がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第63期王座戦 挑戦者決定戦 豊島将之 vs 佐藤天彦 (△三間飛車)

 王位戦の第2局もやっているし、王座戦の挑戦者決定戦もやっています。しかしそれより大変なのは、これから仕事に出かけなければならない事(*゚∀゚*)。どうしよう。。苦悩の末、王位戦は2日制なので明日見る事にして、王座戦の挑戦者決定の駒組みだけ見てから出かける事にしました(えらく普通の対応だな)。
 王座戦の挑戦者決定は▲豊島さんと△佐藤天彦さんの対決。あれ?棋聖戦の挑戦者決定もこの組み合わせじゃなかったっけ?たしか、矢倉模様からのグッチャグチャの力戦になったような。そして今日は、▲76歩△34歩に豊島さん▲66歩!!豊島さん、天彦さんの恐怖の後手番横歩取らせを回避しました!!対する天彦さんは…△32飛!うおお、天彦さん、後手三間飛車だあああ!!いや~、序盤からものすごい駆け引き、天彦さんの△32飛の着手がえらいはやかったので、天彦さんは豊島さんが横歩を避けてくるのを読んでいて、後手三間飛車を用意していたという事でしょうか。それとも、3手目▲66歩に対しては三間飛車を常套手段にしている?いずれにしても、序盤からすごい駆け引きになったぞ。。さて、今日の大一番はどちらが取るか…というところで、仕事に行ってきます!!

◆◆◆◆◆◆
 ああ、もう翌日の夜か、ヘロヘロです( ̄_ ̄)。。疲れ切っていてちゃんと研究出来てませんが、何となく見た感じでは、序盤に後手が馬を作った時点で後手十分だったんじゃないかなあ。で、どういう経緯でそうなったかというと…

20150721王座63挑決_豊島vs佐藤_後手三間10手 盤面図は10手目、いくらでも前例のありそうな局面な気がしますが、実際はどうなんでしょうか?しかしこれ、先手は左美濃~銀冠としている暇がないような…

▲65歩△72銀
ええ~、先手は角道を開けちゃうのか?!いや~、玉型の差から考えて、角交換になると振り飛車が得になってしまう気がするのですが、豊島さんの狙いは何なんだろう。

▲48銀△35歩▲56歩△36歩
 いや~、後手の3筋の歩が速い。先手は囲い切れずに、はやくも形を乱されるんじゃ…

▲同歩△同飛▲67銀
 いや~、先手は守りの銀を嫌な場所に上がらされました。はやくも玉形で差がついた気がします。

△64歩▲同歩△88角成▲同玉
 ああ~、後手は速くも角交換!これ、すでに後手指しやすいんじゃ…

△66歩▲同銀
うああ、先手は銀を浮かされた。これは…

△67角
 これで後手は馬を作ること確定。そればかりか、先手陣は大きく形を乱され、後手陣は一糸乱れぬ美濃囲い。まだ26手ですが、これは既に後手十分じゃないでしょうか。以降は、天彦さんが差をじわじわと拡げて危なげなく勝ちました。急戦調の三間飛車の典型的な攻め筋ですが、プロでもこれを食ってしまうんだなあ。

 さて、天彦さんは人生初のタイトル戦出場。おめでとうございます!!しかし天彦さん、どうして急に強くなったんだ?う~ん、最近はA級棋士やタイトル出場棋士を蹴散らしてますが、羽生さん相手に通じるのかどうか。ちょっと、気になります。。


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR