がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第5期女流王座戦本戦トーナメント 本田小百合 vs 里見香奈 (角換わり相腰掛け銀)

 今日は免許の更新で仕事休み。時間が余ったのでなにか将棋やってないかなと思って検索してみると、女流の対戦がありました!女流はわけあってあまり見なくなったのですが、里見さんは別。彼女だけはスゴイ。。

 対戦相手の本田さんという女流棋士をよく知らないのですが、居飛車本格派との事。で、将棋は本田女優の先手で角換わり相腰掛け銀に。それにしても本田さんの玉形がスゴイ。左美濃気味で、しかも11~99の斜めのラインががら空き。これはかなり恐ろしいというか、このラインにどちらが角を活用する事になるかで勝敗が分かれそうだなあ。

20150728女流王座TN_本田vs里見_角換38手 で、このラインを放置したまま、本田さんはいきなり▲45歩からの同形腰掛け銀王道の仕掛け!うわあ、ガッチリ囲う前にいきなり仕掛けたよ、おっかねえええ。。そこから3筋2筋と歩の連続突き捨てで38手目盤面図になりました。ここで本田さん…

▲24同飛△23歩▲28飛
 いや~、危険な玉形を顧みずに仕掛けたというのに、単なる飛車先の歩の交換だけで終わらせました。僕が大変疑問に思ったのは、この2筋の仕掛けの5手ほどを、本田さんがノータイムで指しつづけた事。これ、お金をもらって将棋を指す人間の態度として、どうなんでしょうか。

 例えば、▲24同飛に代えて▲77角なら?角のラインを敢えて開けつづけた以上、▲77角は常に狙い続ける手なのでどう考えたってひと目ですが、右四間飛車と似たような狙い筋が出来ます。これに対して後手は浮いた銀を守る△43金右と受けて普通、以下▲45銀△同銀右▲同桂。この桂を抜きに行くと▲11角成で後手陣は破れなので取れず。ここで後手は反撃を考える事になるんですが、例えば飛車をいじめに行く角の打ち込み(例えば△37角)なら、ここで▲24飛と走って△23歩の守りに対しては▲34飛と飛車を捨てて突破を目指せば後手は破れ、馬を作って先手良しなのでは?また、考えてみれば角のラインを決めてからの▲34飛の構想が通るのであれば、本譜▲24同飛△23歩に対して、引かずに▲34飛△43金右▲77角△34金▲同歩の手順でも同様にして破れるのでは?場合によっては、この方が後手に反撃の機会を与えずに潰せるので、読み抜けさえなければ、こちらの方がいいかも。
 まあ、これは深く読んだわけではなく、後手からの反撃筋はもう少し精査してみると何かあるのかも知れませんし、さらに遡って銀を守る手を△43金右ではなくて△22角とするとどうなるか…とか、考えなくてはいけない点は色々ありますが、これらを読み進めるだけでもノータイム指しなんてありえない。まして▲24歩△同歩▲同飛△23歩▲28飛なんて、ノータイム指しするような手じゃない。こんな、僕みたいなアマチュアですら疑問に感じる手を指しているようでは里見さんに勝てるはずもなく、80手の短手数で後手里見さんの圧勝。負けた本田さんは1時間以上を残しての敗戦。

 この将棋は持ち時間3時間、女流棋士にとってはタイトル挑戦の掛かった重要棋戦です。そんな大一番で、ろくに考えもしないで仕掛けでノータム指しをして、1時間以上残して負けるというのはどうなんでしょうか。仕掛けの瞬間なんて、将棋で一番重要な部分なんだから、ノータイムで指して何でもないなんて事やるなよ…。。あああ、だから女流将棋は見たくなかったんだよなあ。男性プロ棋士や奨励会員より劣るのは仕方がない、全力でやって負けるのも仕方がない、誰だって上手下手はあるんだから。しかし、金貰って将棋を指している人間が、こんなイージーな取り組み方で将棋を指すのは止めてほしいです。本選ぐらい、自分の脳味噌がパンクするんじゃないかというぐらい考えまくって、最善手や最善の構想を探しまくって、死ぬ気で指したらどうかと思います。里見さん相手の大一番で、何も考えていないような手を指しているようでは…。本田さんは、お金をもらって仕事をしている人間として、ものすごい恥ずかしい事をしたという事を自覚してほしいです。これは、女流将棋全体に対して言える事かも。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR