がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

第65回NHK杯 飯塚祐紀 vs 伊藤真吾 (後手角交換四間飛車)

 将棋は後手の角交換四間飛車から変化して向かい飛車。いや~、ものすごい手待ち合戦、特に後手となった伊藤さんの手待ちが凄い(^^;)。。手待ち合戦は相居飛車の角換わりの特権かと思ってたんですが、対抗形の角換わりでも起きるんですね(^^)。

20150607NHK_飯塚vs伊藤真吾70手盤面図は70手目、後手は高美濃に囲ってからはずっと△71金~△61金の反復での手待ち、先手は右金を動かしたり銀冠に組み替えたりしながら、徐々に地下鉄飛車からの9筋端攻めも出来る駒組みへと組み替えていきます。いや~、逆サイドへ飛車を振っての端攻めの狙いは、角換わり△右玉を相手にしたときの僕の主力戦法のひとつだったりするので、飯塚さんが駒を組み替えに行く時に気づきました(^^)。これ、左辺でドンパチ始まっても、先手はうまく逃げると右玉に入り込む事にもなるので、けっこう戦いやすいんですよ。あ、この戦い方は珍しいと思うんですが、『よくわかる角換わり』に書いてあります(^^)。

▲95歩
 おお、飯塚さん、飛車を振るより先に仕掛けたああ!!!70手にも及ぶ手待ち合戦、遂に打開だ!!

△同歩▲同銀△同香▲同香△93歩▲99飛
 なるほど、ギリギリまで右辺を守らせておいてから振るんですね。しかしこれは先手玉も薄くておっかないな…

△86銀
 おお、伊藤さんはここで軽手ですが、感触が良い!飛車道はいつでも止められるし攻めの拠点にはなるし、△95銀▲同飛なんてやったら△94香で飛車まで取れるぞ(そんなのに引っ掛かるプロはいないか^^;)。。

▲98香
 というわけで、それを喰らわないための香打ち、これで香香飛の3段ロケット。しかし、最後が飛車の3段ロケットは炸裂すると強烈なんだけど、飛車先が重くなっているという意味もあるんだよなあ。美濃囲いは右から追い出すと寄せやすいですが、端から追い出すとけっこうばらすのに時間がかかるというか、意外と耐久力があるんですよね。これは先手の攻めは重くなりそうですが、間に合うんだろうか。

△87角▲68玉
 実はこの将棋、序盤の手待ち合戦で伊藤さんが駒組み段階で時間を相当に消費してしまっていて、中盤戦に入ったばかりのこの最初の折衝で既に時間に追われてました。ここで直接手の△87角を打ち込んでしまいました。これ、▲68玉と躱された後はどうするのか、私にはまったく分からず。でも、プロだから凄い順から攻めを繋いじゃうのかと思ってドキドキして楽しみにして見ていたんですが、特に構想は無し(^^;)。。いや~、結論から言えば、これが伊藤さんが形勢を損ねてしまった一手になったかも。でも、早指しって、時間に追われて、自分でも悪い手だと分かっていて、さがせば他に良い手がありそうな気がするのに、指さざるを得なくなっちゃう事があるんですよね。

20150607NHK_飯塚vs伊藤真吾84手 少し進んで84手目、遂に端を破った先手ですが、後手が銀を打ち込んだ為に飛車が走るのは無理、3段ロケットはやっぱり重かった(- -;)。後手からの△75歩が間に合うと先手は一気にやばい感じになりそうなので、▲98成香から悠長に3段ロケットを成立させる手はもうなさそうです。こうなると大局的には受けを見ながら挟撃態勢を作りたいところですが、その前に美濃を崩して後手の守り駒を外しておきたい所。しかし直接手はなさそうなので、手抜きしにくい手で迫りたいところですが…

▲84歩
 おお、まさに条件をすべて満たす手(^^)。さて、△75歩とどっちが速いか、これは計算がかなり難しい。ここはいかにも将棋的な面白い局面で、後手がどうしのぐか、先手がどう崩すか…

△93桂▲同香成△98歩▲29飛△84歩
 おお~、伊藤さん、これは何とか凌いだか?しかし後手はここで反撃したいのに、攻めの△75歩~△74まで2手掛かるのが痛い…

▲83歩
 というわけで2手稼げるので飯塚さんは受けずに攻め!伊藤さん、いかに美濃の遠さを活かした逃げとはいえ、歩だけで崩されるとこれは痛い。。

 というわけで、この▲83歩で大勢は決していたかも。この後、飯塚さんが綺麗に挟撃形を作って、あせらずに寄せ切り、129手にて飯塚さんの勝ち!!

 今日は最初の1時間が手待ちでしたが(^^;)、しかし駒組みの段階でのし烈な優劣争いというの、僕は結構好きです。森内さんとか、あの羽生さん相手に、駒が当たる瞬間には既に森内さんがちょっと良いんじゃないかという体制を作ってしまいますよね。今日は、飯塚さんが打開に行った意欲も構想も素晴らしかった!駒が当たってからはもう飯塚さんの一方的な将棋になってしまた感じ。伊藤さんとしては、玉の薄さは先手の方がまずかったので、端の攻防戦のどこかで、美濃の端攻めの遠さを活かして、反撃筋がなかったかどうかという所なんでしょうが、手待ちした以上は受け潰すという構想も仕方がなかったところ、という感じかなあ。いずれにしても、面白かった!!


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR