんがまとめる暇を与えてもらえずに天を仰いでいたのが印象に残っています。ああ、この後の最終局で羽生さんがうっかりさえしなければ、いまごろ龍王位は…いやいや、それも含めての将棋、人間ドラマですね(^^)。

 今期、僕は糸谷さんの将棋をあまり見れていないもので、今も糸谷さんが一手損を積極的に指すのかどうかは分かりません。そういえば、なんで糸谷さんの将棋を見かけないんだろうか…タイトル戦とA級順位戦しか見てないからかな?次の竜王戦、僕は一手損の経験が足りな過ぎるので、一手損角換わりの争いになってくれると嬉しいなあ。


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR