がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第63回NHK杯 北浜 vs 木村一基 (相掛かり)

 将棋講座の後、NHK杯の中継も見ました。昨日がんばって仕事を終わらせたんで、日曜の午前ぐらいはゆっくりしてもいいや、と思いまして。。

 北浜8段vs木村一基8段。相掛かりの将棋でした。これは、子供のころに親父に相手をしてもらって遊んでいたやつです。垂れ歩も何も知らなかった頃です。今日の対戦は、飛車先の歩の交換をした後、腰掛け銀にしてました。親父に相手してもらった頃は、どちらも棒銀一辺倒だったなあ。
 ところで、終盤の攻め合いになった時、北浜さんが寄せに行かずに受けた瞬間がありました。見ながら自分で寄せを考えていたんですが、詰みにできた気がしたので、「あれっ」と思いました。

nhk63_kitahama vs kimura 盤面図です。本局は▲48金と受けたんですが、普通に▲33桂成で寄ったと思ったんですが…

▲33桂成以下
①△24玉▲34圭△14玉▲24金 まで

②△12玉▲22圭 まで

③△14玉▲15香 △同 玉 ▲16銀 △同 玉 ▲17金 △15玉▲16歩 △24玉 ▲34圭 △14玉 ▲15銀 まで。…あれ?、もし▲16銀に△同玉ではなくて△26玉だと捕まらない?ああ、その時には▲27金で、王手飛車で飛車を抜きに行くのか。
(*追記:△26玉には27金でいいんですね。詰んでました。。)

④△同銀 ▲12銀 △24玉 ▲22龍 △同銀… あれっ、やっぱり詰まないか。。あとでもう1度考えてみよう。

 じゃ、もし先手がどこかで手を渡した場合、後手の攻めで手が空くかどうか。

①△58角成▲77玉△59角▲(68間駒)△同角成▲同金△同馬 まで

 …私のぬるい受けだと、空きそうにありません(;ㇸ;)。攻めても寄せきれず。手を渡せば寄せられる。北浜8段のように、▲42金とかいったん受けにいくのが最善なのか。やっぱりプロはすごいです。

 3~4級レベルで、しかも詰将棋がヘタだと、このぐらいの読みで限界です。寄せの③と④なんて、考慮時間を過ぎた後もずっと考えていて、これですから。。(恥ずかしいですが、更に読み抜けもあると思うので、あまりいじめないでください。。)私だったら、もし手を渡したら一気に寄せられるようにしか思えなかったので、やっぱり無理でも寄せにいってたなあ。このあたりの「たぶん」という感じがダメなんでしょうね。なんで「たぶん」になるかというと、正確に読み切れないからなんですよね。読み抜けがない自信がないから、詰めるのではなく、最善手を指すだけで、そこに攻めるべきか守るべきかという選択が入ると、あっぷあっぷ。。プロは「たぶん」じゃなくて、ちゃんと何十手先も読めていて、具体的に手数の計算をした上で判断しているんでしょうね。今日見ていてそう思いました。

 しかし、今回のプロの将棋も、双方の攻守に、自分ではとても思いつかないような手が続出しまして、とても楽しかったです。北浜8段の中盤の怒涛の攻めなんか、よくぞこれだけ手を繋げられるものだと、すっかり感心してしまいました。こんなふうに指せるようになったら、楽しいんだろうなあ。。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR