がんばって将棋初段を目指すページ!

Entries

矢倉崩し 横から編

 ダメです。4級に落ちました。13連勝のあと4連敗です。今度は、一手差の攻め合いで、攻め急いで結局寄せきれず。今回は、寄せが下手というよりは、寄せと受けの手数計算が甘かったです。普通に受けていれば良かった箇所を、あせって攻めてしまいました。実力が伴わない今の段階では、指し続けたところで勝てない気がしてきました。ここはひとつ対局を控え、勉強に勤しもうと思います。。

 矢倉崩しの上から編、書いた時には分かったつもりでいたんですが、何回も頭の中でおさらいしていると「あれ?ここはこうされたらどうするんだ?」とか「あれ?どうするんだっけ」とか、色々出てきました。やっぱり、ちゃんと覚えることが大事ですね。

 そして、覚えるときはまとめてグループ化して覚えないと効率が悪いと思うので、矢倉崩しをもう少し勉強することにしました。今回は、横から編。

yagura_yoko1.gif矢倉の横からの寄せ1 一段飛車からの寄せ

ここから▲41銀。

①△42金寄は、▲32銀打、△同金は▲同銀成△同玉▲31金で詰み。

②△31金は? やっぱり▲32銀打ちで良いのかなあ。

ざっくりいうと、32の金を何とか払って、その金を1段目に打ち込んで寄せるというイメージなんでしょうか。




yagura_yoko2.gif矢倉の横からの寄せ2 二段飛車からの寄せ1

ここからやっぱり▲41銀。以下…

△42金寄▲52銀打△53金寄▲51銀不成。

ああ、最後の▲51銀不成はいい手ですね。1分将棋になったら、自分では気づかない気がする。

2段飛車の場合、飛車が利いているので32の金が上下に躱せない、というところも覚えておこうと思います。





yagura_yoko3.gif矢倉の横からの寄せ3 二段飛車からの寄せ2

今度は、持ち駒が銀と歩1枚の場合です。
ここからは▲52銀。以下…

①△42金引▲43歩

②△53金▲54歩△同金▲43銀不成






 う~ん、なるほど。矢倉は32の金が弱点なんでしょうか。玉が移動させられると32の金のひもが外れちゃう。32の金がいなくなると、32に駒を打ち込めるし、23の地点の利きが玉しかなくなる。手筋を覚えると同時に、囲いの構造的急所を考えると良い気がしてきました。。




関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

ShougiX

Author:ShougiX
駒の動かし方を知っていた程度の初心者です。せいぜい1日1時間ぐらいしか将棋に時間を割けない社会人が、ガンバって1年で初段になる事が目標です!
(*追記)10ヶ月ちょいで初段到達!!ただいま、居飛車側から各戦型に対応できるよう奮闘中(汗)。。

新刊棋書

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

これまでの訪問者数

アド

ブログランキング

ブログのランキングサイトに参加してみました。 よかったら、クリックしてくださいね!

QRコード

QR