第65回NHK杯 稲葉陽 vs 佐藤天彦 (横歩△33角)

 NHK杯の直前にやっていたコールさんと山崎さんの1分切れ負け将棋が面白かった(*^_^*)。四間飛車急戦、いや~、2分弱で110手越えの将棋を指せるんだから凄いなあ。

 また、今日の解説の太地さんの最初の挨拶が良かった!「よろしくのねぎゃいしましゅ」みたいな感じ(^^)。。しかし、その後に何事もなかったかのように冷静に振る舞ったのが見事でした。本当はドキドキしてたんだろうな( ̄ー ̄)。

 というわけで、対局は関東中堅強豪vs関西若手強豪の好カード!!戦型は…見る分には最高に楽しい将棋の横歩取りです!!自分で指すにはおっかないんですよねえ、序盤からすぐ定跡を外れちゃうし、そこでちょっと間違えるだけでワンサイドゲームになっちゃうし(^^;)。。
 そして本局、先手稲葉さんが中原囲い▲68玉型にした事で、はやくもグッチャグチャ(^^;)。。後手で青野流を指す時に後手玉をこの位置にあがられる事はあるんですが、先手でも指すのか。なんか、山崎流を勉強した時に何度か見た気がするけど、忘れちゃったなあ。後手の天彦さんはここから一気に襲い掛かるんですが、これがどうやら無理攻め模様で、駒損をし、気づいてみれば大差の状況。序盤中盤終盤と稲葉さんのワンサイドゲーム、フルボッコに見えました。でも、簡単に土俵を割らずに何とか受けたり反撃筋を作ったりした佐藤さんの粘りも凄かったです。

20150614NHK_稲葉vs佐藤95手 終盤、95手目盤面図。後手は挟撃型を作られ、詰みをどれだけ先延ばしできるかというぐらいの絶望的な局面。先手玉は…馬のラインに入っているのがちょっと気持ち悪いですが、しかしこの馬を働く展開にしてる時間は全然ないだろうなあ。もう、後手玉の詰みまであとわずかという感じなんですが、現状は…これだけ危なっかしい形ではありながらも詰めろじゃない。後手は反撃するならここしかない!!

△64歩
 天彦さん、えらくぼんやりした手だ(^^)。僕は一瞬、これは玉の逃げ場を作った手かと思ったんですが…

▲63歩
 相手の手を逆用する厳しい手。先週のNHK杯も歩だけで相手陣をボコボコに崩してましたが、ちゃんと手数計算できていれば、こういう一見遅そうな手が強烈に厳しく見えます(^^)。いや~、A級棋士がここまでワンサイドゲームで負けちゃうのか。

△21歩
 うおお、ここで受けか!!第一感としては悪手の気がする(^^;)。。これは終盤での時間を稼ぐ手ですね、▲11馬としてくれればの話ですが。しかし、手抜かれて攻められたらどうするのか…

▲11馬
 しかしこれは早指し戦、秒読みに追われて稲葉さんは香を取りました。まあでも駒得だし、先手玉が寄るとも思えないので、確実な手に見えます(^^)。

△65銀▲86飛△66桂
 うおお、天彦さん、ここで反撃だあああ!!!
しかしこれ、先手玉の右辺脱出を防いだというだけで、攻めが繋がらない気がする。

▲同飛△同銀
 感想戦で疑問視された飛車切りです。でも、右辺を広くして、手番を握った上に詰めろにもなってない。シロウト的には、後手玉を逃がさないで寄せるための最善と見えたんですが…

▲62歩成△33金▲同馬
 ついに入りました、▲53桂からの詰めろです(T_T)。というわけで、ここは詰めろ逃れの△33金が必然ですが…あら?ここで後手が銀を補充できてしまったぞ…こ、これは…

△56馬(108手目)
 馬を切って香を補充しながらの王手だああ!!!いや~、▲同歩には△67銀打が厳しいぞ…これって実は先手危ないんじゃないかい?
 ▲88玉は△86香で簡単。▲67合は△同銀不成▲87玉△78銀不成で寄り。じゃ、正着は▲69玉か。…ああああ、△79飛で呼び戻されて終わりだああ。。

20150614NHK_稲葉vs佐藤114手▲56同歩△67銀打▲69玉△68香▲同金△49飛(114手目盤面図)

 というわけで、厳しそうと分かりながらも▲同歩で、以下114手目盤面図までは一直線。ここも解説のお二人が迷った局面ですが、ここって、59に安い合駒を打つ受けだと△68銀成▲同玉△48飛成でオシマイ。だから48の地点に利きを作る合駒が必要ですが、▲59金は?…こういう所で金を渡す合駒は直感的にも危険そうだなあ…▲59金△68銀成▲同玉△67金▲79玉△59飛成で金が渡ってオシマイか。

▲59銀
 というわけで、金を渡さず、48に利きを作る移動合い!!
いや~稲葉さん、さすがは関西若手四天王と呼ばれるだけの事はあります、一手30秒の超早指しでこれを選択できるのはスゴい(僕は対局が終わってから10分ぐらい考えてました(*゚∀゚*))。これなら△68銀成は入りません。いや~、ヒヤヒヤしましたが、天彦さんの追い上げもここまで。A級が一回戦で消えたか。天彦さん、今期順位戦は全敗だな…と思ったら…

△59同飛成
 うおおお、飛車を切ったあああ!!!!いや~、これはぜんぜん考えてなかったよ(T_T)。。う~ん、これはどう考えても必至ですね、このあと少し手は続いたんですが先手逃れる術なし、120手にて後手佐藤天彦さんの大逆転勝ちです!!!天彦さん、一瞬でもA級全敗だなんて思ってしまってすみませんでしたm(_ _)m。。

 しかし、という事はですよ…108手目に△56馬が入った時には、やっぱり必至だったんじゃないかい?だから107手目の▲33同馬は▲42金の詰めろになっていながら駄目。つまり攻めるなら王手になっていないとダメですが、王手から入る攻めがないので受けないといけないのか。いや~、あそこで手を戻すのが正着なんて誰だって考えられないよなあ。だとしたら、やっぱりもっと遡って△21歩の瞬間に安全勝ちにいかずに襲い掛からないといけなかったんだろうな。それにしても、フルボッコ状態から最後の10分でプロをひっくり返すんだから、A級棋士はヤバすぎるぞ。。

 2週連続で終盤にいきなり盛り上がる劇的な対局!!早指しに慣れる為に再度見始めたNHK杯ですが、こんなの一手30秒で指せる気がしません(T_T)。大会に出るのは、もう少し早指しに慣れないと無理みたいっす(T_T)。。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブログランキング
ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!
QRコード
QR
これまでの訪問者数
アド